白髪染め トリートメント 赤くならない

「白髪染めトリートメントをしたら赤みがつよくなっちゃった・・・。」

「白髪染めトリートメントって、なりたい色に染めるのは無理だよね・・・。」

白髪染めトリートメントを使ったら、髪が赤くなってしまったことはありませんか?

それに、なりたい色には染まらなかったという方も多いようです。

白髪染めトリートメントの中には赤みが強くでる色があります。

髪を明るく染めたい方は、ライトブラウンやナチュラルブラウンなどのブラウン系のカラーを選ぶ方が多いですよね?

でも、ブラウン系のカラーは赤みが強くでやすいものが多いんです。

このページでは、赤みが出にくい白髪染めトリートメントや、色選びの方法について詳しく紹介しています。

ぜひ、参考にして頂けると嬉しいです☆

 

 

白髪染めトリートメント 赤くならない/白髪が赤く染まるのはどうして?

ルプルプの色見本には、ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウン、ソフトブラックの5種類の色があります。その中でも赤みがでやすい色は、ダークブラウンとブラウンの2つです。発色の特徴として、ダークブラウンは華やかな赤みのある仕上がりで、ブラウンは若干赤みを感じる明るめの仕上がりになります!

また白髪量が多い場合、ダークブラウンやブラックで染めると、生え際の白髪が目立ちやすくなります。なので赤みをおさえて白髪染めするなら、ベージュブラウンかソフトブラックで染めると、赤みをおさえた色なのでおすすめです♪それでも赤みが気になる人は、ベージュブラウンとソフトブラックを混ぜて使うと、さらに赤みを軽減できます!!

それでももし赤みが出る場合は、以下で紹介する5つの白髪染めトリートメントは黄みを含んでいるので、赤くならないですよ♪

 

白髪染めトリートメント 赤くならない/ルプルプの色味表・赤みがでやすい色は?

ルプルプの色見本には、ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウン、ソフトブラックの5種類の色があります。その中でも赤みがでやすい色は、ダークブラウンとブラウンの2つです。発色の特徴として、ダークブラウンは華やかな赤みのある仕上がりで、ブラウンは若干赤みを感じる明るめの仕上がりになります!

また白髪量が多い場合、ダークブラウンやブラックで染めると、生え際の白髪が目立ちやすくなります。なので赤みをおさえて白髪染めするなら、ベージュブラウンかソフトブラックで染めると、赤みをおさえた色なのでおすすめです♪それでも赤みが気になる人は、ベージュブラウンとソフトブラックを混ぜて使うと、さらに赤みを軽減できます!!

それでももし赤みが出る場合は、以下で紹介する5つの白髪染めトリートメントは黄みを含んでいるので、赤くならないですよ♪

 

白髪染めトリートメント 赤くならない/利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンがおすすめ

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンは、赤みが少なくてどちらかというと黄色っぽい印象で、クセがなくほどよく明るい髪色に仕上がります♪そのため通常のブラウンと比べて髪が赤く染まらず、その上ダークブラウンやブラックのように暗すぎる印象を与えません!

もし髪に赤みが強い人なら、ブラックにナチュラルブラウンを混ぜると赤くならない程度に明るく染めらるのでおすすめです!

また利尻ヘアカラートリートメントは、ダメージの蓄積した髪を修復しつつ美しい発色させ、髪の内部まで染料を浸透させます。そして28種類の植物由来のうるおい成分が保湿してキューティクルを閉じるので、色持ちしやすい特徴があります!

もちろん無添加なので、アレルギーの心配もありません。

 

白髪染めトリートメント 赤くならない/ルプルプのベージュブラウンがおすすめ

ルプルプのベージュブラウンは、他の白髪染めトリートメントよりも染める力の強さが特徴的です。なので白髪の量が多くて密集した場所でも、3日続使うとしっかりと染まります。
発色はとってもキレイで、赤みをおさえた黄みある自然なベージュブラウンに仕上がります♪

また日本発の2種類のフコイダインが、髪の表面と内側からうるおいを与えるので、染めるたびに美髪になります!そして美容成分が94%配合されているため、ダメージの蓄積した髪をケアしたい人におすすめです。

香りはラベンダー油、オレンジ油、ローズマリー油の3種類が配合されているため、染めているときも、染めたあとの頭皮や髪の香りも心地良いです♪

それとルプルプは、植物由来の天然染料を使っているので、髪と頭皮に負担もナシ。しかも天然の染料だから手や浴槽に汚れがついても、洗い流せばカンタンに落ちます!だからルプルプの白髪染めトリートメントは、使用面でのわずらわしさもありません。

白髪染めトリートメント 赤くならない/ポーラ グローイングショットのブラウンがおすすめ

ポーラのグローイングショットのブラウンは、色見本を見ると赤が強い印象ですが、実際に使ってみると赤みの少ない自然なブラウンに仕上がります!

髪に浸透しやすい色素が含まれているので、1回5分使用すると見違えるほど染まります♪使うたびにツヤのある深い色に染まる特徴があるので、染める回数が週に1回ほどでも髪色を持続可能です。

またシトラス系の香りなので、清潔感のある爽やかなにおいにつつまれながら白髪染めができます!

ただし、ポーラのグローイングショットにはジアミンやパラベンが含まれているので、アレルギーがある人にはおすすめしません。しかしポーラオリジナルの4種類の美容成分が、健康的な頭皮環境に整えるので、髪や頭皮に負担をかけずに染めたいにおすすめです。

白髪染めトリートメント 赤くならない/バイタリズムクロのダークブラウンがおすすめ

バイタリズムクロのダークブラウンを使うと、ブラックのように重くならず、地毛の色よりもワントーン明るい仕上がりに染まります!もしバイタリズムクロのダークブラウンで暗さを感じる人は、ライトブラウンと2対1の割合で混ぜると暗さをおさえつつ、明るみのある髪色に染めることも可能です!!

頭皮と毛髪の専門家がプロデュースした白髪染めトリートメントなので、髪と頭皮を保護する成分がたっぷり配合。それと色持ちも良く、7日間ほど髪を染めなくても髪色をキープできます。だから、頻繁に染めるのがめんどうな人におすすめです。

匂いは清涼感のあるハーブ系の香りで、スッキリとした気分に♪また低刺激の白髪染めトリートメントなので、頭皮や髪をいたわって染められます。

 

髪染めトリートメント 赤くならない/髪萌カラーアップがおすすめ

髪萌カラーアップのカラーはナチュラルブラウンの1種類のみで、赤みが少ない自然な茶色に染まります!

また、12種類の和漢植物エキスが頭皮に髪と栄養を与えるので、染めたあとでも髪がパサパサしません。一般的に、白髪染めトリートメントは1回目から染まりませんが、髪萌カラーアップは染まります!!だから剛毛でなかなか染まらない人にも、おすすめです。

しかもノンジアミン処方なので、敏感肌の人でも安心して使えます。そして有機溶剤も不使用なので、ツンとしたイヤな臭いもありません。

髪萌カラーアップはリタッチにも使え、白髪染めトリートメントで染まりにくい生え際の白髪もたった5分で染められます!!もし白髪染めをサボっていて、急に人と会う予定が入った場合でもササッと生え際の白髪を染められますよ♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました