白髪染め シャンプー 安全

白髪染め シャンプー 安全

 

「美容院で白髪染めしたのに、1週間もすると白髪がキラキラと目立ってイヤ!」

「手軽にストレスなく白髪ケアできる方法ってないの?」

白髪が目立ってくる30代~40代になると、白髪ケアが億劫になってしまうことはありませんか?

生え際や分け目の白髪って、1本でもけっこう目立ちますよね・・・。

しょっちゅう美容院に行くのも大変だし、頻繁に白髪染めをすると髪にも頭皮にも負担がかかるし・・・。

でも、普段使っているシャンプーを白髪染めシャンプーに変えれば、徐々に白髪を目立たなくすることができます。

シャンプーなら毎日するから面倒でもないし、負担にもなりませんよね?

白髪染めシャンプーは即効性はなく1回で色を入れることはできません。

毎日使うことで少しずつ白髪が目立たなくなっていきます。

だから、白髪染めのようにダメージもありません。

天然染料や美髪成分がたっぷりの白髪染めシャンプーを選べば、頭皮も髪もツヤツヤになって一石二鳥☆

白髪は染めたいけど、安全性が気になるという方は、ぜひ安全性が高い白髪染めシャンプーを検討してみてはいかがでしょうか?

このページでは、白髪染めシャンプーで白髪が染まる仕組みや、メリット・デメリットなどの紹介しています。

参考にしていただけると嬉しいです☆

 

 

このページで分かること

☑ 白髪染めシャンプーで髪が染まる仕組み

☑ 白髪染めシャンプーの特徴や成分

☑ 白髪染めシャンプーの安全性

☑ 髪や頭皮に優しい白髪染めシャンプーの選び方

☑ 合成シャンプーが白髪や抜け毛の原因になる理由

☑ 天然アミノ酸シャンプーの特徴や成分

☑ 白髪ケアや予防には天然アミノ酸シャンプーがおすすめの理由

 

 

白髪染めシャンプー 安全/白髪染めシャンプーで白髪が染まる仕組みは?

 

白髪染め シャンプー 利尻 安全性

画像:利尻ヘアカラーシャンプー公式サイトより

 

 

シャンプーで白髪染めができるなんて本当かな?と思いますよね。。

白髪染めシャンプーで白髪染めができる仕組みについて紹介していきます。

一般的な白髪染めは、髪のキューティクルを薬剤で開き、染料を髪の内部まで浸透させています。

しかし、白髪染めシャンプーは、白髪染めのように髪のキューティクルを開いて染料を閉じ込める方法とは異なります。

白髪染めシャンプーはさまざまな商品があり、髪や頭皮へのダメージがほとんどない天然染料を使用しているものや、合成の強い染料を使用しているものなどがあります。

白髪染めシャンプーに含まれる染料(黒やブラウン系など)は、イオンの力によって髪に吸着することで発色します。

健康な髪はマイナスイオンとプラスイオンがバランスよく存在する弱酸性の状態です。

このように髪にはマイナスイオンとプラスイオンが存在し、染料に含まれるイオンと結合することで髪に吸着します。

髪のキューティクルを開いて染料を閉じ込めるヘアカラーや一般的な白髪染めとは仕組みが全く異なりますね。

白髪染めシャンプーで着色することができることが分かっていただけたと思います。

では次に、白髪染めシャンプーを毎日使用するとどうなるのか?について説明していきますね☆

 

 

白髪染めシャンプー 安全/白髪染めシャンプーは毎日の使用で徐々に白髪が目立ちにくくなります

 

白髪染めシャンプーは、毎日使用することができます。

白髪染めは頻繁に使用すると髪や頭皮へのダメージがあるためできませんが、白髪染めシャンプーは毎日のケアに取り入れることができます。

白髪が目立ってくると目立つし、すごくストレスになりませんか?

白髪染めシャンプーなら毎日のシャンプーを変えるだけで白髪ケアができるから手軽なんです。

白髪染めシャンプーは1回で白髪が染まる即効性はありませんが、毎日使用することで徐々に白髪を染めることができます。

白髪染めシャンプーだけで白髪を染めようとすると、商品にもよりますが2~4週間ほどかかると言われています。

でも、白髪染めトリートメントや美容院でのヘアカラーと併用することで色持ちの良さを実感することができます。

白髪染めの場合は、即効性がありますが、いかにも染めた!という感じになるのは嫌・・・という方も多いですよね。

白髪染めシャンプーなら使う度に少しづつ色が定着していくので、自然に違和感なく白髪を染めることができますよ☆

 

 

白髪染めシャンプー 安全/白髪染めシャンプーは白髪染めトリートメントと併用するのが良い理由は?

 

白髪染めシャンプーは即効性はなく、使用を止めると元の髪色に戻ってしまうため、毎日のケアを継続するのがおすすめ☆

また、汚れを落としながカラーもキープするとなると、技術的にも難しいんです。

一般的なシャンプーだと、せっかくカラーをしてもシャンプーをするたびに染料が流れでてしまい、退色の原因になりますよね。

だから、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを併用することで、きれいな髪色をキープすることができます。

白髪染めトリートメントも、白髪染めシャンプーの染料と同じ仕組みで髪に吸着して発色します。

どちらも髪のキューティクルを開いてカラーを定着させているのではないので、シャンプーをすると少しづつ色が落ちてしまいます。

でも、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを併用することで、退色を防ぎ、きれいな髪色がキープできます。

美容院に行く間隔を空けたい方や、髪にダメージを与える白髪染めはなるべくしたくない方は、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの併用がおすすめです☆

 

 

白髪染めシャンプー 安全/白髪染めや白髪染めシャンプーが危険と言われる理由は?危険な成分は?

 

白髪を隠したいと思って定期的に白髪染めをしているのに、白髪染めに含まれる成分で余計に白髪が増えてしまったら・・・!??

白髪の原因は、体の錆と言われる「活性酸素」です。

食事やストレス、生活習慣などで、年齢とともに活性酸素はどんどん蓄積していきます。

白髪染めの成分には活性酸素である「過酸化水素」が配合されており、これが余計に活性酸素を増やし白髪を作ってしまうんです。

活性酸素である過酸化水素は、体内になる酵素の力で分解されますが、年齢とともに酵素の量や力が低下し活性酸素を分解できずに蓄積されてしまいます。

白髪染めに含まれる過酸化水素(活性酸素)が頭皮に蓄積されることで白髪が増えると言われています。

白髪染めが危険というのは以前から言われていたので、白髪染めシャンプーも危険なの!?と思ってしまいますよね。

白髪染めシャンプーの中には洗浄力や染色力が高い成分を使用している商品もあります。

しかし、多くの白髪染めシャンプーは天然由来の染料や美髪成分をたっぷり配合しており、髪や頭皮へのダメージはほぼ心配ありません。

髪や頭皮へのダメージを与える成分として多くの白髪染めやシャンプーにふくまれているのが「パラベン」「ジアミン」「シリコン」などです。

その他にも多くの添加物が含まれる商品が多く、髪や頭皮にダメージが大きいだけではなく、アレルギーの危険性もあります。

白髪染めや白髪染めシャンプーの商品のすべてに含まれているのではなく、安価に市販されている商品にはそのような商品が多いのです。

 

 

白髪染めシャンプー 安全/白髪染めシャンプーは天然染料や美髪成分が豊富なものを選びましょう

 

白髪染めシャンプーはたくさんの商品があり、どれを選んだら良いのか分からないですよね。

白髪染めシャンプーを選ぶときは、白髪をしっかり染める効果があるもの、髪や頭皮に優しいものを選びましょう。

ここでは、おすすめの白髪染めシャンプーを2つ紹介します。

 

 

安全性が高い白髪染めシャンプー・利尻ヘアカラーシャンプー

 

白髪染めシャンプー 安全 利尻ヘアカラーシャンプー

 

利尻ヘアカラーシャンプは「シリコン」「ジアミン系色素」「パラベン」「4級アミン」「酸化剤」「鉱物油」の6つが無添加なので安全性が高いですね☆

髪に必要なミネラルやアミノ酸をたっぷり含んだ「天然利尻昆布」を使用しているから、パサついた髪もしっとりサラサラ。

27種類の天然由来成分で頭皮や髪にも優しい◎

だから、毎日の白髪ケアに安心して使うことができます。

 

 

安全性が高い白髪染めシャンプー・黒燿シャンプー

 

白髪染め シャンプー 安全 黒燿

 

黒燿シャンプーのすごいところは、何といっても100%天然成分の白髪染めという点です。

100%天然由来だから、髪や頭皮への負担もなく、安心して毎日の白髪ケアができます☆

多くの白髪染めシャンプーは、白髪を染めるというよりも、カラーの退色を防ぐものや、白髪を予防するものが多いですよね。

でも、黒燿はカラーはブラックの1色しかありませんが、白髪を自然な黒髪に染めることができます。

無香料だから、どんな方にも使いやすいのも良いですね◎

 

 

白髪染めシャンプー 安全/合成シャンプーって何?泡立ちが良く、洗浄力が高い理由は?

