白髪染め トリートメント ブリーチ

「ブリーチしている髪に白髪染めトリートメントを使ったら痛んじゃうかな?」

「ブリーチしているから頻繁に白髪染めトリートメントを使うのはマズイかな?」

ブリーチをすると外国人風のきれいな髪色に染めることができますよね。

でも、ブリーチって髪にはとても負担になります・・・。

ブリーチをすると、髪も頭皮も痛んでしまっていることがほとんどです。

痛んでいる髪に頻繁にカラーをするとパサパサになったり、枝毛になったり、よりダメージが進行してしまいます。

でも、白髪染めトリートメントは髪にも頭皮にも優しい成分が配合されているから、痛んだブリーチ毛でも安心して使うことができますよ。

このページでは、ブリーチ毛の方に白髪染めトリートメントがおすすめな理由について紹介しています。

また、ブリーチ毛にしっかりと色を入れるための効果的な染め方についても紹介しています。

ぜひ、参考にして頂けると嬉しいです☆

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/ブリーチ毛に効果的・美髪成分がブリーチ毛を補修してくれる

ブリーチすると、髪や頭皮のダメージが気になりますよね?でも実は白髪染めトリートメントの美髪成分が、ブリーチ毛を効果的に補修してくれます!それにより、ブリーチによる髪のパサつきや枝毛などのダメージを和らげるので、頻繁にトリートメントで染めても問題ありません。

また白髪染めトリートメントを使うと、髪色をキープできるため次回のカラーリングのつなぎとしても使えます。そしてつなぎとして使いながら、次のカラーリングのブリーチでの髪のダメージの予防もしてくれます。つまりカラーリングに白髪染めトリートメントを加えるだけで、ダメージのない美髪にグッと近づきます!

カラーリングと白髪染めトリートメントを併用する人は、美髪成分が豊富なトリートメントを選ぶと、ブリーチ毛をさらに効果的に補修できますよ♪

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/ブリーチ毛に効果的・天然由来の染料だから地肌に優しい

カラーリングを何度も繰り返していると、ブリーチ毛になったり、地肌にダメージが蓄積されたりします。そんな人は天然由来成分のトリートメントを使うと、地肌に優しいの染料なのでおすすめです♪

ただ一方で天然由来の染料は、比較的に髪を染める力が弱いデメリットがあります。しかし天然由来の染料は、髪に負担をかけず自然に染められるので、ブリーチ毛や地肌に休養を与えつつ、髪色のケアができます。もし白髪染めトリートメントだけで染まる髪質なら良いですが、染まりにくい人の場合、カラーリングと併用するのが効果的です!

また、天然由来の白髪染めトリートメントの染料は肌に優しいため、敏感肌の人でも安心して使えます。それにお風呂場や肌についても汚れが落ちやすいので、使い勝手がいいという特徴も!

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/ブリーチ毛に効果的・染め残しを防ぎムラになりにくい

白髪染めトリートメントを使うと、染め残しを防ぎムラになりにくくなります!それはカラーリングと比べて、髪の長さとボリュームに応じた塗布量をコントロールできるからです。つまりたっぷりと髪に塗れるため、ムラなく塗るのが苦手な人でも染め残しを防ぐことができます。

またブラシは寝かせるようにして使うと、塗りやすくなるので、染め残しを防ぎムラになりにくくなります。そして白髪が密集している部分は最初に塗っておくと、白髪染めトリートメントを浸透させる時間が長くなります。よって髪全体を均一な仕上がりに染められます!!

あとブリーチ毛を効果的に染めるために必要なのは、髪に優しくてしっかりと染まる白髪染めトリートメントを使うことです。以下でおすすめを紹介します。

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/利尻ヘアカラートリートメントがブリーチ毛におすすめの理由

利尻ヘアカラートリートメントがブリーチ毛におすすめなのは、以下の3つの理由があるからです。

・ 28種類の天然植物由来の保湿成分
・ ナノカラー分子による高い着色力
・ イオン色素によるきれいな発色

利尻のヘアカラートリートメントは、ブリーチ毛のようなダメージのある髪を保湿することで根本から改善します!!しかもナノカラー分子やイオン色素による着色と発色効果の影響で、カラーリングをしなくてもしっかりと、そしてきれいに髪を染められます!つまりきれいな髪色をキープできるのでカラーリングの必要もなく、白髪染めトリートメントの保湿成分が補修を行うことで、髪に休養期間を与えられます!

だから「ブリーチ毛がひどくて、広がってまとまらない」とか、「髪に枝毛や切れ毛がひどい」といったブリーチによる髪のダメージがある人に、利尻ヘアカラートリートメントはおすすめです♪

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/ルプルプ ヘアカラートリートメントがブリーチ毛におすすめの理由

ルプルプのヘアカラートリートメントがブリーチ毛におすすめなのは、以下の2つの理由があるからです。

・ 2種類のフコイダインが髪の外側と内側を保湿
・ 94%の美容成分が美容液なみに髪をうるおわせる

ルプルプのヘアカラートリートメントで使われているフコイダインは、ガゴメ昆布といって他の昆布よりも粘りが強い特徴があります!この粘りが地肌にうるおいのバリアを張って、毛穴の奥まで浸透します。

さらに精製水や保湿成分、トリートメント成分が94%を占めており、まるで美容液のような白髪染めトリートメントで、髪をサラサラに♪

以上の2つの効果により、キューティクルが剥がれ落ちてパサパサになったブリーチ毛を徹底的にケアします!

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/マイナチュレカラートリートメントがブリーチ毛におすすめな理由

マイナチュレの白髪染めカラートリートメントが、ブリーチ毛におすすめな理由は以下の通りです。

・ 4つのケアできれいなうるツヤ髪に
・ 約94%の植物由来原料が優しく染める
・ 1回目から染まる確かな毛染力

白髪ケア、ヘアケア、エイジングケア、スカルプケアを同時に行うので、髪のダメージ、抜け毛などのあらゆる悩みを1度にケア!

そして約94%の植物由来原料が、髪に負担をかけることなく優しく自然に染め上げます。だから何度染めても、髪が痛みません!!

またマイナチュレのカラートリートメントは1回目から染まるので、カラーリングが不要です。だからブリーチ毛を解消できるだけでなく、美容室でのカラーリングの費用や時間も不要になりますよ♪

白髪染めトリートメントで、ブリーチ毛を効果的に染めるための方法を以下で紹介します!

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/ブリーチ毛の効果的な染め方・染める前に汚れを落とす

白髪染めトリートメントで染める前に髪の汚れを落とすと、ブリーチ毛を効果的に染められます!もともと白髪染めトリートメントは髪の表面を染めるので、もし髪の汚れを落とさなければ、汚れを取り除いた瞬間に色が落ちてしまいます。なのでブリーチ毛を染めるときは、染める前に1度髪をシャンプーで汚れを落とすのがおすすめです。

髪の汚れの判断基準として、髪の毛が頭皮の油で覆われている状態、頭皮にフケがたくさんついている状態であれば白髪染め前のシャンプーは必須です。もし普段から髪の汚れがひどいと感じる人は、毎回トリートメントを使って髪の毛を清潔に保ったり、シャンプーで頭皮をしっかりと洗ったりを心がけましょう。

これらを意識すれば白髪染めトリートメントで、ブリーチ毛を効果的に染められます。

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/ブリーチ毛の効果的な染め方・塗り残しを防ぐためにたっぷり塗る

ブリーチ毛の効果的な染め方として、白髪染めトリートメントをたっぷりと塗ると塗り残しを防げます!特に生え際や後頭部などは、鏡を使ってもしっかりと塗ることが難しい部位になります。なのでそのような塗り残しが起きやすい部分は、白髪染めトリートメントをたっぷりと塗ることをおすすめします。

またさらに塗り残しを防ぐために、様々な角度から縦や横など関係なく塗ったり、髪をとかしてからヘアゴムでブロッキングしたりすると、他の髪に邪魔されません。つまり狙った場所を効果的に染められます!

それでもブリーチ毛をしっかりと染められない場合、白髪染めトリートメントの量が髪のボリュームに対して合っていない可能性があります。なので量をもっとたっぷり塗ると効果的に染められますよ!

 

 

白髪染めトリートメント ブリーチ/ブリーチ毛の効果的な染め方・ラップやシャワーキャップを使う

ラップやシャワーキャップを使うと、ブリーチ毛を効果的に染められます。その理由として、ラップやシャワーキャップを使うことで、髪を保温ができるからです。保温をすることで、髪に色が入りやすくなります。さらに、白髪染めトリートメントでブリーチ毛を効果的に染めるには、ラップやシャワーの上からドライヤーで温めるとより効果的です!

また室温と湿度を高めると、ブリーチ毛を効果的に染められます。冬は特に温度が低くて乾燥気味になるので、夏と比べて染まりにくくなります。なので室温を20~30℃ほどに設定して加湿器で湿度を高めると、白髪染めトリートメントで効果的に染められます。

一般的に髪質が太くて硬い人は特に染まりにくい傾向があるので、以上のような点を意識してみることをおすすめします♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました