白髪染め トリートメント 黒 染まる

「白髪染めトリートメントって黒髪も染まるの?」

「白髪染めトリートメントって白髪以外の毛はどうなるの?」

白髪染めの商品って「白髪染め」って表記されていますよね。

白髪染めと表記されているものはすべて、白髪に色が入るように作られています。

でも!地毛(黒髪)にも多少、色が入ります。

黒髪に多少色が入っても、分かりにくいです。

白髪の量が少なく、ほとんどが黒髪の方は、黒髪にも色が入るので全体的に暗い仕上がりになることがあります。

白髪染めトリートメントを選ぶときは、白髪の量や密集している場所に合わせて色を選ぶと良いですよ☆

このページでは、白髪染めトリートメントで黒髪(地毛)はどのように染まるのか、またカラーリングした髪を黒髪に戻すことができるのかを検証しています。

ぜひ参考にして頂けると嬉しいです☆

 

 

白髪染めトリートメント 黒髪は染まる?白髪以外の髪はどうなるの?

白髪染めトリートメントに関しては、結論を言うと黒髪でも、白髪以外の髪でも染まります!なので白髪トリートメントで黒髪を染めたり、白髪以外に使えたりと、お化粧やファッション、髪型などに合わせて使い方の幅が広がります♪

そこで白髪染めトリートメントで染める前に、地毛(黒髪)はどのように染まるのか、明るく染めることができるのか、普通の白髪染め(ヘアカラー)との違いなどを知っておくと、トリートメントで白髪以外を染めるメリットが見えてきます。

また白髪の量や密集具合によって仕上げの印象が変わるので、その2つを意識して選ぶとトリートメントで自然に染められますよ!!

以下で詳しく解説します。

白髪染めトリートメントで地毛(黒髪)は染まるの?

白髪染めトリートメントは、地毛(黒髪)に使っても染まります!!ただし白髪染めトリートメントで選んだカラーが黒っぽいと、染まるには染まりますが、数回使った程度ではほぼ分からない程度にしか染まりません。でも継続して使っていると、少し髪色が暗めになってきます。

髪が暗めになると、顔の印象も暗めになってしまします。しかし、髪が暗めになると色のコントラストで肌が明るく、そして色白に見えるメリットも!つまり白髪トリートメントで髪をより暗めにすることで、お肌の透明感をゲットできます♪

それだけじゃなく、地毛がより黒くなることでリップのカラーとの相性も良くなります。なので自然とオシャレな印象に♪またブラックやダークブラウン、ライトブラウンなどの色を使うと、暗さをコントロールできますよ!

白髪染めトリートメントで地毛(黒髪)を明るく染めることはできる?

地毛(黒髪)を明るく染める場合、シエロのヘアカラーシリーズとカラートリートメントを併用して明るくする白髪染めや、利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンのような赤みのある白髪染めを選ぶと良いでしょう!

また白髪の量や密集具合によって、仕上がりの印象が異なります。そのため、白髪の量が多くて密集している部分に使いたい場合は暗めの色を選び、白髪の量が少ない場所には明るい色を選ぶと、キレイに染められます!!

なので地毛(黒髪)を明るく染める場合は、トリートメントのカラーと白髪の量、密集具合の3つを意識して選ぶと、明るく染められますよ。

普通の白髪染めの染まり方

普通の白髪染め(ヘアカラー)の染まり方は、ブリーチして髪の色を抜いてから色素を内部がに浸透させます。またトリートメントとは違って1度で染まるので、しっかりと染めたい人には普通の白髪染めがおすすめです!

しかしデメリットが2つあります。1つ目はブリーチしたことで髪がダメージを受けるため、何度も普通の白髪染めで染めていると、髪がパサパサなること。2つ目は髪色が自分の好みの髪色にならなかったときに、色を落とすのに時間がかかることです。

ただし自分の好みの髪色に染められた場合、普通の白髪染めは色持ちが良いので、1ヶ月前後は白髪をケアしなくてすむようになります!さらにカラーの種類も10~20種類ほどあるので、地毛(黒髪)を暗めに染めることも、逆に明るめに染めることも自由自在です♪

普通の白髪染めの染まり方

普通の白髪染め(ヘアカラー)の染まり方は、ブリーチして髪の色を抜いてから色素を内部がに浸透させます。またトリートメントとは違って1度で染まるので、しっかりと染めたい人には普通の白髪染めがおすすめです!

しかしデメリットが2つあります。1つ目はブリーチしたことで髪がダメージを受けるため、何度も普通の白髪染めで染めていると、髪がパサパサなること。2つ目は髪色が自分の好みの髪色にならなかったときに、色を落とすのに時間がかかることです。

ただし自分の好みの髪色に染められた場合、普通の白髪染めは色持ちが良いので、1ヶ月前後は白髪をケアしなくてすむようになります!さらにカラーの種類も10~20種類ほどあるので、地毛(黒髪)を暗めに染めることも、逆に明るめに染めることも自由自在です♪

白髪染めトリートメントの染まり方

白髪染めトリートメントの染まり方は、表面に付着することで染まります。また白髪染めトリートメントは染色力が弱いので、繰り返し使って徐々に髪を染めます!

白髪染めトリートメントで染めた場合、最初の週で3~5回使用して髪に色が定着したら、翌週から2~3回のペースで継続します。もし1週間染めないと、ほぼ色が落ちてしまします!

そのかわり白髪染めトリートメントの染まり方は、ヘアカラーと比べて染めた感がないので、少しずつ白髪が目立たなくなっていきます!!そのため白髪の量が多めで、少しずつ目立たなくしたい人におすすめです。またトリートメントなので、髪にダメージを与えずに染めることができます。

だから、髪に負担をかけずに染めたい人、徐々に髪を染めたい人、一時的に髪を染めたい人におすすめです!

 

白髪染めトリートメント 黒髪は染まる?地毛(黒髪)が暗く染まってしまう場合はどうする?

地毛(黒髪)が暗く染まってしまうのは、放置時間の長さに原因があります!ただ、毛質によっては放置時間を長くしないと、染まりにくい人も多いでしょう。

そんな場合は放置時間を規定通りに守りつつ、地毛(黒髪)を染める方法があります。それは髪が乾いた状態で使うこと、そして室温や湿度に注意して染めることです。そうすることで、暗くならないように地毛(黒髪)を染められます!

「地毛(黒髪)が暗く染まってしまったら、色を落とす方法はある?」

仮にトリートメントでカラーリングして失敗したとしても、髪を黒に戻すことはできます!ただしシャンプーを使った方法や、ぬれた髪を自然乾燥させる方法など、髪にダメージを与えてしまうデメリットはあります。しかし染めて失敗した髪を他人に見られるよりも、精神的な被害が少ないと言えるでしょう!!

 

白髪染めトリートメントを繰り返すと黒髪が暗く染まるのはどうして?

白髪染めトリートメントで髪が暗く染まるのは、放置時間を長くしすぎていることが原因です。白髪染めのトリートメントの商品のレビューを見ていても、2~3倍ほど長くして使っている人がチラホラ見かけます。確かに、放置時間を長くすると髪に色が入りやすくなるのですが、逆に染まりすぎてしまって結果的に髪色が暗くなってしまいます!

そもそも白髪染めトリートメントの染まるメカニズムとして、塩基性染料とHC染料の2つが
関係しています!塩基性染料は、髪のマイナスイオンと結合して髪の表面を染めます。そしてHC染料はプラスイオンなので、キューティクルから髪の内部に浸透して、髪の表面のマイナスイオンと結合することで髪色を定着させます。

したがって、規定よりも放置時間が長くなるとイオンの結合が増えるので、当然染まりすぎてしまいます!

 

白髪染めトリートメントで黒髪が暗く染まるのを防ぐ方法

基本的には放置時間を規定の時間通り使ったり、使用回数を減らしたりすることで暗く染まるのを防げます。ただ、髪質によっては染まりにくい人もいるかもしれません。その場合は、髪が乾いた状態で白髪染めトリートメントを使用する方法なら染料が薄まらないので、髪を染めやすくなります!

「でも私のみたいな硬い髪質だと染まりにくくて、乾いた髪でも全然染まらないし…」

室温を20~30℃に設定し、加湿器を使って湿度を高めて染めると、染まりやすくなります。もし室温を高くできない人は、髪をラップで包んでドライヤーで温めるのがおすすめです!

以上の2つを意識してみると、白髪染めトリートメントで黒髪が暗く染まるのを防げますよ。

 

 

白髪染めトリートメントで黒髪は染まる?カラーリングした髪を黒に戻すことはできる?

「カラーリングした髪を黒に戻すことはできるの?」
「暗くならないように注意して染めたけど、暗くなってしまった…」

もし白髪染めトリートメントで、暗く染まってしまった場合でも大丈夫です!以下の方法でカラーリングした髪を黒に戻すことができます。

・ 洗浄力の強いシャンプーで5回ほど洗う
・ 髪をぬれたまま自然乾燥させる
・ ドライヤーで髪を高温にする

以上の方法をするとカラーリングした髪を黒に戻せますが、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまう恐れがあります。しかしトリートメントで染めているので、髪や頭皮のダメージケアを考慮すると負担は少ないと言えます!

ただどうしてもカラーリングした髪をすぐに黒に戻したい場合、美容室で相談した方が良いでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました