【フラガール白髪染めトリートメント 】リッチの口コミ - 【白髪染めトリートメント・比較】おすすめ人気ヘアカラートリートメントの種類/白髪染め比較

【フラガール白髪染めトリートメント 】リッチの口コミ

フラガールの白髪染めカラートリートメントリッチミのレビューや評判

「フラガール カラートリートメント リッチ」は、南国のフラガールのように明るい太陽の下で生き生きと輝く女性をイメージ・コンセプトとして市販されている白髪染めトリートメント です。オーガニック認定成分配合で、ノンシリコン・ノンパラベンなので髪に優しく、白髪染めをしても髪の毛を傷めにくいです。実際に「フラガール カラートリートメント」を使用した方々の口コミや感想・評価・評判があるので、商品選びの参考にするといいでしょう。白髪染めとしての効果・染まり方もレビューしてくれているので、副作用が心配な方もしっかりと商品の詳細を調べることが出来きます。「フラガール リッチ ハワイアンボタニカル&オーガニック」には髪の毛にうるおいを与えてくれる「ココヤシ果実エキス・マカデミアナッツオイル」や髪の毛の補修成分「シアバター・黒真珠」が配合されています。また、保湿・肌荒れ防止・エイジングケア効果のある「アルテア・セージ・タイム・ラベンダー・ローズマリー」といった5種類のハーブエキスも配合されています。また、「フラガール リッチ」は、従来の白髪染めと違って「手袋が必要ない」「乾いた髪に使用して、シャンプーで流せる」「片付けも手間がかからない」といったメリットが多数あります。チューブから直接髪の毛・頭皮に塗ってから専用コームで髪の毛全体になじませるので手を汚さず簡単に白髪染めが出来るのです。

フラガールの白髪染めカラートリートメントリッチミの口コミ

色々なヘアカラートリートメントを使って6種類目だと思います。普通のヘアカラーだと髪が傷むので、ヘアカラートリートメントにしようと思って 探していました。全然染まらない物もあれば、染まるけど後からオレンジ光するものもあり・・・行き着いたのが フラガールの物でした。フラガールのナチュラルブラウンも使ってみたのですが 染まるけど徐々に白髪がオレンジ光するので(人によってはならないようです) ディープアッシュにしたところ それがなくなりました。ディープアッシュを使っている今は自然な感じの黒髪になっています。本当はもう少し茶色っぽい髪になりたいのですが、ないようです。また 良い物が出たら挑戦しますが、今のところ これが私のナンバー1です。

引用元:Amazon

「フラガール リッチ ヘアカラートリートメント」は、白髪染め成分だけでなく「ココヤシ果実オイル」「マカデミアナッツオイル」といった髪の毛の保湿成分「シアバター」「黒真珠」の髪の毛補修成分が配合されているため、髪の毛を染めながらでも頭皮・毛先を痛めにくいのが特徴です。カラーラインナップもブラック、ダークブラウン、ブラウン、ディープブラウン、ディープアッシュと5種類から選べるので、自分の好みに合わせてカラーを選べます。髪の毛・白髪はただ染まればいいというわけでもありません。特に女性は外見をきれいに若々しく見せたいと誰でも思うと思うので、白髪染め後の髪色も気になると思います。この方は髪質や髪色にいままでの白髪染めが合わず、オレンジ色に光ってしまうのが気になっていたようです。「フラガール」の「ナチュラルブラウン」を使用してもオレンジかかってしまったようですが、「ディープアッシュ」を使用したことで、理想の黒髪に近づけることができたようです。「フラガール」はカラーラインナップが豊富なので、いろんなカラーを試すことで自分の気に入った髪色に近づけることが可能です。

 

もう5本くらい使ってます。年の割に白髪が多い方だと思います。最初の1、2回では染まりませんが何度か使うと1回でちゃんと染まるようになります。(何故なのかは…?)週に1回くらいのペースでシャンプー後にタオルドライし、その後に結構な量を塗りたくり、30分くらい置いてから流します。そのあとはまたトリートメントしてます。1.5ヶ月で1本使い切る感じです。使用後にタオルや服に色移りしたことはありません。金額的には普通に美容室で染めるのと変わらないくらいのお金を払ってると思いますが、痛まないし、美容室で染めるとアホみたいに時間が取られるのでこれで納得できてます。一つだけ改善して欲しいのは、頭皮が赤茶色っぽくなってしまうので、それは何とかして欲しいです。

引用元:アットコスメ

「フラガール リッチ カラートリートメント」は、白髪染め成分だけでなく、オーガニック認定ハーブを5種類、ハワイアンボタニカル成分を4種類配合してあるので、頭皮や髪に毛にやさしく、髪の毛を染めながらでも、頭皮環境を整えたり、髪の毛のコシやハリを保つことが出来ます。また、抗酸化作用のある「リンゴ果実培養エキス」や白髪の抑制・頭皮の肌荒れを抑える効果のあるキノコの一種である「レイシ柄エキス」血行促進効果があり、毛根に栄養が行き届きやすくなる「ショウガ根エキス」を配合してあるので、白髪染めをしながら頭皮改善・エイジングケアも行えます。この方の感想のように、美容室では染める間時間がかかり、椅子に座って終わるまで待つ必要があるので、時間を持て余してしまいます。「フラガール リッチ」は自宅で白髪染めをするので、頭皮にカラートリートメントを塗った後はTVを見たり、お茶を飲んだり自由な時間を過ごせるので、時間を有効活用できます。この方は、使用後の頭皮が赤茶色っぽくなってしまうそうですが、染めた後はシャンプーでしっかりと洗いがなすことで、皮膚への着色も抑えられます。

フラガー カラートリートメントリッチの色

フラガールカラートリートメントリッチのディープアッシュの口コミ

1回目はほとんど染まりません。ですが、3回目からシッカリ染まりました!何故かは分かりませんが…( ;’Д`)匂いもハーブのいい香りで癒されるし、つるっサラのツヤ髪になります。素手でやっても部分位なら平気だし、週一のヘアパック気分でつかえます。リピすると思います。

引用元:amazon

「フラガールカラートリートメントリッチ」は白髪染めだけを目的とせず、頭皮改善・エイジングケア・髪の毛の保湿・補修も行えるように髪の毛によい成分を多数配合してあります。なので、白髪染めをしても髪の毛が痛んだり、パサつくこともなく、この方の感想のようにサラサラで艶のある髪の毛に仕上げることが出来ます。「フラガール」には5種類のカラーがあり、自分の好みや髪質・もともとの髪色に合わせてカラーを選ぶことが出来ます。「ディープアッシュ」はその一つで、淡いグレー系のカラーをつけることが出来ます。このコメントを書いた方は、1回目では染まらなかったようですが、3回試したことで髪の毛に染料がなじみしっかり染まったようです。「フラガール」は通常の白髪染めと違い、ノンシリコン・ノンパラベン・無添加なので安心して使用できます。また、白髪染め特有のツンとしたにおいがなく、香りもいいのでにおいが気にならず、染め上がりを待っている間も別のことに集中して取り組めます。

フラガール カラートリートメント ブラウンの口コミ

髪の長さはショートです。乾いた髪に塗布し、1時間半?2時間おいて流してから、シャンプー、トリートメントしています。白髪がよく染まります。しかし、塗布当日は流しても流しても茶色いお湯が出て来ますし、タオルにも色移りします。ですが、毎月のカラー代金と時間、髪のダメージを考えると、半額以下で一応トリートメントと謳ってる商品ですので、いいかなと思います。私はサラサラツヤツヤにはなりませんが、月に一度のリタッチでは追いつかないくらい白髪が生えて来るので、3週間に一度染めてしまえるし、忙しくても2時間あれば家でできるので重宝してます。
引用元:@コスメ

ヘアカラーや白髪染めを美容室で行った場合、時間がかかるときでは3時間から4時間程度時間を取られる場合があります。また、美容室で髪を染めようとすると、予約が必要だったり、ほかの人がいる場合、待ち時間だけで時間がかかることもあります。「フラガール」を使用すれば、美容室のような待ち時間は関係がありません。また、染料を髪の毛に塗った後、時間をかけて髪の毛になじませている間も本を読んだり、TVを見たり、お風呂にゆっくり入ったり、お茶を飲んだりと自分の好きな時間を有効に使用できます。また、「フラガール」は料金も1500円~3000円円程度なので、美容室で染めてもらうよりもコストパフォーマンスも高いです。使用頻度も、白髪が気になってきたら自分の染めたいタイミングで染めることが出来ます。いちいち、美容院の予約をする必要もありません。

フラガールカラートリートメントリッチのディープブラウンの口コミ

レビューを見てると1回目は染まらないとの事でしたので期待はしてませんでしたが、普通に染まりました。ちなみに、白髪に少し多めに塗りラップを巻いて約40分程放置しました。カラーはディープブラウンです。
引用元:Amazon

「フラガール」は一回では染まりにくいという口コミも多くあります。白髪染めにも効果には相性や個人差があるため、一回で染まる方もいれば、何度か試して髪に色がつく人もいます。なので、一回で諦めずに何度か試して見ることが大切です。「フラガール」は乾いた髪に染料を塗って着色します。その間は、頭に触らないようにすれば、自分の好きなことができるので、美容室で染めてもらうよりも時間を有効に利用できます。この方のようにラップを巻くことで染まりやすくなり、何か別のことをしていても、ラップを巻いておけば、染料が飛ぶことを防いでくれるのでオススメです。「フラガール」は公式サイトや商品の説明書にもあるように、髪の毛の根本からまんべんなく塗りつけることでしっかりと染めることができます。専用のコームも付属するので、てを汚さずにしっかりと塗ることができます。チューブタイプなので、部分染めしたいときも量を調整しやすいというメリットもあります。

 

フラガール カラートリートメント ダークブラウンの口コミ

使ってみた感想は、香りがよく髪もサラサラの仕上がりでとてもいい感じ。ただ、一度使っただけではあまり染まった感じがしません。3.4回使うとキレイに染まっていく印象です。
引用元:アマゾン

この方は何度か使用して、「フラガール」の成分が髪に馴染んでしっかりと色がついたようです。「フラガール」は市販されている他の白髪染めと違い、ハーブエキスやハワイアンボタニカル成分を配合してあるので、髪の毛に優しく、保湿成分や髪の毛の補修成分もあるため、白髪染めをしても髪の毛を痛めにくく、染まり上がりの髪の毛がサラサラて艶やかに仕上がります。また、香りにも気を付けていて、白髪染め特有のつんとした鼻につく臭いを抑えて、いい匂いに仕上げてあるため、一回の白髪染めに時間をかけても、何度使用しても匂いがいやになりにくいので、白髪染めを行いやすいです。「フラガール」は、ノンシリコン・ノンパラベンで無添加なので、長い時間染めるために髪の毛に染料をつけていても安心です。

 

フラガール カラートリートメント 黒(ブラック)の口コミ

皆さん書かれているとおり、チューブがとても使いやすいです。肌についてもすぐにきれいにおちます。ブラックを使用していますが、流すときの色はかなり赤茶色にちかい感じ。3回乾いた髪に使用、シャワーキャップをかぶって1時間放置をくりかえしてかなり目立たなくなりました。香りは・・私はダメでしたが。
引用元:アットコスメ

「フラガール」のヘアカラートリートメントは市販されている他の白髪染めと違い、香りもつんとした匂いがしないように配慮されています。この方は「フラガール」の匂いとは相性が悪かったようですが、匂いはきつくないので一時間程度染め続けられたようです。「フラガール」はチューブタイプの白髪染めでチューブの先端が細くなっているため、髪の毛に塗りつけやすい作りになっています。髪の毛全体に塗るのも、部分染めでも塗りやすく、専用コームも付属しているため、手も汚さずにしっかりと塗ることができます。髪の毛の染まり具合は、個人の感想で書かれていますが、1回で染まる人老いれば何回か試してしっかり染まる人もいるので、染まり具合には髪質などで左右されて個人差があるようですが、あきらめずに時間をかけてじっくり染めることが大切です。「フラガール」なら、染料を紙になじませた後は、読書やお茶を飲むなど自由な時間を過ごしながら時間がたつのを待てるので、美容室で染めるのと違い、時間を有効活用できます。

白髪染めカラートリートメントフラガールリッチの染まる効果


白髪染めは「ルプルプ」「利尻ヘアカラートリートメント」など、メーカー各社から多数の商品が販売されています。「フラガール ヘアカラートリートメント」もそんな商品の中の一つです。「フラガール」は白髪染めだけでなく、5種類のハーブエキスと4種類のハワイアンボタニカル成分配合で染料が髪の毛や頭皮にやさしく、髪の毛を保湿・補修することで、白髪染めをしながらサラサラでふわっとした髪の毛に仕上げることが出来ます。成分を解析しても、ノンシリコン・ノンパラベン・無添加なので安心です。個人の体験ブログなどでも、「1回で染まる白髪染め」として評判です。なかには、「1回で染まらない」という口コミもありますが、なんどか回数を重ねることで髪の毛に染料がなじんで白髪が染まることもあります。「フラガール」はカラーラインナップも豊富で、「ブラック」「ダークブラウン」「ブラウン」「ディープブラウン」「ディープアッシュ」の5種類の中から選ぶことが出来ます。5種類あるので自分の髪色に合った色や、好きな色を選びやすいです。

白髪染めカラートリートメントフラガールリッチで茶髪

おしゃれ目的や白髪隠しなど、市販されているブリーチや「ビゲン」といった白髪染めトリートメント には様々な種類があります。薬局・ドラッグストアなどの店舗で購入できるので気軽に髪染めができます。ヘアカラーブリーチなどの商品は髪の毛の色素を脱色して色落ちした髪の毛に染料を着色をしています。脱色しているため、髪色戻しなどで、茶髪の髪の毛を黒染めしてもなかなか黒髪には戻りません。そのため、黒髪から茶髪に髪の毛を染めることは簡単ですが、茶髪から黒髪に髪の毛の色を戻すのはかなり難しいです。なので、気軽に出来るからといって、就活前の方などが髪の毛の色を変えるのはオススメできません。髪の色を変えたいときは、内定をもらったり、就職活動後など髪に色を変えても問題ないタイミングで使用するようにしましょう。

白髪染めフラガールのカラートリートメントリッチの使い方や色落ち

白髪染めトリートメント 「フラガール」は、五種類のハーブエキスと四種類のハワイアンボタニカル成分配合で、髪の毛に優しく、髪の毛を保湿・補修してダメージを抑えてくれるので、白髪染めをしながらでも、髪の毛を若々しくふわふわで艶やかに保つことができます。また、「リンゴ果実培養エキス」「レイシ柄エキス」「ショウガ根エキス」を配合してあり、頭皮の血行を促進させたり、抗酸化作用により、髪の毛や頭皮の老化を抑えて、白髪が生えにくい髪の毛や頭皮環境を整えて、白髪ケアもすることができます。髪の毛を健やかに保ちながら白髪染めができるので、白髪を隠す方法としては合理的だと言えます。使用方法は「フラガール」の染料を髪の毛にまんべんなく塗って、しばらくの間放置するだけです。部分染めの場合は、白髪が気になる部分だけで大丈夫です。「フラガール」はノンシリコン・ノンパラベン・無添加なのでどなたでも安心して使用できます。妊娠中の方も副作用は心配ありませんが、心配な場合は、かかりつけの医師などに相談するようにしましょう。「フラガール」は「色落ちしやすい」「色移りしやすい」「1回では染まりにくい」という口コミが多くあります。個人差もありますが、2・3回と回数を重ねることで染料が髪の毛になじみ、しっかりと染めることが出来ます。汗などの色落ち・色移りを防ぐには、「ラップや白髪染めカバーをつけてしっかりと時間をかけて髪の毛にトリートメントを馴染ませる」「少量のお湯で揉みこんで、トリートメントを髪に馴染ませてからシャワーで流す」「トリートメントをシャワーで流したら髪の毛をしっかりと乾かす」「アルコール成分で色落ちしてしまうので、整髪剤・育毛剤の使用に注意して、パッケージをみてアルコール含有の製品の使用は避ける」といった点がポイントです。

白髪染めフラガールカラートリートメントリッチの安い値段

初回限定(定期コース)1,900円
通常価格3,200円

白髪染めトリートメント 「フラガール」はドラッグストアのウエルシアやマツモトキヨシでも市販されています。店頭で購入すれば、送料がかからず、各店舗を比べて最安値の店舗で購入も可能ですが、店舗の値段は変動しやすく、最安値の店舗を探すのにも時間や労力がかかります。なので、オススメの購入方法は公式サイトのネット通販です。公式サイトなら、初回購入金額は定期コースに限りますが、通常価格3,200円の「フラガール」を1,900円で購入可能です。さらに、「フラガール」は公式サイトでの購入にメリットがあります。定価コース購入で1~2回目は1,900円、3~5回目は100円安くなって1,800円、6回目以降は1,700円と、購入する回数が増えていくごとに値段が安くなるシステムを導入しています。また、公式サイト購入ならポイントは2倍ついて、ポイントは商品購入時に利用できます。購入回数で素敵なプレゼントがもらえるキャンペーンもあり、送料は無料で、発送感覚も好きな期間を選べるので、定期的に届いて前回分がまだ残っていて、未使用の「フラガール」がたまってしまう、、、ということがありません。

白髪染めフラガールカラートリートメントリッチの売っている場所や店舗

白髪染めヘアカラートリートメント「フラガール」は、五種類のハーブエキスと四種類のハワイアンボタニカル成分を配合し、白髪染めを行いながら、髪の毛を保湿・補修できるので、髪の毛をサラサラでふわっとした状態に保つことができます。また、「リンゴ果実培養エキス」「ショウガ根エキス」など
頭皮の血行を促進させたり、抗酸化作用により、頭皮や髪の毛の老化を防いで、白髪が生えるのを抑制してくれる効果のある白髪染めです。こういった商品は公式サイトのみの販売が多く、商品によっては入手しずらい場合もありますが、「フラガール」は公式サイトだけでなく、Amazonや楽天などのネット通販でも購入が可能です。また、ネットだけでなく、店頭販売で取り扱っている店舗も多数あり、マツモトキヨシやウエルシアドットコムなど全国の薬局やドラッグストアで入手可能です。「フラガール」の公式サイトにも取扱店が提示されているので、購入する際の参考にすることができます。

フラガールカラートリートメントリッチは薬局で買えない

白髪染めトリートメント として販売されている「フラガール ヘアカラートリートメント」は、白髪染めをするだけでなく、五種類の「タイム」「ローズマリー」「アルテリア」「セージ」「ラベンダー」のエキスと四種類の「ハイビスカス」「マカデミアナッツ」「ククイナッツ」「ココナッツオイル」のハワイアンボタニカル成分を配合してあるので、髪の毛の保湿・補修や頭皮の環境を整えてくれます。「フラガール カラートリートメント」は公式サイトでの購入が可能です。ネット通販だけでなく、薬局やドラッグストアなどの店頭でも販売されています。売っている場所は全国チェーンのドラッグストア「ウエルシア」や「マツモトキヨシ」で取り扱っています。ただし、いろんな商品を取り扱っていて品揃え豊富な量販店「ドンキホーテ」では、「フラガール ヘアカラートリートメント」は販売されていませんので、注意が必要です。

フラガールカラートリートメントリッチの通販の値段

場所購入可能or購入できない価格
ロフト(オンラインショップ)購入可能3,456円
ヨドバシドットコム購入できない
amazon購入可能2,160円
楽天購入可能3,456円
ヤフーショッピング購入可能3,456円
公式サイト購入可能1,900円

メロスコスメティクスが販売している、白髪染めヘアカラートリートメント「フラガール」は、公式サイトでの通販だけでなく、マツモトキヨシやウエルシアなどの薬局やドラッグストアでも購入が可能です。店頭販売は、店舗ごとに価格に差があって探すしたり、比べるのが手間だったり、販売自体されていない場合があります。なので、「フラガール」を確実にてに入れたいのであれば、公式サイトをはじめ、ネット通販がオススメです。ネット通販で取り扱っているサイトは、「Amazon」「楽天市場」「ロフト(オンラインショップ)」「Yahoo!ショッピング」です。ヨドバシカメラのネット通販サイト「ヨドバシ.com」では取り扱っていないので、ヨドバシドットコムアプリで「フラガール」を検索しても見つからないので注意しましょう。ネット通販なら、わざわざ各店舗に出向く必要がなく、各ホームページに載っている値段を見比べるだけなので、最安値のサイトが一目でわかります。また、Amazonや楽天市場などでは購入・使用した方の口コミや感想・レビューが載っているので、購入する際の参考にすることができます。

白髪染めフラガールカラートリートメントリッチの解析や副作用

白髪染めトリートメント として販売されている「フラガール」は、成分にシリコンやパラベンを使用していません。100%ノンシリコン・ノンパラベン・無添加なので、副作用はなく安心です。染料もオーガニック成分を使用していて、「ラベンダー」「アルテア」「セージ」「タイム」「ローズマリー」の5種類のハーブから抽出したエキスを配合したり、「ココナッツオイル」「マカデミアナッツオイル」「ククイオイル」「ハイビスカスオイル」といったハワイアンボタニカル成分も配合してあるので、髪の毛や頭皮にやさしく、白髪染めをしても髪の毛を痛めにくいのが特徴です。また、頭皮改善・エイジングケア成分として「リンゴ果実培養エキス」「レイシ柄エキス」「ショウガ根エキス」が配合してあり、頭皮の血行促進や代謝を高めて老廃物を出すことで、頭皮を若々しく健康的に保ち、白髪を抑えていつまでもハリ・コシのある髪の毛を維持することが出来ます。

白髪染めフラガールカラートリートメントリッチの美容院のパーマ

市販されている白髪染めトリートメント は、いろんあ種類・ブランドのものが販売されています。「フラガール ヘアカラートリートメント」もその一つで、5種類のハーブエキスや、4種類のハワイアンボタニカル成分を配合してあり、白髪染めをしながら髪の毛の保湿・補修も行ったり、頭皮環境を整えることで、ふわふわで艶やかな髪の毛を保ちます。美容室でもサロン用として利用されている場合もあります。「フラガール」は5種類のカラーバリエーションがありますが、髪質・髪色によっては変色したり赤茶色になってしまうことがあるので、自分の髪色に合ったカラーを選びましょう。「フラガール」は名前や配合されている成分からわかるように南国をイメージした商品です。ハワイアンボタニカル成分も「ココナッツオイル」「マカデミアナッツオイル」「ククイナッツオイル」「ハイビスカスオイル」とハワイや南国にちなんだ成分を配合してあり、さわやかで晴れやかな気分で白髪染めを行えます。

白髪染めフラガールカラートリートメントリッチの種類

フラガールとフラガールカラートリートメントリッチとの違い

フラガールフラガールリッチ
価格1,944円3,456円
内容量250g170g
4色5色
PH5.76.0
チューブの形状通常のチューブ

とんがりチューブ

「フラガール ヘアカラートリートメント」には通常の「フラガール」と「フラガール リッチ」があります。どちらの商品も白髪染めを行いながら、頭皮のケアをして、髪の毛の保湿・補修を行うことが出来ます。二つの商品の違いは「価格」「内容量」「色の種類」「チューブの形状」です。「フラガール リッチ」のほうが料金が通常の「フラガール」定価1,944円に対して、3,456円と約1500円ほど値段が高くなっています。最大の特徴はチューブの形です。「フラガール」は市販されているハンドクリームなどと同じ形状のチューブですが、「フラガール リッチ」はとんがりチューブという先端が細くなっているタイプなので染料を取り出しやすく、また、部分染めをしたいときも白髪が目立つ生え際や根元などにピンポイントで染料を塗ることが出来ます。「フラガール リッチ」のほうが量が少なく、値段が高いのでコスパを考えるとノーマルの「フラガール」のほうが量も多くお得といえます。カラーバリエーションは「フラガール リッチ」のほうが1種類多いですが、「フラガール」も4種類あるので色選びで迷うことは少ないと思います。

タイトルとURLをコピーしました