【白髪トリートメント】口コミで人気のヘアカラー

市販では売っていない人気の白髪トリートメント。口コミで評価の高いヘアカラーとは?

【白髪トリートメント】口コミで人気のヘアカラー

白髪トリートメントヘアカラーにおすすめの3つのポイント

 

 

白髪トリートメントランキング

4位:マイナチュレ

5位:ビゲン

利尻ヘアカラートリートメントが売れ筋ランキング1位の理由

白髪トリートメント2017におすすめなのは?

白髪染めトリートメント2017年のおすすめなものは、市販されていないでドラッグストアにもないようなものです。

1回で染まることは残念ながらなのですが、ツンとした匂いがなく、肌もヒリヒリしにくい利尻ヘアカラートリートメントやルプルプヘアカラートリートメントといったものが人気でした。

毎日、トリートメント代わりにつかうだけで自然と染まっていくので、簡単で口コミで人気でした。

利尻ヘアカラートリートメントも2018年の変わらず人気です。

関連ページ:【利尻ヘアカラートリートメントの口コミ】無添加の白髪染め

新発売の白髪トリートメント

2018年も新発売の白髪トリートメントが登場しましたが、やはり簡単な白髪染めが人気です。

利尻ヘアカラートリートメントの人気は衰えません。

天然成分なので、手袋なして素手で触ってももんだいありません。

メンズ用の白髪染めトリートメントランキング

白髪染めに関しては、男性用、女性用はとくに関係ありません。

男女共用でお使いください。

 

 

白髪トリートメントの口コミ

ドラッグストアなどで市販されていないコスパがよく染まる白髪染めの口コミを紹介します。

@コスメなど、ネットにある評判の良い白髪染めを参考にして検討してみてください。

白髪染めトリートメント@知恵袋の口コミ

肌を傷めない白髪染めを探しています。

ヘアカラーを使うと頭皮が水膨れのように炎症するアレルギー症状が出ることがありました。

白髪染めを使いたいのですが、肌を傷めることなく染め上げられる白髪染めがありましたら教えてください。

アレルギー症状はジアミンという化学物質によるアレルギー反応です。このような症状が出る方はジアミン系薬剤が含まれている美容院や市販の白髪染め、ヘアカラーは使わないことが重要です。

非ジアミン系白髪染めでおすすめするのが、利尻ヘアカラートリートメントです。植物由来の天然成分で髪に良い成分が含まれていて、低刺激なので素手で使って問題ありません。

髪に色がつくまでの使い始めは2~3日連続して使うことをおすすめします。乾いた髪に使用すれば、一度できれいに染まりますし、その後は1週間に1度のペースで使用していきます。

肌にやさしく、きれいに染め上がりますので、よろしければお試しください。

引用元:Yahoo!知恵袋

肌が弱い方やアレルギー反応を起こす方は、天然成分の白髪染めを使えば問題ありません。

市販されている白髪染めは、ジアミンやシリコンなど保存料や薬剤が使われています。

これらの成分は、アレルギー反応がない方でも無害ではありません。

できれば、利尻ヘアカラートリートメントなどの肌に害がない成分がないものを選んでほしいと思います。

白髪染めトリートメントLDKの口コミ

ウェイブを生かすために、シャンプーをかなり研究しています。とにかく、優しい成分で洗うことが大切なので、この本は大変参考になりました。試してみたい製品もたくさん載っています。
ただ、検証に参加したプロが4人は少ないな、と思ったのと、ほかの専門書で「因果関係がない」と言われている通念がそのまま意見として載っていたので、星ひとつマイナスです。

とにかくヘアケア製品が好きなので、楽しませてもらいました。試したものも多く載っていましたが、やはり使用感や出来上がりは髪質にも違いがありますので、一概にこの評価通りではありませんでしたが、全然違うということもなく、成分や一般意見として参考になります。
引用元:amazon

富遊舎からヘアケアのバイブルが販売されています。

2016年に発売でちょっと古いですが、一般論としては、おおむね満足しているレビューが多かったです。

しかし、白髪に特化しているのではなく、ヘアケア全般の本なので、自分にあった白髪染めを探したい人にとってはおすすめできない本です。

白髪染めトリートメントブログ

白髪染めトリートメントを使ったブログがいくつか見つかります。

白髪を染めることが自信がついて、人前に出ることに抵抗がなくなったなど前向きな意見が多かったです。

70歳、80歳でも白髪染めをしておしゃれを楽しむ人が増えていますね。

確かに白髪を染めるだけでも若返りますからね。

白髪トリートメント@コスメ

先日、初めて母用に購入しました。母は何十年も市販の安価な白髪染めを使っていて、さすがにもうやめた方が良いということで、こちらの利尻のトリートメントをプレゼントしました。
母はショートヘアで、白髪染めをしないと真っ白頭です。使い方は、同梱されていた紙をみて、乾いた髪に使ってみました。色はダークブラウンとブラックを混ぜて使いました。
ボトルから別の容器に出して、2色をよく混ぜ、刷毛で塗っていきました。その後、ラップで頭をくるんで30分おきました。
母曰く、こめかみの上あたりは、いつも白髪が染まりにくいようで、あまり染まっていませんでしたが、その他はとてもきれいに染まっていました。頭皮も刺激がなく、とても良かったと言っております。喜んでもらえたので、良かったです。それから1週間後にもう1回染めていました。私も白髪が出たらこちらを使いたいと思います。

引用元:アットコスメ

母親にも同性の女性としていつまでも若々しくいてほしいと思うものなのでしょう。

利尻ヘアカラートリートメントなら天然成分なので、頭皮への刺激がなく白髪染めが苦痛になりません。

市販の頭皮に刺激があるような白髪染めと比べて1回で染まることはありませんが、少しずつ染まるのを楽しめます。

続けることで自然な仕上がりになるのもうれしいですよね。

親孝行ができたようで良かったですね。

1年位かな、使いましたが、きれいに染まったという印象はあまりなかった。洗い落とすと、殆ど色が流れてしまう感じがありました。繰り返して使えば違うのかなとも思いましたが、顕著な効果はなし。
トリートメントだから仕方ないのかなと思いつつ使っていたら、だんだん髪が緑色に染まるようになってきた。家族から苔みたいといわれたり、仕事などで人にあっていると、髪をじろじろ見られるようになり、これはいけないなと諦めました。
髪を傷めるというようなことはなくその点はいいと思いますが、私には合わなかったということでしょうね。

引用元:アットコスメ

利尻ヘアカラートリートメントだけで髪の毛が緑になるという事は、ほぼありえません。

おそらく、美容師でパーマなどをしたときに、溶剤と反応しえて赤い色素が抜けて緑になったと思われます。

この口コミだけでは、この方がパーマに行ったかどうかわかりませんが、可能性の1つとして考えています。

いずれにしても髪に対してなんらかのダメージを与えるようなことをして引き起こされたことだと推測しています。

芸能人が使っている白髪トリートメント

利尻ヘアカラートリートメントを愛用している芸能人と言えば、かとうかずこさんです。

サスティのCMにもよく出ていました。

現在は、CMの契約が切れたのか、販売ページにも登場しませんが、何かの番組で私生活でも使っているとおっしゃっていました。

 

 

白髪トリートメント違いは?徹底比較しました。

ヘアカラートリートメント ヘアカラートリートメントとは、使用していくうちに色素が髪の表層部に徐々に浸透・蓄積し、髪を染めていくヘアカラーリング剤。薬機法上は染毛料として化粧品に区分され、ヘアマニキュアなどと並び、半永久染毛料とされる。使い方や染まり方の特徴が製品によって異なり、黒色の髪を明るくすることはできない。引用元:wikipedia
ヘアマニュキュア ヘアマニキュアとはヘアカラーの一種で、毛髪の表面、および毛髪内の一部に浸透して染毛する半永久染毛剤。シャンプーの度に徐々に洗い流され、効果は3週間程度とされる。酸性染料の為、髪を傷めることが少なく、事前にアレルギー反応を起こす可能性を調べるパッチテストを行う必要が無い。引用元:ファッションwiki

ヘアカラートリートメントとヘアマニュキュアを併用する際はヘアマニュキュアを美容院で2か月に1回、ヘアカラートリートメントを自宅で週に1回などがおすすめです。

順番としては、ヘアマニュキュアでがっちり染めて、ヘアカラートリートメントでケアしているという感じです。

美容室は染まりやすい分、タール色素で頭皮を痛めることがあるので、多様はできません。

やはりヘアカラートリートメントと併用するのがおすすめです。

白髪染めシャンプーとトリートメントの違い

白髪染めシャンプー 白髪染めシャンプーは、通常のシャンプーと同様、髪や頭皮の汚れを落とすことができます。その成分にカラー成分が含まれていて、白髪を染めることができます。シャンプーは泡立ちが良いので、白髪をむらなく染めることができます。
白髪染めトリートメント 白髪トリートメントは、髪に潤いを与える役目がありますから、白髪をそめてくれるトリートメントも同様です。潤いを与えながら、白髪を染めていくことができます。トリートメントの場合は、トリートメントを使った後、シャンプーと違い、数分間置く必要があります。

白髪トリートメントの美容室は染まらない?

美容室の白髪染めが染まらないなんてことはありません。

しかし、白髪というのは、ほおっておくと根元から白くなってしまいます。

どんなにしっかり染まっても定期的に染める必要があります。

そこで、毎日のように美容室に行けるお金持ちが以外は、やはり家で白髪染めをする必要があります。

また、業務量の白髪染めは、効果が高い分、においが強く、また、人体にもあまり良い影響がありません。

あまり美容室に頼ってばかりでは良くないと思います。

白髪染めトリートメントサロンや美容室

最近では、白髪染め専用のサロンや美容室があります。

さすがに専門店だけあって、きれいに染まります。

しかし、人によっては頭皮が被れてしまうようです。

肌が弱い人は、天然成分配合の白髪染めトリートメントをおすすめします。

白髪染めトリートメントのカラーリング

ドラッグストアなどの市販で売られているカラートリートメント後のヘアカラーには、レフィーネがあります。

東急ハンズには、ヘアケア専門店レフィーネ公式のオンラインストアがあります。

美容院と併用して自宅で白髪染めをする人がほとんどだと思うので、白髪染めトリートメントを購入する必要があります。

泡の白髪染めトリートメント

泡タイプの白髪染めトリートメントが増えてきました。

液体タイプより、髪になじみやすく早くそまるのが人気のようです。

なかでもきらりとろーりムースが売れています。

白髪染めトリートメントのCM

メンズビゲンのCMと言えば、タッキーです。

50の恵みのCMもあります。

1回で染まる分、かなり頭皮によくない成分が入っています。

HC染料と塩基性染料で天然の染料はありません。

やはり、繰り返し使うので、天然成分配合の白髪染めトリートメントを選びましょう。

 

 

白髪トリートメント効果/良く染まる白髪染め

白髪染めに悩んでいる人は、1回で染まるものや毎日使っても安全なカラートリートメントを求めていますよね。

しかし、ドラッグストアや資生堂からでているプリオールのような市販されている白髪染めは、低価格である分、しっかり染まらない事があります。

染まりやすい白髪染め、良く染まる白髪染めを解説していきますね。

関連ページ:【白髪トリートメントの効果】しっかり染まる白髪染めの成分

白髪トリートメント長持ちするおすすめの白髪染めトリートメント

市販の白髪染めは、汗で落ちてしまったり、シャンプーであっさり流れてしまうものがたくさんあります。

白髪の根本から染まるのではなく、あくまで表面の色を黒くする程度という事なのでしょう。

長持ちしない白髪染めは、いくら値段が安くても長期的にみるとおすすめできません。

白髪トリートメント色落ちの対策

天然成分配合の白髪染めなら時間はかかりますが、色移りはしないので、おすすめです。

白髪染めトリートメントの悩みとして、よくあるのが色落ちです。

いくらキレイに染まっても、色落ちして、服についたり、枕やタオルについてしまっては、大変です。

また、頭に汗を書いたら白髪染めの成分が落ちてしまった・・・では済まされません。

白髪トリートメントが染まらないという口コミの真相

白髪染めトリートメントが染まらないという原因のほとんどは正しい使い方をしていないからです。

または、自分が思っていたより1回で染まる色が薄かったというような感じだと思います。

利子市昆布などの無添加の白髪染めは、濡れた髪の毛が前提で、乾いた髪が前提で作られていません。

濡れた髪は、キューティクルが開き、白髪染めの色が浸透しやすくなりますし、くしの通りがよくなるので、むらなく染まりやすいというメリットもあります。

白髪トリートメントの色について

茶色の白髪染めトリートメント

市販の白髪染めや美容院では、一番明るい色が茶色です。

男性にもおすすめな白髪染めの色です。

茶髪の白髪染めトリートメント

白髪でない茶髪の部分には白髪染めは染まってしまいます。

また、白髪を茶色に染めた場合は、当然のことながら作られた茶髪も染まります。

つまりは、色の濃さが下地の色より濃いかどうかが重要です。

アッシュ系の白髪染めトリートメント

アッシュ系とはヘアカラーにおける色の表記のひとつです。

アッシュを直訳すると灰色となりますが、同じく灰色を意味するグレイが無彩色なのに対し、アッシュというとねずみ色や鉛色などのカラードグレイを意味します。

ヘアカラーのアッシュ系になると少し色合いが変わり、灰色がかったくすんだ感じの色みになります。これは赤みがかった日本人の黒髪にそのままカラー剤をのせてもアッシュ系の色にはならないため、赤みを打ち消す補色になる青系の色を使うためです。ひとくちにアッシュ系と言っても、元の髪の色・染まり具合・髪質により色味は変わってきます。

引用元:ホットペッパー

アッシュ系の白髪染めは、根元の白髪が目立ちにくいので人気です。

黒に白だと目立ってしまいますが、アッシュ(灰色)なら目立ちませんからね。

ブルーの白髪染めトリートメント

青系の白髪染めはあまりありませんが、おしゃれな人はブルーアッシュを好む人もいます。

日本人の髪は、赤みがあるので、青系の色を入れてアッシュにするのですが、それがブルーアッシュになることもあります。

グレーの白髪染めトリートメント

真っ黒になる白髪染めよりグレーのカラートリートメントの方が自然だと好む方もいます。

白髪過ぎると老けて見えてしまうし、黒すぎると不自然に見えてしまうから中間が良いのでしょう。

赤の白髪染めトリートメント

市販のヘアマニュキュアでわざと白髪を赤く染める人も少数派ですがいます。

赤色と言ってワインレッド、ピンク、ピンクベージュなど様々な色があります。

また、日本人はもともと赤毛なので実はあまり違和感がなかったりしますね。

緑色の白髪染めトリートメント

緑色の白髪染めトリートメントは、好んで緑にしている人と、失敗して緑いろになってしまっている人の2パターンがあります。

美容院などで強い毛染めを使うと硝酸銀という成分が含まれていることが多いです。

硝酸銀は、洗っても流されずに髪の毛に残ってしまうので、別の薬剤と化学反応をして髪の毛が緑に色になってしまいます。

また、ニトロベンゼン系(HC青、HC赤)などが含まれている毛染めも髪の毛が緑色になりやすいです。

天然成分で作られたヘアカラートリートメントなら硝酸銀もにニトロベンゼン系も含まれていないので、緑色に髪の毛がなることはありません。

紫の白髪染めトリートメント

紫の白髪染めトリートメントを好む人もいますね。

イメージ的には大阪の方という感じですが。

日本人の髪の毛はほとんどの方が赤毛なので、青を入れると紫になります。

白髪を灰色にしようとするときに青色を入れるのですが、調整を間違うと紫になってしまうこともあります。

白髪トリートメントの色選びおすすめ

利尻ヘアカラートリートメントは、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック(黒)の4つのラインナップがあります。