 

白髪シャンプーには「白髪染めシャンプー」と「白髪予防シャンプー」の2種類があります。

白髪染めシャンプーは染料が入っているので、白髪を染めることができます。

白髪予防シャンプーは頭皮環境を整え白髪になりにくくする成分が含まれており、白髪を染めることはできません。

どちらが髪や頭皮に優しいのかは一概には言えません。

白髪染めシャンプーも白髪予防シャンプーも、どちらにも合成成分や添加物がたっぷり含まれるものもあります。

合成シャンプーは天然成分ではなく、化学物質を合成することで泡立ちをよくしたり、発色をよくすることができます。

泡立ちが良いシャンプーは頭皮もすっきりしますし、汚れがしっかり落ちて安心するかもしれません。

でも、泡立ちをよくするために合成成分が含まれていることが多いです。

合成成分の中には白髪の原因となるものがあり、シャンプーをすることで白髪が増える危険性があります。

合成シャンプーのメリットは安価なこと、泡立ちが良いこと、発色が良いことなどです。

ドラックストアにあるシャンプーのほとんどが合成シャンプーです。

白髪ケアをしたい方はドラッグストアのシャンプーではなく、頭皮や髪に優しい成分をたっぷり使ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

 

白髪染めシャンプー 安全/合成シャンプーは白髪や抜け毛、薄毛の原因になる

 

合成シャンプーには「合成界面活性剤」が含まれています。

界面活性剤は、本来は混ざり合わない水と油を混ぜる作用があります。

頭皮の汚れは皮脂による油汚れがあるので、界面活性剤が入ったシャンプーを使うと頭皮の汚れをさっぱりと洗い流すことができます。

合成界面活性剤は安価で泡立ちが良いため、多くの市販シャンプーに含まれています。

しかし、発がん性物質などの誘導な成分が含まれており、髪や頭皮だけではなく体にも悪影響を与える危険性があります。

合成シャンプーは洗浄力が高く、本来なら必要な頭皮の保湿成分を洗い流してしまいます。

頭皮や髪は乾燥することでキューティクルが乱れ、続けることで破壊されてしまいます。

キューティクルが破壊されると、髪の内部の水分や栄養素が髪の外に流れ出てしまうため、髪はパサつき痛んでしまいます。

このように髪や頭皮の環境が悪くなると髪や頭皮に栄養が行き届かなくなり、白髪や抜け毛の原因となります。

白髪が気になる方はもちろん、まだ白髪の悩みがない方にも合成シャンプーはおすすめできません。

 

白髪染めシャンプー 安全/天然アミノ酸シャンプーって何?特徴やどんな成分が入っている?

 

アミノ酸系のシャンプーは髪や頭皮に優しいと言われていますよね。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分が「アミノ酸」のシャンプーを言います。

シャンプーは洗浄成分(界面活性剤)がなければ汚れを洗い流すことができないので、さまざまな種類の洗浄成分が含まれています。

先ほどの合成シャンプーは洗浄成分が合成化学物質のシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは、人間の髪や皮膚を構成しているアミノ酸と同じ成分を使用しています。

アミノ酸は人間の肌と同じ弱酸性なので、頭皮や髪を痛めることがありません。

アミノ酸系シャンプーのメリットは頭皮や髪に優しく白髪予防に最適という点ですが、泡立ちが悪いというのがデメリットです。

アミノ酸系シャンプーの表示成分は「ラウロイルメチルアラニンNa」などのアラニン系や、「ココイルグルタミン酸Na」などのグルタミン酸系があります。

少し値は張りますが、「天然アミノ酸シャンプー」の表記があるものが安心です。

 

 

まとめ

 

白髪染めシャンプー、白髪予防シャンプーについて説明しました。

自然に白髪を染めたい方や髪や頭皮に優しく白髪染めをしたい方は白髪染めシャンプーがおすすめです。

髪や頭皮に優しいシャンプーは「利尻ヘアカラーシャンプー」と「黒燿シャンプー」がおすすめです。

利尻ヘアカラーシャンプーは4色のカラーから選ぶことができるので、明るめのカラーをキープしたい方は利尻ヘアカラーシャンプーがおすすめです。

黒燿は天然100%なので、より安全な白髪染めシャンプーを探している方におすすめです。

黒燿は、ブラックの1色しかカラー展開がないので、明るいカラーをキープしたい方は利尻ヘアカラーシャンプーのほうがおすすめです。

白髪染めではなく、白髪予防がしたい方は「天然アミノ酸系シャンプー」での予防がおすすめです。

天然アミノ酸系シャンプーはドラッグストアなどで手に入れるのは難しく、サロン専売品が多いです。

早くから白髪予防をしたい方は天然アミノ酸系シャンプーがおすすめですよ☆

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました