【白髪染めトリートメントの安全】成分による頭皮トラブルの害

【白髪染めトリートメントの安全】成分による頭皮トラブルの害

白髪染めトリートメントの副作用と安全性

白髪染めトリートメントはいくら染まり方が良くても副作用があるものは選んではいけません。

体に害のない白髪染めを選べば危険性はなく安全性の高いものがあります。

市販のものは、敏感肌の人やアレルギー反応がある人は、安心とは言えないので、できれば避けた方が良いと思います。

安心でない白髪染めは、場合によっては肝臓に弊害をもたらしたり、頭皮がただれてしまったり、子宮に影響を与えることもあります。

体に悪い成分が入っている白髪トリートメントではなく、できるだけ皮膚に優しいものを選んで後悔しないようにしましょう。

白髪染めトリートメントで抜け毛が増えて薄毛になってしまった

白髪染めトリートメントが頭皮にダメージを与え、抜け毛が増えて薄毛になってしまった人もいます。

もちろん白髪染めをする事が悪いのではなく、市販の白髪染めトリートメントは頭皮環境を悪化させた結果、薄毛になってしまったのです。

白髪染めは繰り返し使うことになりますので、やはり髪の毛だけでなく、頭皮に良い成分が入っているものを使用すると良いと思います。

例えば、利尻ヘアカラートリートメントに配合されているローズマリーエキスやボタンエキスは頭皮の血行を良くすることで頭皮環境を良くして育毛効果が期待できます。

他にもローマカミツレ花エキスは、抗炎症作用や皮膚の代謝を促す効果から育毛効果できます。

薄毛や抜け毛が気になる方は、白髪染めをしながら、育毛剤としての効果もある利尻ヘアカラートリートメントはおすすめです。

白髪染めトリートメントで切れ毛になってしまった

白髪トリートメントで切れ毛になってしまった人は、髪を強くする成分がある白髪染めを使ってみると良いと思います。

髪にハリを持たせるためには、利尻昆布エキスが有効です。

切れ毛の放置は絶対にダメなので、髪を強くする成分をとっていきましょう。

また、ローヤルゼリーエキスは髪に潤いを与えます。

ゴワゴワとした髪が生き返ります。

アルギン酸ナトリウムは、髪の感想やパサつきを防ぐことができます。

切れ毛は生活習慣が原因とも言われますが、髪の毛にハリやコシを持たせるための成分が入っている白髪染めを選ぶ事も重要です。

生活習慣を直すのはすぐにはできないので、少しずつ改善してそれまでは、白髪トリートメントのお世話になりましょう。

市販や美容院の白髪染めはダメージヘアに

市販や美容院の白髪染めのダメージはジアミンが入っているので、ダメージヘアになります。

ジアミンが入っていないも白髪トリートメントは安全です。

ジアミンによって髪の毛がパサパサになったり、キシキシと髪の毛がきしんでしまいます。

ゴワゴワやギシギシになった髪もジアミンが原因ですので、今すぐジアミン入りの白髪染めは中止しましょう。

白髪トリートメントとヘアカラーはどっちが痛む?

ヘアカラーはアルカリ剤と酸化剤でキューティクルを破壊して染めるので、ヘアカラーのが痛みます。

一方、無添加の白髪染めトリートメントは、むしろ髪の毛を補修してくれるので、髪の毛が痛むことはありません。

白髪染めトリートメントのアレルギー症状について

白髪トリートメントのアレルギー反応の半数以上はジアミンアレルギーだと言われています。

非ジアミンの白髪染めを使えばアレルギー症状でかぶれることはありません。

美容室での毛染めは、ジアミンが使われていることが多いので注意です。

最悪の場合は、白髪染めで皮膚炎になることもあるので、無添加の白髪トリートメントを選びましょう。

白髪染めトリートメントのかゆみやかぶれの原因

白髪染めトリートメントのかゆみやかぶれの原因はほとんどがアレルギー反応です。

アレルギー反応によって、頭皮に接触性皮膚炎や炎症が起きている状態です。

無添加の頭皮に優しい白髪染めなら頭皮湿疹にはまずなりません。

また、万が一を考えて利尻ヘアカラートリートメントは使用前にパッチテストを行っています。

白髪染めトリートメントは敏感肌のトラブルにもなる

白髪染めトリートメントは、黒く染まることだけを考えたものは敏感肌の人にとってトラブルになります。

しら染めであっても、無添加で肌や頭皮に優しいものを選びたいです。

無添加であれば、低刺激で敏感肌だけでなくアトピーの人も安心です。

市販や美容室では、無添加のものは少ないので、使用までによく確認してくださいね。

白髪染めトリートメントは髪の毛以外は禁止です

頭髪の白髪用におつくりしているため、頭髪以外は、使用しないでください。

引用元:公式サイト

白髪トリートメントは髪の毛以外を染めることは、考えられていないので髪の毛以外の使用は禁止されています。

眉毛やまつ毛、ひげも白髪になりますが、使用は控えてください。

白髪染めで癌の治療中でも使用可能

癌の治療で髪の毛が白くなってしまった癌患者さんは無添加ものであれば、白髪トリートメントを使うことは可能です。

ただし、担当医師に相談してからということでお願いします。

抗がん治療中であっても髪の毛のおしゃれに気をつかうことは良いことだと思います。

副作用のない安全なトリートメントタイプの白髪染めをおすすめします。

白髪染めで蕁麻疹(じんましん)になってします

白髪染めには様々な成分が入っているので白髪染めで蕁麻疹(じんましん)になってしまう方がいます。

いわゆるアレルギー症状で頭がかぶれてしまって蕁麻疹になってしまったという事です。

無添加の白髪染めならその心配はありません。

ただし、万が一のために正しいパッチテストを行ってから使用をしてください。

白髪染めが頭蓋骨は染まりません

美容師ですが、業界では聞いたことない話です。

もしも染まって健康に問題があるのなら、もっと話題になってると思います。

ウイルスさえ遮ってる人間の皮膚をなめないでください(笑)

引用元:Yahoo!知恵袋

白髪染めの臭いで頭痛になる

白髪染めの臭いで頭痛などの体調不良や体がだるくなる方がいます。

匂いがもとで吐き気になる方もいます。

しかし、利尻ヘアカラートリートメントなら無臭なので安心してお使いいただけます。

 

 

白髪染めトリートメントのトラブル解決法

白髪染めトリートメントのトラブルは配合成分によるものが多いです。

頭皮についた白髪染めがかぶれや痒みや湿疹などの肌荒れを引き起こします。

頭皮につかないようにするのは無理なので、頭皮についても問題ない無添加の白髪染めを使うと良いと思います。

特に美容室などで使われているジアミン入りの白髪染めは避けましょう。

白髪染めトリートメントの害は無添加で防げる

白髪染めトリートメントの害は無添加であれば防げます。

とくに2剤をまぜる白髪染めは過酸化水素が含まれていて、染料の発色を良くしています。

ただし、過酸化水素は、副作用として炎症の原意になります。

無添加白髪染めの利尻ヘアカラートリートメントなら過酸化水素は含まれていません。

白髪染めトリートメントは生理中には注意が必要

生理中の白髪染めは、ホルモンバランスの乱れによる普段よりも強いアレルギー反応がおきるので、注意が必要です。

また、生理中は、体温が低いので染まりにくいというでデメットもあります。

生理前もできれば避けた方が良く生理5日目ぐらいからは問題ないです。

万が一かぶれた場合は、すぐに利用を中止してください。

また、妊娠を考えている方は産婦人科の医師にご相談ください。

白髪染めトリートメントの妊娠中の使用は注意が必要

妊娠中は、白髪トリートメントの使用は注意が必要です。

妊娠中は普段は美容院で白髪を染めいている方も家で染めることになりますが妊婦さんは、体の変化があるので、最新の注意を払ってください。

どうしても白髪染めをしたい場合は、安全性の高い無添加のものを利用してください。

白髪染めトリートメントの授乳中の使用は危険性がある

授乳中は、赤ちゃんの栄養はすべて母親から得ています。

ですから、母親の影響を赤ちゃんは大きく受けます。

大人は問題なかった白髪トリートメントも抵抗力の弱い赤ちゃんにはどんな危険性があるかわかりません。

できれば、母乳が出ている間は白髪染めを控えてほしいと思います。

白髪染めトリートメントの色落ちはしないものを選ぶ

白髪トリートメントは汗や雨などで色落ちしないものを選びましょう。

色移りして大事な服やタオルや枕などが染まらないようにしたいものです。

トリートメントタイプの白髪染めは、すぐには真っ黒になりませんが、その分、じっくり時間をかけて染めていきますので色落ちに強いです。

個人差がありますが、3週間に1回程度の使用で白髪トリートメントの色は持ちますよ。

白髪染めトリートメントの匂いが気になる

薬剤が入っていない無添加の白髪トリートメントは特有の臭はしません。

ただし、最近は、香料を入れている白髪トリートメントもあります。

無香料にこだわるなら、利尻ヘアカラートリートメントですね。

白髪染めの変色は化学反応が原因

白髪染めの変色は、無添加の白髪トリートメントだけでは起きません。

緑になったり、青くなるのはパーマや縮毛矯正などの退色が原因です。

白髪トリートメントでまれに緑が買ったり、青色になることがありますが、何度も使っているとやがて落ち着きますので、安心してください。

白髪染めの翌日にプールにいくと色が落ちることがあります

水泳をやっている人はもともと黒髪でも、色が抜けて茶髪になっている人が結構いますので。

やはり塩素には脱色作用があるからでしょう。例えば、塩素系の漂白剤も塩素の脱色作用を利用しているわけですから、当然と言えば当然かもしれません。

引用元:教えてgoo

プールでは漂白剤として使われている塩素が白髪染めに反応して脱色してしまうことがあります。

水泳選手が茶髪になっているのは塩素が原因であることが多いです。

とくに白髪トリートメントはキューティクルを破壊せず、表面に付着する形で染めているので塩素には弱いです。

 

 

白髪染めトリートメント汚れない/お風呂や素手

素手でご使用いただけます。ただし、乾いた手でご使用頂くと白髪用利尻ヘアカラートリートメントが落ちにくい場合がございますので、必ずぬれた手でお使いください。また、ご使用後はすぐに石けんで洗い流してください。ネイルを施してある方、爪の汚れが気になる方は、ビニール手袋や専用のコーム等をご使用いただくことをおすすめします。

引用元:公式サイト

白髪トリートメントは、手が汚れないのが特徴ですが、乾いた手ではなかなか取れない事もあります。

また、お風呂場同様で、濡れていない場合は、こすっただけではなかなか落ちないことがあります。

手についた場合は、できるだけ早く落としてください。

白髪染めトリートメントの風呂の汚れ

付着したまま放置してまうと落ちにくい場合ございます。付着してしまった場合は、こすらず浴室用の専用洗剤の使用方法を守りお使いください。
※こすると色素がタイル等の材質に入り込むため、こすらないようご注意ください。
また、入浴後は浴室や排水溝等のまわりをキレイに流してあがりましょう。

引用元:公式サイト

浴槽に付着したりお風呂の床についたままにしておかずなるべく早く洗い流しましょう。

白髪染めの浴槽汚れはお風呂用洗剤でこすりましょう。

床のタイルと違って浴槽やユニットバスはつるつるしているので、こすればOKです。

洗面台や曇り止め鏡のような表面がつるつるな場所もこすってしまえば問題ありません。

 

 

白髪染めトリートメントと同時に使うとOKなものNGなもの

白髪染めトリートメントと美容院の毛染めを同時に使ったり、市販のヘアカラーと白髪トリートメントを混ぜたりすることもあります。

同時に使って良いものとダメなものを調査しました。

白髪染めとトリートメントとおしゃれ染めの違い

白髪染めは髪の表面に付着する形で色をつけます。

一方、おしゃれ染め(ヘアカラー)は髪のメラニンに反応して脱色して染めるので白髪を染めることはできません。

白髪染めトリートメントと縮毛矯正は順番が重要

縮毛矯正の薬が髪についたら白髪染めは色落ちします。

縮毛矯正が先で、あとから白髪染めなら問題ありません。

同様にストレートパーマも白髪染めが後からなら問題ありません。

特に白髪トリートメントは髪に表面に付着して色をつけるのでしっかり染まります。

白髪染めトリートメントとブリーチは順番が大事

ブリーチした後の白髪染めはきれいに染まります。

順番を逆にすると変色したり色落ちしたりしますので、絶対にやめましょう。

ブリーチ(脱色)が先で白髪染めが後です。

白髪染めトリートメントとパーマの併用

美容院で使われたり、市販で売られたりしている一般的な白髪染めとパーマを併用すると変色してしまうことが多いです。

2つの溶剤が化学反応を起こして緑色や青になることもあります。

白髪染めとパーマを併用する場合は、髪の表面の付着する白髪トリートメントを使ってください。

順番は、縮毛矯正やブリーチ同様、パーマの後、白髪トリートメントの順番です。

白髪染めトリートメントと育毛剤の併用

無添加の白髪トリートメントなら育毛剤と併用しても問題ありません。

無添加の白髪染めの成分と育毛剤の成分は反応することなく、共存できます。

また、利尻ヘアカラートリートメントには育毛成分も豊富に含まれていますので、白髪染めしながら育毛効果も期待できます。

加齢によって薄毛になった白髪に働きかけていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの育毛成分(血行促進や頭皮環境の改善など)

リシリコンブエキス、ローヤルゼリーエキス、カキタンニン、ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス、ボタンエキス、プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス、センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス、ニンニクエキス、ゴボウ根エキス、ゲンチアナエキス、カワラヨモギエキス・カミツレエキス、オランダカラシエキス、オドリコソウ花エキス、オタネニンジンエキス、オクラエキス、オオウメガサソウ葉エキス、ユズエキス、トコフェロール

引用元:公式サイト

 

 

白髪染めトリートメントで頭皮が痛まない理由

白髪トリートメントは頭皮が痛まないのは無添加の場合だけです。

全ての白髪トリートメントが頭皮が痛まないわけではありません。

美容室の白髪染めは、染まりが良い分、頭皮がかゆくなったり、かぶれてしまうことがあるので注意が必要です。

白髪染めトリートメントは天然のものを選ぼう

天然の白髪トリートメントは、何度か使っているうちに少しずつ染まっていきます。

1回で染まる市販やドラッグストアの白髪染めとは違い、安全です。

利尻ヘアカラートリートメントは無添加で頭皮や髪が痛みません。

天然素材を使ったオーガニックな白髪染めです。

白髪染めの有害物質は危険物質

化粧品メーカーのサンパルコ(京都市)は13日、100円ショップ「ダイソー」で販売した白髪染めから、国の基準で配合が認められていない有害物質のホルムアルデヒドが検出されたとして、自主回収すると発表した。2012年の発売以来約200万個を出荷し、これまでに購入者から健康被害の報告はないという。

引用元:日経新聞

100円ショップのダイソーなどで売られている白髪染めが自主回収になったこともあります。

その他にも市販の白髪染めには危険物質がいくつかあります。

全員に反応するわけではありませんが、アレルギー症状を引き起こす成分もあります。

ノンジアミンの白髪トリートメント

市販で売られたり、美容室で使われている白髪染めにあるジアミンは少量の色素で濃い色を作ることができたり、様々な色を混ぜることで多彩なカラーバリエーションを簡単に作れたりすることから、ヘアカラーではよく配合されている成分です。

しかし、ジアミンアレルギーを引き起こすことがあり、あまりおすすめできません。

ジアミンフリーの白髪トリートメントをおすすめします。

ノンシリコンの白髪トリートメント

ドラッグストアで売っている市販の白髪染めには、シリコンが入っています。

シリコンは、髪に表面を包み込むように定着して、髪の毛がサラサラになります。

髪の毛がサラサラになるので、髪同士が擦れ合うことで発生する摩擦を軽減し、髪の痛みを抑えることができるメリットがあります。

しかし、シリコンは、髪の表面を覆ってしまうため、白髪トリートメントの色の吸着を妨げ、染まりにくくなってしまいます。

また、染まったとしても色落ちが早くなってしまいます。

ノンシリコンの白髪トリートメントをおすすめします。

ノンケミカルカラーの白髪トリートメント

化学反応を伴う染料や化学合成染料がある白髪染めは使わない方がいいです。

染料はなるべくなら植物由来のものを使った方が良いです。

利尻ヘアカラートリートメントは100%ではありませんが、ほぼ植物由来の白髪染めです。

利尻ヘアカラートリートメントの植物由来の染料

アナトー、クチナシ・シコンエキス・ウコンエキス

引用元:公式サイト

 

 

白髪染めトリートメントを若白髪に使う時の注意点

若白髪のため、白髪染めを子供に使う場合は、いくつか注意点があります。

大人と違って、子供にはどんな影響があるかわからないので、無添加のものを使うという点、学校にも許可を取るという2点です。

髪に優しい無添加なら10代でも問題ないと思います。

学生におすすめな白髪染めトリートメント

中学生や高校生などの学生におすすめできる白髪トリートメントは、やはり無添加の白髪染めです。

思春期で心と体が不安定なこの時期に白髪が気になるとは言え、市販の白髪染めはちょっと危険です。

美容院で染めるのもちょっと怖いです。

とはいっても病気や遺伝が原因の場合は、白髪染めをせざるをえないと思います。

10代の多感な時期に白髪で過ごすのはやはり心に傷を負いますからね。

子供におすすめな白髪染めトリートメント

中学生や高校生よりさらに年齢が下の場合の白髪染めの原因は生まれつきがほとんどです。

白髪の治療を既にしている状態だとは思いますが、なかなか遺伝による白髪は治療が難しいです。

アルビノであるとか先天性白皮症や白斑は一生治らない事もあります。

甲状腺機能の低下や甲状腺ホルモンの異常の可能性もあります。

せめて、白髪染めで目立たないようにするのも大切なケアだと思います。

白髪が原因でいじめにつながることがも少なくないので、無添加で安心な白髪トリートメントをご利用ください。

 

 

白髪染めトリートメントを混ぜるのは危険

白髪染めになかなか自分が欲しい色がない時は、混ぜたくなる気持ちはわかりますが、色ムラの原因となりますのでおやめください。

あくまで単色で使うことを推奨しています。

ヘナと利尻ヘアカラートリートメントを混ぜる場合

ヘナには、100%ヘナだけでないものもございますので、ご使用の際には、美容室またはメーカー様へご相談していただくようご案内しております。仕上がりにはヘナの色合いが関わってきますので、最初に目立たない箇所でお試しになることをおすすめします。

引用元:公式サイト

ヘナと一緒に利尻ヘアカラートリートメントを使っても問題ありませんが、ヘナを扱っている美容室やメーカーへの問い合わせが必要です。

利尻ヘアカラートリートメントは単体でも正しい使い方をすれば、問題なく染まります。

タイトルとURLをコピーしました