1回目で染まるという事がないのはデメリットでもありますが、少しずつ染まっていくことで、自然な仕上がりになります。

また、天然成分なので頭皮にも優しく、キレイな髪色になります。

白髪染めトリートメント/明るい色

白髪染めトリートメントは黒だけでなく、様々な色があります。

ライトブラウンやナチュラルブラウンは、単に白髪染めをするだけでなく、髪の色をかえておしゃれにも磨きがかかります。

市販の白髪染めは、色のバリエーションが少ないことが多いので、通販で売られているカラートリートメントの方が選択肢が広がりますね。

市販で売られていない色を通販なら見つけることができますよ。

白髪トリートメント/黒染め

薬局や市販で売っている白髪染めにはもちろん黒はあるのですが、不自然な黒ってありますよね。

ペンキで塗ったような美しくない黒髪になってしまいます。

やはり自然な仕上がりの天然成分配合の白髪染めトリートメントをおすすめします。

黒がちょっと重くて嫌だって人は、ダークブラウンがおすすめです。

再就職するときも派手で明るすぎる色よりダークブラウンが良いと思います。

赤くならない白髪染めトリートメント

日本人の髪の毛は黒く見えて、実際は赤みがかかっている人が多いです。

なので、赤みを消したり、赤みを抑えることができないとどうしても根元が赤くなってしまいます。

また、そもそも選ぶ色によって赤みを感じてしまうこともありますので、白髪染めの色で調整してください。

白髪トリートメント/レディース

女性は男性と違い一般的には、ロングヘアーなど髪の毛の面積が広いことが多いです。

また、単に白髪が黒くなれば良いだけではなく、髪の毛をいたわる成分が多く含まれています。

つまり、白髪染めを美容の1つとしてとらえている人が女性は多いように思います。

色は男性に比べてバリエーションが多い印象です。

白髪染めトリートメント/メンズ

男性は女性と違い、短髪の人が多いため、手軽にできる商品を求める傾向があります。

また、髪の毛が少ないため、液だれしやすいので、トリートメントタイプでしっかりと染めたいですね。

男性は女性より白髪染めに美容成分を求めることが少なく、無香料を選ぶと良いと思います。

色は黒かアッシュが多いです。

白髪染めトリートメント@20代

白髪染めは40代~50代以上が中心ですが、20代で白髪染めトリートメントを検討している人もいます。

いわゆる若白髪というものです。

また、若白髪出なくても、産後の栄養不足から白髪になる方もいます。

いわゆるおしゃれ染めでは白髪を染めることはできないので、白髪染めトリートメントが必要になってきます。

白髪染めトリートメント@30代

30代はストレスが多く、白髪になる方がたまにいます。

通常、市販の白髪染めを繰り返し使っていると髪の毛がキシキシしてきます。

そのような染まるけど、髪にダメージを与える毛染めは、白髪染めができなくなります。

この先、何十年も付き合う髪の毛なので、できるだけ髪に優しいものを選びたいもの。

天然成分でできた利尻ヘアカラートリートメントなら、髪にダメージを与えることなく、自然な白髪染めができます。

 

 

白髪トリートメントの安全は無添加がおすすめ

白髪染めを美容室でやる人が多いと思いますが、1回で染めようとして、強力な毛染めを使ってしまいます。

そこで、最近は、体に優しい無添加で害のない安全性高いヘアカラーが増えていきました。

髪に優しいという事は、当然、体にも優しく頭皮にダメージを与える事もありません。

関連ページ:【白髪トリートメント】安全で無添加な白髪染め 

白髪染めトリートメントの体に悪い副作用

あまりに強力な白髪染めは、体への影響があります。

肌がただれてしまったり、場合によっては、肝機能、腎臓などの安全性に弊害があります。

いくら効果があっても体らに悪いものは使うべきではありませんよね。

白髪トリートメントのダメージは?

市販の白髪染めはよく選ばないと染まらないと思います。

塗り方のコツを知っている人なら問題ないのでしょうけど、これは大きなデメリットだと思います。

正しい使い方を知ったり、毎日使わないと効果を実感できないのはおすすめできません。

地肌に白髪染めトリートメントがついてしまう

白髪染めトリート面の地肌や頭皮についてしまうのは、避けられない事です。

避けられないのであれば、地肌や頭皮に白髪染めトリートメントについても大丈夫であるような成分である必要があります。

天然成分で利尻昆布が材料のヘアカラートリートなら問題ありません。

地毛に白髪染めトリートメントがついてしまった

白髪染めが白髪以外の普通の髪である黒髪の部分でついてしまって問題ありません。

黒髪より当然、白髪染めの方が色が薄いので、黒染めであっても何か変わるようなことはありません。

白髪染めトリートメントのかゆみがでてしまった

白髪染めトリートメントでかゆみが出るのは、ジアミンアレルギーである人が多いです。

ジアミンは、薬用系のカラートリートメントには多く含まれている成分ですが、しばしばアレルギー成分となってしまうことがあります。

いわゆるかぶれたという状況は、頭皮がかゆい状況になります。

天然成分の利尻ヘアカラートリートメントは、ジアミンが入っていないので安心して使うことができます。

白髪染めトリートメントで髪が痛む

せっかく白髪染めトリートメントで髪の毛が黒くなってしまっても傷んだ髪という状況になってしまっては意味がありません。

ブリーチしたり、市販のカラートリートメントは、ダメージを受けやすい成分が入っているので注意が必要です。

利尻ヘアカラートリートメントは、傷みにくいどころか髪に栄養をあたえるような成分が入っているので、むしろ髪に潤いやつやを与えます。

白髪染めトリートメントの色落ちや色移り

市販の白髪染めトリートメントは、色落ちや色移りがあります。

急激に染めるとその分、髪の毛の負担ががかり色落ち期間が短いです。

また、汗で色落ちして、服についてしまうこともあります。

他にも寝ている間に枕についてしまい、髪を乾かすときにタオルについてしまう事もあります。

時間をかけてじっくり染める利尻ヘアカラートリートメントなら色移りの心配がありません。

白髪染めトリートメントがすぐ落ちる

白髪染めトリートメントがすぐ落ちるのは、美容院で染めた人が多いです。

短期間で強力な成分をつかって、すぐに白髪を染めることができるのですが、その分、色落ちも早いです。

また、市販の白髪染めシャンプーは匂いが強く、人体にも害がある成分が含まれている可能性が高いです。

汗でおちる?白髪染めトリートメント

汗でおちる白髪染めトリートメントは、急激に染めた市販のものが多いと思います。

一方、汗に強いのは、やはり時間をかけて自然に染めたものだと思います。

汗をかいた後で色落ちすると大切な衣類を汚すことになります。

また、汗をかかなくても、雨でも色移りすることがあります。

そういう白髪染めは選ばないようにしましょう。

汚れない白髪染めトリートメント

お風呂場で白髪染めトリートメントを使う方が多いと思いますが、うっかり液が落ちて風呂場を汚してしまうというのは、誰でもあることだと思います。

また、一般的な白髪染めは、手袋などをして手間がかかります。

うっかり素手で触ってしまうと落とすのに大変な思いをします。

しかし、天然成分配合の白髪染めトリートメントなら、そんな心配はありません。

風呂場でうっかりトリートメントをこぼしてしまっても、素手で触っても大丈夫です。

プールで白髪染めトリートメントが落ちる

プールには塩素がありますから、美容院などで染めた場合は、硝酸銀やベンゼン系の成分と化学変化を起こすことがあります。

そういう場合は、塩素に強い天然成分の白髪染めを選びましょう。

これで何も気にすることなく水泳を楽しめます。

白髪染めトリートメントの匂いが気になる

家族がいる人の悩みは、白髪染めトリートメントの匂いが原因でお風呂に最後に入るということのようです。

市販の白髪染めのきつい匂いで家族より先にお風呂に入ることができないそうです。

匂いを消すための工夫や匂いを取る方法を調べたりすることもあるとのこと。

そんなときに、匂いがない天然成分配合の白髪染めトリートメントなら安心です。

白髪染めトリートメントは体に害のないものを選ぼう

白髪染めトリートメントは、無添加の安心で安全な体に害のないものを選びましょう。

市販のトリートメントは、体に悪いジアミン、シリコン、パラベン、酸化剤などが入っています。

いくら、染まりやすくても体に害があるものではNGですよね。

生理中の白髪染めトリートメント

生理中に白髪染めトリートメントを使うことは、特に問題ありません。

授乳中の白髪染めトリートメント

授乳中に白髪染めトリートメントを使うことは特に問題ありません。

ただし、体に悪いジアミン、シリコン、パラベン、酸化剤が入っている市販や美容院の白髪染めは避けたほうが良いかもしれません。

万が一、大事なお子さんに悪い影響を与えてしまうかもしれませんので、天然成分のヘアカラーやヘアマニキュアを選びましょう。

白髪染めトリートメントのデメリット

一般的な白髪染めトリートメントのデメリットは、硝酸銀が化学反応を起こしてしまうことです。

化学反応を起こしてしまった髪はダメージを受けてしまいます。

美容院なら対応できる場合もありますが、自宅で白髪染めをする場合は、リカバリーができないので特に注意が必要です。

アレルギー反応する白髪染めトリートメント

美容院や市販で使われている白髪染めトリートメントは、ジアミンが含まれていることが多く、アレルギー反応を起こす方もいます。

ネットでかぶれてしまった症状の画像も多数見ることができますよ。

低刺激の白髪染めトリートメント

低刺激の白髪染めトリートメントが欲しい方は、非ジアミンを選びましょう。

市販や美容院のヘアカラーはジアミンが入っていることが多いです。

ノンジアミンはかぶれないので、頭皮に優しく、アトピーの方や敏感肌の方も安心です。

白髪染めトリートメントの頭皮トラブル

白染めトリートメントにあるのが頭皮のトラブルです。

頭皮がかゆくなったり、ぴりぴりしたり、かぶれたりするなどの症状です。

ほとんどの原因は、白髪染めに入っている成分です。

利尻ヘアカラーのような無添加の白髪染めは、頭皮の湿疹やかゆみはおきません。

白髪染めトリートメントで抜け毛

白髪染めトリートメントで抜け毛の心配をしている人もいるかと思います。

いくら白髪が染まっても抜け毛や薄毛の原因になってしまっては意味がありません。

特に髪は女性の命ともいわれているので女性薄毛は絶対に避けなくてはなりません。

ぜひ、ヘナや昆布などの無添加の白髪染めを利用しましょう。

白髪染めトリートメントの天然で傷まない髪に

白髪染めトリートメントは、頭皮が傷まないように天然のものを選びましょう。

市販や美容院では、即効性を重視して、髪にダメージを与えるような成分が入っている場合もあります。

口コミで人気の利尻ヘアカラーのような無添加の毛染めを選びましょう。

無添加の白髪染めトリートメント

無添加白髪染めと言えば、利尻ヘアカラートリートメントです。

害のない安全な成分である利尻昆布のヘアカラーです。

オーガニックで口コミサイトで評価も高いのでおすすめです。

無香料の白髪染めトリートメント

無香料の白髪染めというのは、美容室や市販にはほとんどありません。

無香料を選びたいなら植物性の毛染めが良いですね。

ノンジアミンの白髪染めトリートメント

市販や美容院には、ジアミンが入っている白髪染めが多いです。

昆布やヘナなどの天然成分ならノンジアミンです。

ノンシリコンの白髪染めトリートメント

ノンシリコンの白髪染めトリートメントはカラーが落ちやすいというデメリットがあります。

また、髪がパサパサしやすいという悪い点もあります。

しかし、ノンシリコンでもルプルプや利尻ヘアカラートリートメントは、髪がパサパサすることはありません。

特に利尻ヘアカラートリートメントは、昆布以外にシコン、クチナシ、ウコン、アナトーなどの美容成分が含まれていて、髪や頭皮をいたわります。

ノンシリコンのデメリットを解消しています。

ノンシリコンのメリットは、使い続けると髪のコンディションがあがることです。

白髪染めトリートメントを若者が使う場合

白髪染めトリートメントを若者が使うなんてことはあるのかなあと思いましたが、20代でも若白髪に悩んでいる人はいます。

ドラッグ・ストアでこっそりと高校生が買うなんてこともあります。

学生が白髪染めを買うようなストレス社会とはなんとも悲しい話です。

高校生の白髪染めトリートメント

高校生も若白髪で悩んでいる子は少なくありません。

少しぐらいなら良いと思いますが、あまりに白髪が多いといじめに発展することもありますので、親としては、不安ですよね。

高校生でも天然成分で作られた白髪染めなら問題なく使用することができます。

中学生の白髪染めトリートメント

中学生の若白髪は、思春期ですから、とくに深刻です。

遺伝だから仕方がないという意見もありますが、万が一いじめの原因になったら大変です。

中学生が使っても安心な白髪染めトリートメントを使っていきましょう。

子供の白髪染めトリートメント

子供の白髪染めは、親が白髪治療を受けさせるケースもあります。

ほとんどの遺伝であるため、白髪トリートメントは、気休めにしかならないかもしれません。

子供が使えるのは無添加の白髪染めがおすすめです。

白髪染めトリートメントの若白髪も染まる

市販されている商品やドラッグストアに売られている白髪染めトリートメントは、年齢関係なく白髪であれば問題なく染まります。

ただし、髪をいたわる美容成分がふくまれていないのでむしろ髪の毛にダメージを与えてしまいます。

これでは、将来、抜け毛や薄毛の原因になるので、髪に優しい成分が使われているヘアカラーを選びましょう。

最近は、若白髪をアッシュ系にわざとしておしゃれを楽しんでいる若者もいます。

普通の髪はどう?白髪染めトリートメント

白髪染めは、その名の通り白髪を染めるものです。

黒い髪を染めても何か変化がおきるだけではありません。

ただし、白髪じゃない黒髪を茶髪にしている場合は、白髪トリートメントの影響を受けて色が変わってしまいます。

同時に白髪染めトリートメントを使ってみる

美容院ではよく染まる白髪染めを使って、自宅ではトリートメントタイプでキープする。

それが毛染めの効果を長持ちさせるコツです。

美容院で短期間で頻繁に白髪染めをするのは、お金も時間もかかります。

育毛剤と白髪染めを使っても白髪染めが天然成分なら問題ないです。

また、市販されている白髪染めで気に入った色がなければ色を混ぜることも可能です。

ただし、天然成分であることが条件です。

ブリーチやカラー剤など化学成分が含まれているものを混ぜると化学反応を起こして危険です。

縮毛矯正と白髪染めトリートメント

縮毛矯正後に白髪染めトリートメントを使っても問題ありません。

ただし、白髪染めが縮毛矯正の薬剤の浸透を邪魔してしまう可能性があります。

つまり縮毛矯正ができない状態になってしまうということです。

白髪染めはあくまで表面に幕を張って染めているからです。

縮毛矯正完了後に白髪染めをするのが正しい順番です。

ブリーチと白髪染めトリートメント

ブリーチと白髪染めトリートメントの愛称は抜群です。

ブリーチはアルカリ剤と過酸化水素が混ざり合う事で黒髪の色素であるメラニンを分解する事です。

ブリーチは人工的に髪の毛の色素を抜くので繰り返すことで白髪のような状態になり、髪の毛にダメージを与えます。

ブリーチから元に戻したいときは白髪染めトリートメントをつかって人工的に黒の色を抜いた髪に黒を入れる必要があります。

また、髪の毛のダメージも大きいので、市販されているものではなく、無添加でヘアケア成分が含まれているものを選びましょう。

パーマと白髪染めトリートメント

パーマと白髪染めを併用するのはあまりよくありません。

パーマ液と白髪染めの溶剤が化学変化を起こして緑色になってしまうことがあるからです。

しかし、無添加白髪染めの利尻ヘアカラートリートメントならパーマ液と反応することなく、きれいに白髪が染まります。

 

 

白髪トリートメントの使い方のコツ

スーパーなどで市販されていたり、ドラッグストアで売られている白髪染めトリートメントは、準備が大変であったり、換気や汚れなどの使用方法を注意する必要があります。

また、鏡に映しても見えない部分も白髪染めをしなくてはいけないので、無理方にもコツが必要です。

しかし、白髪染めトリートメインとなら毎日のシャンプー後に放置するだけで済みます。

乾いた髪でも十分染まるのでおすすめの白髪染めの方法です。

関連ページ:【白髪トリートメントの使い方】コツと頻度 

自宅での白髪染めトリートメントの使い方

 

自宅で白髪染めをする場合は、できるだけ簡単で良く染まるものを選びましょう。

美容院やドラッグストアなどで市販されているものは、手袋などが必要であまりおすすめできません。

@コスメでも人気の利尻昆布のヘアマニュキュアなら、簡単3ステップです。

トリートメントをたっぷりまんべんなく塗って、10分程度放置して、流すだけです。

白髪染めトリートメントの頻度や間隔

利尻ヘアカラーやルプルプのようなトリートメントタイプの白髪染めは、毎日使うのが一般的です。

頻度は多く、間隔は狭いですが、普段のお風呂でシャンプー後に、つかうだけなのでとても手軽に自宅でできます。

1回で染まることはありませんが、自然な仕上がりになります。

白髪染めトリートメントの一番染まるコツ

白髪染めトリートメントの一番染まるコツは、乾いた髪でじっくり染めることです。

濡れた髪でも乾いた髪でも、ポイントは、トリートメントで染めたまま長時間そのままにしておくことです。

上手く染まらない場合は、最低でも10分以上は放置してください。

ただし、長くても30分程度にしてくださいね。

白髪染めトリートメントと美容院を併用

白髪染めトリートメントと美容院を併用するのが一般的です。

白髪染めを一気に黒くするのが美容室の専売で自宅で使う場合は、白髪染めトリートメントを使うという感じです。

白髪染めトリートメントの使用後はドライヤーで乾かしてしっかり染める

白髪染めトリートメントを使用後にドライヤーを使う事で白髪をしっかりと染まることができます。

ドライヤーを長時間使っていると熱でダメージを与えてしまうので、なるべく短期間でドライヤーを終わらせたいです。

短期間でムラなくしっかり乾いた髪にする事がポイントです。

ドライヤーの前にタオルドライをするとドライヤーの使用時間は減り、髪の毛のダメージを軽減できます。

特に女性の場合は、髪の毛が長いので必然的にドライヤーの使用時間が長くなるので、タオルで水分をあらかじめとるのは必須です。

また、ドライヤー時にラップを使う事でさらにキレイに白髪を染めることができます。

ラップを使う事で髪にしっかりと白髪染めが浸透し、保温効果も高まり染まりやすくなります。

坊主の白髪染めトリートメント

坊主やスポーツ刈りのような短髪の場合の白髪染めトリートメントは、染めることが難しいです。

毛が短くて、白髪染めが髪にうまくのらなかったり、地肌に付着してしまうからです。

染め方が非常に難しいのですが、白髪染めトリートメントは放置時間を長くすることで対処できます。

また、白髪染めではどうすることもできませんが、生え際の白髪染めが目立つので、そもそも白髪染めの持続性がありませんのでご注意を。

白髪染めトリートメントの時間

白髪染めトリートメントを髪全体に染めたら10分程度の放置時間が必要です。

1回で染まることはありませんので、毎日少しずつやっていきましょう。

乾いた髪の方が良く染まるので、こちらの方法もためしてくださいね。

白髪染めトリートメントでの部分の染め方

白髪染めトリートメントは部分染めにもおすすめです。

美容院は、即効性がある白髪染めですが、その分、髪の毛へのダメージが多いです。

市販やドラッグストアで販売されている白髪染めトリートメントは添加物がたくさん入っていてやはり髪の毛にダメージを与えてしまいます。

その点、天然成分配合の白髪染めトリートメントは部分染めをいくらしても髪へのダメージが少なく、安全です。

根元と生え際に白髪染めトリートメント

根本や生え際を白髪トリートメントを染めるのは、二度塗りをしたりするのが良いと思います。

しかし、現実的には鏡を使っても自分が見える場所は限られているので、他の人に手伝ってもらってピンポイントで塗り直しをすると良いと思います。

白髪染めをした後は、リタッチをして白髪隠しをしましょう。

前髪に白髪染めトリートメント

前髪だけ白髪になってしまう人は、部分染めで十分です。

前髪や白髪が生えやすい場所です。

前髪を長くしている人は少ないので、その分、髪の成長が早く白髪が目立ってきます。

まれに前髪だけ白髪になるという遺伝を持っている人もいます。

前髪だけが白髪になる人は、眼精疲労が原因でピントがあわなくなり、眉間に力を入れたり、おでこにしわをよせてしまいます。

その結果、前頭葉が緊張して血流の流れが悪くなって頭皮から髪に十分な栄養が良き届かなくなり、局地的に白髪になってしまうという現象です。

白髪だけを白髪染め トリートメント

白髪だけを白髪染めしたいという場合は、白髪染めトリートメントは使わないでください。

白髪染めトリートメントはあくまで、全体を染める場合に適しています。

どうしても白髪だけを部分的に染めたい場合は、美容院のお世話になった方が良いと思います。

数本だけ白髪染めトリートメント

数本だけ白髪染めトリートをする場合は、白髪染めではなく、白髪隠しを使った方が良いかもしれません。

しかし、利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めだけでなく、オドリコソウ、セイヨウキズタ、アルニカ、ゆず、ローズマリーなど美容成分もたくさん含まれているので、髪をいたわるという意味でも使う価値はあると思います。

数本だけ染めるという意味では白髪染めトリートメントを使うのは大げさかもしれませんが、髪をトータルで強くして美しくしていく意味では、利尻ヘアカラートリートメントをご検討ください。

 

 

白髪トリートメントの値段は安いものがおすすめ

確かに白髪染めは継続して使っていくものだから、コスパが良くて安いものであることに越したことがありません。

しかし、スーパーなどで売っている市販のものやマツモトキヨシのようなドラッグストアで売っている安いものは体に害があるものやあまりよく染まるという事がないものもあります。

いくら安くても白髪染めとしての効果や安全性に問題があるものは買わない方がいいですね。

関連ページ:【白髪トリートメントが安い】市販と通販の値段

白髪トリートメントを激安で買うためには?

ルプルプや利尻ヘアカラーやヘナなど様々な白髪染めトリートメントがありますが、通販は在庫も人件費も少ないので激安であることが多いです。

市販の資生堂やドラッグストアなどは、どうしても家賃や人件費などを確保しなければならないので、少し高めになります。

通販ならamazonでもいいのですが、出店には月額4900円と販売手数料がかかりますので、公式サイトよりは割高になります。

参考:Amazon

白髪染めトリートメントの無料サンプル

ブローネ、ビゲン、ウエラ、ロレアルやDHCなどはデパートやドラッグストアなどで無料サンプルを配っていることがあります。

レビューモニターをネット募集して無料で商品を送っている場合もあります。

ただし、無料サンプルも広告になりますし、人件費もかかっていますので、その分、商品を安くしてほしいものです。

送料無料の白髪染めトリートメント

商品を送るときは、通常は送料がかかります。

送料無料の白髪染めトリートメントはありえません。

でも、2本以上の場合はある程度利益がであるので送料無料になる白髪染めもあります。

白髪染めトリートメントは通販が安くて人気

市販ではそもそも売っていない白髪染めは通販で買いましょう。

通販は楽天やAmazonなどがありますが、公式サイトで購入するのが一番安いです。

利尻ヘアカラートリートメントの楽天とamazonと公式の値段を比べてみた

楽天 2,380円
amazon 2,710円
公式サイト 2,000円

ダントツで公式サイトでの購入が安かったです。

amazonで白髪染めトリートメント

amazonでは、女性用、男性用問わず様々な白髪染めトリートメントやシャンプーを購入することができます。

いわゆる市販されている白髪染めや白髪隠しなんてものもあります。

口コミで人気の利尻ヘアカラーとルプルプヘアカラートリートメント、マイナチュレなども購入可能です。

楽天市場で白髪染めトリートメント

楽天市場では、資生堂の白髪染めのプリオールやドラッグストアなどで市販されているものが売られています。

植物由来のヘナという成分が口コミで人気です。

もちろん、利尻ヘアカラーはルプルプヘアカラートリートメントも購入することができます。

白髪染めトリートメントは市販で買わない方が良い

ドラッグストアなど市販で売られている白髪染めカラートリートメントは割高なので購入しない方が良いです。

また、利用者のことをあまり考えておらず、害がある成分が含まれています。

購入の際は、ジアミン、タール系、パラベン、酸化剤、シリコン、香料、鉱物油が含まれていないかを確認してください。

長持ちして、良く染まるからといっても、安くても購入するのはやめましょう。

店頭販売されている白髪染めトリートメント

ドンキホーテや東急ハンズやロフトで店頭販売されている白髪染めトリートメントがあります。

確かに安いのですが、ジアミン、タール系、パラベン、酸化剤、シリコン、香料、鉱物油が含まれているものが多くお勧めできません。

天然成分配合で無添加の白髪染めと比較してみるといくら安くても購入はしない方が良いでしょう。

薬局の白髪染めトリートメント

薬局(ドラッグストア)で売られている代表的な白髪染めはビゲンヘアカラーです。

TVCMもやっていて知名度があるのですが、1液と2液を混ぜたり、手袋が必須だったりと手間がかかります。

また、値段も2000円以上しますので、あまりおすすめできません。

ドラッグストアマツモトキヨシの白髪染めトリートメント

ドラッグストアのマツモトキヨシでも利尻ヘアカラートリートメントは売っていましたが、公式サイトよりかなり高かったです。

薬局のツルハの白髪染めトリートメント

薬局のツルハでも利尻ヘアカラートリートメントは売っていましたが、公式サイトよりかなり高かったです。

100均の白髪染めトリートメント

ダイソーやセリアなど100均の白髪染めは、やはり100円という感じです。

あまり期待しないようにしましょう。

量も少ないので通常の白髪染めトリートメントを購入した方が無難です。

テレビショッピングの白髪染めトリートメント

テレビショッピングでも多くの白髪染めトリートメントが販売されています。

若者はスマホ中心の生活送っていますが、白髪染めが最も必要な年齢は未だにテレビを見ています。

ジョエルウォーレンのようなブランドの白髪染めが売れたり、ショップチャンネルや日テレポシュレ、ディノス、QVCジャパンでも白髪染めが売られています。

その中でもロングランが無添加白髪染めの利尻ヘアカラートリートメントです。

白髪染めトリートメント@フランス

トキメキ返り咲きカラーは、株式会社ラフィネワークスが、フランスのユーゲンパルマ社と独占契約を結んでいる商品です。このユーゲンパルマ社は130年以上の歴史があるフランスの老舗で、なんと国内の美容院7,000店舗に商品を販売しています。トキメキ返り咲きカラーの元となるこの会社が卸していたカラーリングジェルの効果にほれ込んだ現ラフィネワークスの日髙聡子代表取締役が、日本でも販売できるよう交渉を重ねて、さらに日本人の髪に合うように成分を検証、改良しました。

引用元:公式サイト

フランス産の白髪染めを改良した「ときめき返り咲きカラー」がネットで密かなブームです。

色はブラウン、マロン、ブラックの3種類があります。

しかし、税込みになると4,000円をこえるのでちょっと高いんですよね。

続けていくには、経済的に余裕がある人以外は無理だと思います。

白髪トリートメントは海外でも買える

海外で生活しているため、白髪染めがなかなか合うのがなく、美容院でヘアカラーするのも 髪質を痛める気がして、日本でこの利尻ヘアカラートリートメントを購入してみました。
あまり期待はしていませんでしたが、生え際もしっかり染まり、何よりもほとんど手入れもしてなかった髪の毛のトリートメント効果を同時に感じることができました。
色もあまり明るすぎず、自然な感じで私にはピッタリでした。
また、染めるときも染料がダラダラたれず、とても簡単に手軽に出来て助かりました。色もちもよく、これからはこちらの商品を是非とも利用していこうと思います。

引用元:利尻ヘアカラートリートメントの公式サイト

このおうに利尻ヘアカラートリートメントは、海外発送を受け付けています。

海外在住の方は、日本人に合うような白髪染めが売っていないのでとても困っているようです。

そこで、やはり日本人の事をわかっている日本の会社が開発した利尻昆布で作られた白髪染めが好まれ、口コミで広がっているようです。

公開日:
最終更新日:2018/12/11