[白髪染めトリートメントの使い方]簡単!効果的で上手

[白髪染めトリートメントの使い方]簡単!効果的で上手

[白髪染めトリートメント/使い方]根元や生え際までしっかり染める3つのポイント

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方/放置時間や使用頻度について

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方は、「しっかり染める」または「ナチュラルに染める」の目的に合わせて使うことです。

乾いた髪に30分ほど放置することで、1回でもきれいに色を入れることができます。

白髪染めトリートメントは市販のヘアカラーのように薬剤を混ぜたる必要がないため、ツンとした嫌な臭いもありませんし、手軽で簡単に染めることができます。

 

 

 

 

初回購入は1,000円OFFでお得!

白髪染めトリートメント売上No.1

人気の白髪染めトリートメントはこちら

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・乾いた髪に使おう

 

 

白髪染めトリートメントは濡れた髪・乾いた髪の両方に使用することができます。

しっかり染めたい時は「乾いた髪」に使用し、ナチュラルに徐々に白髪を目立たなくしたい方は「濡れた髪」に使用します。

多くの白髪染めトリートメントは天然の染料を使用しているため、キューティクルを剥がして髪の内部に染料を浸透させることができません。

天然の染料は、髪の一番外側のキューティクル付近に定着して発色します。

濡れた髪に使用すると、水分でトリートメントが薄まったり、液だれをしてしまい、カラーをしっかりと定着させることができません。

乾いた髪ならトリートメントが薄まったり、液だれする心配がないため、髪の表面にしっかりとカラーを定着することができます。

使い方のコツを知ることで、白髪染めトリートメントでも1回できれいに白髪をカバーすることができます。

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・放置時間は長め(30分程度)がおすすめ

 

 

白髪染めトリートメントの効果をアップさせるような効果的な使い方は、目的に合わせて放置時間を設定することです。

しっかりと染めたい場合は放置時間を長めに設定すると、1回で白髪をきれいにカバーすることができます。

しっかり染めたい場合は、乾いた髪に塗布し、30分ほど放置します。

まわりに気づかれないくらいナチュラルに染めたい場合は、濡れた髪に10分ほど放置します。

市販のヘアカラーなどは30分も放置すると髪へのダメージが大きくキューティクルが破壊されてしまいますが、天然の染料や植物性保湿成分を配合した白髪染めトリートメントなら、放置時間が長くても問題ありません。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・1週間に1回のリタッチをする

 

 

新しく白髪が生えてきた時に最も目立つのは、生え際や分け目ですよね。

生え際と分け目を繋ぐTゾーンに白髪があると、他人から見てもとても目立ちますし、老けて見えてしまいます。

白髪が目立つ部分のみをリタッチすることで髪全体がきれいに見え、若返ったように見えます。

髪全体を染めるのは2週間に1回程度にして、1週間に1回ほどリタッチすることで、綺麗な髪色をキープすることができますよ。

白髪染めの頻度は、髪質や白髪の量・白髪が目立つ場所など個人差があるので、自分に合ったペースで染めましょう。

全体を染めるよりもTゾーンのリタッチのみのほうが簡単ですし、手間も省けるのでストレスもありません。

 

 

 

 

 

初回購入は1,000円OFFでお得!

白髪染めトリートメント売上No.1

人気の白髪染めトリートメントはこちら

 

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]シャンプーはいつするの?トリートメント後のリンスは必要?

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方/シャンプーのタイミングやリンスの併用について

 

 

白髪染めトリートメントは乾いた髪に使用する時は前日にシャンプーを済ませておくとスムーズに染めることができますね。

濡れた髪に使用する時は、シャンプーをしてからトリートメントをします。

白髪染めトリートメントには植物性保湿成分が豊富に含まれており、リンスと同じような効果があります。

白髪染めトリートメントを使用した時はリンスをする必要はありませんので、使用方法の注意書きがない商品に関してはお好みでOKです。

 

 

 

 

初回購入は1,000円OFFでお得!

白髪染めトリートメント売上No.1

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・乾いた髪に塗布する時は前日にシャンプーを済ませよう

 

 

白髪染めトリートメントをする際のシャンプーのタイミングは、「濡れた髪に使用」なのか「乾いた髪に使用」なのかによって異なります。

1回できれいに白髪をカバーしたい人は、乾いた髪に塗布するのがおすすめなので、シャンプーのタイミングは白髪染めの後になります。

白髪染めの前にシャンプーをした後にドライヤーで充分に乾かしてから、白髪染めトリートメントを塗布します。

または、前日にシャンプーを充分に行い整髪料などはつけず過ごし、白髪染めのあとにシャンプーをしても良いですね。

ライフスタイルに合わせてシャンプーのタイミングを決めましょう。

 

 

整髪料・汗・皮脂・汚れはしっかり落としておく

 

白髪染めトリートメントを行う時は、前日にしっかりとシャンプーをして、整髪料・汗・皮脂などの汚れをしっかりと落としておきましょう。

白髪染めトリートメントは、髪表面のキューティクル付近で発色するため、汚れや皮脂などがついたままでは、カラーを定着させることができません。

前日にシャンプーをした時は整髪料はつけずに過ごし、シャンプーから白髪染めまでが長時間空かないように注意しましょう。

シャンプーからトリートメントまで長時間空いてしまうと、頭頂部などの皮脂分泌が盛んな場所は汚れてしまいます。

夏の暑い日や運動をした日などは、トリートメントの前にしっかりとシャンプーをしてドライヤーで乾かしてからトリートメントを塗ると効果的です。

 

 

 

シリコン・ポリマー配合のシャンプーは避ける

 

白髪染めトリートメントは、市販の白髪染めやヘアカラーとは異なり、髪表面に染料を定着させて発色します。

市販のシャンプーに多く含まれているシリコンやポリマーは、キューティクルに膜をはりコーティングすることで手触りの良い綺麗な髪に仕上げてくれます。

でも、白髪染めトリートメントは髪表面のキューティクル付近で発色するため、キューティクルがコーティングされていると、綺麗にカラーが定着できないのでしっかりと発色することができません。

一般的なシャンプーにはシリコンやポリマーが入っているため、白髪染めトリートメント専用のシャンプー・ヘアマニキュア専用シャンプー・アミノ酸系シャンプーなど、シリコンやポリマーが配合されていないシャンプーを選びましょう。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・濡れた髪に塗布する時はトリートメント前にシャンプーしよう

 

 

ナチュラルに白髪をカバーしたい方は濡れた髪にトリートメントを塗布するのがおすすめです。

濡れた髪に使用する時は、トリートメントを塗布する前にシャンプーをします。

濡れた髪に使用する時は、一般的なトリートメントと同じように使用します。

 

 

シリコン・ポリマー配合のシャンプーは避ける

 

濡れた髪に白髪染めトリートメントを塗布する時は、トリートメント前にシャンプーを行いますが、シリコンやポリマーが配合されてるシャンプーは色持ちや発色が悪くなるので辞めたほうが良いですね。

市販のシャンプーにはシリコンやポリマーが配合されている商品がほとんどです。

白髪染めトリートメントの発色や色持ちをアップしたい方は、ノンシリコンタイプのシャンプーを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

トリートメントとして10分程度放置する

 

白髪染めトリートメントは、一般的なトリートメントとして使用するときは、シャンプーの後に白髪染めトリートメントを塗布し、10分ほど放置時間をとると効果的です。

白髪染めトリートメントには天然由来の植物成分が豊富なため、放置時間を長くとっても髪を傷めることがありません。

白髪染めトリートメントは放置時間が長いほうが染料がしっかりと定着するため、きれいに白髪をカバーすることができます。

天然保湿成分の効果で髪や頭皮にたくさんの美容成分を届けることができ、ダメージを受けたキューティクルを整えることができます。

キューティクルが整うと、髪の内部の栄養素や水分が流出するのを防ぎ、外部の刺激から髪を守ることができます。

またキューティクルが整うことで白髪染めトリートメントを均一に塗布することができ、色ムラの防止に繋がります。

 

 

 

 

濡れた髪の使用なら自然に白髪をカバーできる

 

濡れた髪での使用は、徐々に自然に染めたい人にピッタリです。

濡れた髪にトリートメント代わりとして使用する場合は、毎日でも使用することができますが、白髪が目立ってきたときだけでも効果的です。

濡れた髪はキューティクルが開きやすくなっていることや、マイナスイオンを帯びていることなどから、小さな分子の染料がキューティクルの隙間から髪の内部に浸透することができます。

白髪染めトリートメント売上No.1の利尻ヘアカートリートメントは、キューティクルをすり抜けるナノサイズの染料を使用することで、髪の内部にまでカラーを浸透させることができます。

白髪染めトリートメントを選ぶときは、キューティクルの内部に浸透できるナノサイズの染料を使用しているものを選ぶと効果的です。

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・トリートメント後のリンスはお好みで使用OK

 

 

 

白髪染めトリートメントを使用後は、リンスをする必要はありません。

でも、リンス併用不可の注意書きがない商品に関しては、白髪染めトリートメントを使用後にリンスをしても全く問題はありません。

ほとんどの白髪染めトリートメントはリンスとの併用が可能です。

トリートメント後にリンスを使用することで、より手触りの良い髪になります。

 

 

 

トリートメント後のリンスは不要な白髪染めトリートメントが多い

 

リンスはキューティクルを保護して、髪の内部の栄養や水分が流出しないようにコーティングする働きがあります。

市販のリンスは化学成分によりキューティクルを保護して、外部からの刺激による髪のダメージを予防する効果があります。

白髪染めトリートメントは、天然の保湿成分が豊富に含まれており、キューティクルをケアすることで水分を含んだ艶のある髪に改善することができます。

白髪染めトリートメントに含まれる保湿成分と、リンスに含まれる保湿成分は同じ役目があるため、白髪染めトリートメントの後にリンスをする必要はありません。

ほとんどの白髪染めトリートメントは、「白髪染めトリートメント後はしっかりと洗い流してください」との注意書きはありますが、リンスやそのほかのトリートメントで仕上げてくださいなどの表記はありません。

 

 

白髪染めトリートメントとリンスを併用しても問題はない

 

白髪染めトリートメントはリンスと同じような効果を持つため併用の必要はありません。

でも、トリートメントの後にリンスを使用しても全く問題ありません。

リンスやトリートメントの目的はキューティクルを整えることで髪の内部にしっかりと水分や栄養素を蓄えられるようにすることです。

また、リンスにはキューティクルをコーティングする働きがあるため、使用後は指通りが良くなります。

白髪染めトリートメントの後のリンスはお好みで、併用してもしなくても特に問題はありません。

 

 

 

白髪染めトリートメント後にリンスを併用すると指通りが良くなる

白髪染めトリートメントには植物性の保湿成分が豊富に含まれています。

髪の内部の栄養素や水分を流出させない美容成分が含まれている商品なら、保湿成分が髪の内部まで浸透しキューティクルを整えることができます。

水分や栄養素を流出させない美容成分は、海藻エキスやヒアルロン酸・コラーゲンなどの成分です。

特に海藻エキスを使用した白髪染めトリートメントは、粘り気の中に含まれるアミノ酸・ミネラル・フコイダンなど、髪や頭皮に潤いを与える効果が期待できます。

白髪染めトリートメントを使用した後はリンスをする必要はありませんが、トリートメントとリンスを併用することで、より指通りのよい髪に仕上げることができます。

市販のリンスには界面活性剤などの化学成分が含まれているため、使用感はとても良いのですが、髪や頭皮に悪影響となります。

白髪染めトリートメントを使用している方は、発色や色持ちをアップする専用のリンス(コンディショナー)を併用することをおすすめします。

白髪染めトリートメント売上No.1の利尻ヘアカラートリートメントは、専用のシャンプー・コンディショナーが用意されています。

もちろん白髪染めトリートメントのみを使用しても効果が期待できますが、白髪染め専用のシャンプー・リンスを併用することで、発色・色持ちアップが期待できます。

 

 

 

利尻ヘアカラートリートメントの公式サイトを見る

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・トリートメント後はシャンプーは不要

 

 

白髪染めトリートメントは、お湯で充分にすすぐことできれいに落ちるため、トリートメント後のシャンプーは必要ありません。

トリートメント後はシャンプーをしないと落ちていない感じがして気持ちが悪い・・・という方はシャンプーをしても問題はありません。

白髪染めトリートメントは天然の染料を使用しているため、頭皮や顔まわりにトリートメント剤がついてしまっても、お湯で綺麗に洗い流すことができますよ。

市販や美容院の白髪染めは、頭皮や顔まわりについてしまうと着色してしまうため、根元ギリギリまで塗るのが難しいのですが、白髪染めトリートメントは根元や生え際にもたっぷり乗せることができますよ。

 

 

白髪染めトリートメントはお湯だけで充分に落とせるためシャンプーは不要

白髪染めトリートメントを普段のトリートメント代わりに使う場合は、シャンプー後にトリートメントを塗布し、その後のシャンプーは不要です。

濡れた髪に使用する場合は、先にシャンプーを行ってからトリートメントを行います。

しっかり染めたい場合は乾いた髪に塗布し、お湯でしっかり洗い流してからシャンプーをします。

これはお湯では充分に落ないからという理由ではなく、乾いた髪の場合はシャンプーの前にトリートメントを塗布するためです。

白髪染めトリートメントを塗布した後にシャンプーをするとカラーが流れてしまうと思われる方もいますが、白髪染め専用のシャンプーやノンシリコンシャンプーを使用することで色落ちを防ぐことができます。

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・シリコンやポリマー配合のシャンプーに注意

 

 

市販のシャンプーには化学成分のシリコンやポリマーが含まれています。

これらはキューティクルをコーティングし、髪の内部の栄養素や水分が流出しないようにする働きがあります。

化学成分のため髪への悪影響も指摘されていますが、キューティクルを保護する働きがあるため、特に問題ないとする意見もあります。

白髪染めトリートメントとシリコン・ポリマー配合のシャンプーは相性が悪いのが問題です。

白髪染めトリートメントを使用中は、白髪染め専用のシャンプーを使用することをおすすめします。

 

 

 

市販のシャンプーのデメリット・シリコンやポリマー配合のシャンプーは色落ちの原因になる

 

市販のシャンプーには化学成分のシリコンやポリマーが配合されています。

これらは髪の手触りを良くしたり、髪のキューティクルを保護する働きがありますが、白髪染めトリートメントの発色・色持ち低下の原因ともなります。

白髪染めトリートメントは天然の染料を使用しており、髪の外側のキューティクル付近で発色します。

そのため、キューティクルをコーティングする働きのあるシリコンやポリマー配合のシャンプーを使用すると、染料が乗りにくくなります。

シリコンやポリマー配合のシャンプーは洗浄力がとても高く、髪表面の汚れをしっかりと洗い流します。

つまり、髪表面に染料を乗せるタイプの白髪染めトリートメントのカラーは、シリコン・ポリマー配合のシャンプーを使用すると取れてしまうのです。

色持ち・発色アップのためには、シリコン・ポリマーが配合されていないものを選びましょう。

 

 

 

シリコンとは

多くの市販シャンプーに含まれるシリコン(シリコーン)は、ケイ素を元にして作られ人工化合物です。

「シリコン入りのシャンプーは髪に悪い」というイメージを持っている方も多いと思います。

なぜ多くのシャンプーにシリコンが含まれているかと言うと、シリコンは髪(キューティクル)をコーティングし、外部からの刺激を防いだり、髪の内部の栄養素や水分が流出しないようにするこができるからです。

髪をコーティングすることで髪や頭皮は水分を保つことができるため潤いが出て、艶も出てきます。

またキューティクルが整うことで手触りの良い髪になります。

シャンプーに含まれるシリコンは、シリコンオイルが使われています。

つまり、オイルで髪に蓋をして髪や頭皮をダメージから守っているのです。

白髪染めトリートメントは、髪の表面(キューティクル付近)に染料を定着させて発色しているため、シリコン配合のシャンプーを使用すると発色や色持ちが悪くなります。

シリコン配合のシャンプーが悪いというのではなく、白髪染めトリートメントとの相性が悪いということです。

白髪染めトリートメントの発色・色持ちアップには、ノンシリコンシャンプーを使用することをおすすめします。

ノンシリコンシャンプーには、アミノ酸系シャンプー・白髪染め専用シャンプー・ヘアマニキュア用シャンプーなどがあります。

 

 

 

ポリマーとは

ポリマーは市販のシャンプーに多く含まれる人工化合物です。

ポリマーは化学的に合成された高分子化合物が複数集まって作られたものです。

合成ポリマーは化粧品やヘアケア用品などに幅広く使用されており、シリコンも合成ポリマーの一種です。

シャンプーにポリマーが配合されているのは、強い洗浄力や髪のコーティングの目的です。

とても高い洗浄力を持つため、髪表面や頭皮の汚れをさっぱりと落とすことができます。

また、髪の表面をコーティングする働きがあるため外部刺激による髪のダメージを予防することができます。

ポリマーの高い洗浄力は、すっきり爽快感がありますが、必要な皮脂まで洗い流してしまい頭皮や髪は乾燥しやすくなります。

乾燥しやすくなった髪をコーティングすることで髪のダメージを予防していますが、髪本来の美しさとは真逆の状態と言えます。

髪は必要な皮脂を洗い流すことで余計に皮脂を分泌させようとするため、皮脂が過剰な状態となり毛穴詰まりを起こしやすくなります。

毛穴詰まりが起きると髪に栄養や水分が充分に送ることができないため、薄毛や抜け毛の原因となることもあります。

将来的に薄毛や抜け毛の原因となり得る化学成分は、なるべく避けたいですね。

また、合成ポリマーは白髪染めトリートメントと相性が悪く、発色や色持ちを低下させます。

白髪染めトリートメントを使用するときは、合成ポリマー(シリコン)配合のものは避けノンシリコンシャンプーを使用すると発色や色持ちがアップします。

白髪染め専用シャンプーやヘアマニキュア用シャンプーもおすすめです。

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・ノンシリコンシャンプーを使う

 

 

 

白髪染めトリートメントの発色・色持ちアップのために、ノンシリコンシャンプーを使用することをおすすめします。

市販のシャンプーの多くにはシリコンが配合されており、白髪染めトリートメントの発色や色持ちを低下させます。

市販のシャンプーと白髪染めトリートメントは相性が悪いのです。

白髪染めトリートメントを使用中は、ノンシリコンシャンプーや白髪染め専用シャンプーを使用すると、発色や色持ちがアップしますよ。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーとは

 

 

最近ではよく耳にするようになったノンシリコンシャンプーは、文字通りシリコンが配合されていないシャンプーです。

シリコンは髪をコーティングすることでダメージを予防する効果や、髪に艶を出したり手触りをよくする効果があります。

でも、白髪染めトリートメントの発色方法とは相性が悪く、併用することで発色や色持ちが低下します。

 

 

 

アミノ酸系シャンプーとは

アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸系洗浄成分が配合されたシャンプーです。

市販のシャンプーの多くは強い洗浄力を持つ合成ポリマーが配合されています。

合成ポリマーは洗浄力が強く、必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

アミノ酸系洗浄成分は、人間の体を構成するアミノ酸と同じ成分でできているため、肌の状態と同じく弱酸性の性質を持っています。

弱酸性のアミノ酸系洗浄成分は、必要な皮脂は残し、髪や頭皮の汚れのみを洗い落としてくれます。

つまり、髪を本来の綺麗な状態に導いてくれる洗浄成分と言えますね。

市販のシャンプーの多くに洗浄力の高い合成ポリマーが配合されているのは、原料が安く低コストで作ることができるからです。

アミノ酸系洗浄成分は原料が高価なため、市販のシャンプーに比べると高いのがデメリットと言えます。

アミノ酸系シャンプーは白髪染めトリートメントとの相性がよく、発色や色持ちを低下させることがありません。

白髪染めトリートメントを使用しても色が入りにくい人や、すぐに色落ちしてしなう人はアミノ酸系シャンプーに変えてみるのも良いですね。

 

 

 

 

ヘアマニキュア専用シャンプーとは

白髪染めトリートメントはヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、市販や美容院の白髪染めのように髪の内部に染料を浸透させて発色させるのではなく、髪の表面にカラーをコーティングしている状態です。

そのため、洗浄力の強いシャンプーや髪をコーティングする成分の入ったシャンプーを使用すると、発色や色持ちが悪くなります。

ヘアマニキュア用シャンプーは、ヘアマニキュアの色持ちをよくするシャンプーです。

ヘアマニキュア用シャンプーは、合成ポリマーなどの洗浄力の強い洗浄成分は使用されていません。

洗浄力の高いシャンプーを使用すると髪の表面にコーティングしたヘアマニキュアが流されてしまい発色や色持ちが悪くなります。

ヘアマニキュア用シャンプーには頭皮や髪に優しい洗浄成分であるアミノ酸系洗浄成分が使用されています。

つまり、ヘアマニキュア用シャンプーはアミノ酸系シャンプーとも言えますね。

アミノ酸系シャンプーには、タウリン・グルタミン・アラニン・サルコシンなどのアミノ酸系洗浄成分が配合されています。

白髪染めトリートメントは、合成ポリマー配合のシャンプーとの相性が悪いため、市販のシャンプーはほとんどが相性が悪いと言えます。

それほどに合成ポリマー配合のシャンプーは出回っています。

白髪染めトリートメントをしても色持ちや発色が悪いという方は、ヘアマニキュア用シャンプーを使用してみると良いですね。

 

 

 

 

白髪染めトリートメント売上No.1

初回購入1,000円OFFでお得

人気の白髪染めトリートメントはこちら

 

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]基本的な使い方・部分染めの方法・しっかり染める方法

 

白髪染めトリートメントの使い方・部分染めや基本的な使い方について

 

 

白髪染めトリートメントの使い方で色ムラなくきれいに染める方法を紹介します。

生え際や根元など染まりにくい部分をきれいに染める方法や、部分染めのコツについてまとめました。

1回でしっかり染めるポイントは「トリートメントを密着させる」ことです。

シャワーキャップやドライヤーの温風で温めることで、トリートメントがしっかりと密着しカラーが定着します。

 

 

 

 

白髪染めトリートメント売上No.1

初回購入は1,000円OFFでお得

人気の白髪染めトリートメントはこちら

 

 

 

白髪染めトリートメントの使い方・基本的な手順について

 

 

白髪染めトリートメントの使い方のコツを紹介します。

基本的な手順や、乾いた髪・濡れた髪での使い方、部分染めの使い方などを分けて紹介します。

しっかり染めたいときは乾いた髪の使い方を参考にしてください。

ナチュラルに染めたいときは濡れた髪の使い方を参考にしてください。

 

 

 

 

白髪染めトリートメント売上No.1

初回購入は1,000円OFFでお得

人気の白髪染めトリートメントはこちら

 

 

 

白髪染めトリートメントの手順1・シャンプー

 

白髪染めトリートメントをする場合は、頭皮や髪に付着した汚れ・皮脂・整髪料などをシャンプーできれいに洗い流します。

乾いた髪に塗布するときと、濡れた髪に塗布するときは、シャンプーの順番が異なります。

しっかり染めたいのか、ナチュラルに染めたいのか、目的に合った使い方を選びましょう。

しっかり染めたいときは乾いた髪にトリートメントを塗布します。

乾いた髪に使用するときは、シャンプーの前に塗布します。

ナチュラルに染めたいときは濡れた髪に塗布します。

普段通りにシャンプーをした後にトリートメントを塗布します。

 

 

 

 

乾いた髪での使用は前日にシャンプー

 

しっかり染めたいときは乾いた髪にトリートメントを塗布します。

整髪料や汗・汚れなどがついていない綺麗な髪に塗布します。

前日にシャンプーをした場合は整髪料などはつけないようにしましょう。

乾いた髪に使用するときは、トリートメントを塗布し30分ほど放置してからシャンプーで洗い流します。

 

 

 

濡れた髪での使用はシャンプー後にトリートメント

 

ナチュラルに染めたい場合は濡れた髪に塗布します。

いつも通りにシャンプーをしてからトリートメントを塗布します。

トリートメント前にシャンプーをするときは、髪をコーティングするシリコン配合のシャンプーを使用すると、白髪染めのカラーが定着しません。

事前にシャンプーをするときは、ノンシリコンシャンプーや、白髪染め専用シャンプーを使うことをおすすめします。

 

 

 

白髪染めトリートメントの手順2・全体またはリタッチする部分に塗布

 

白髪染めトリートメントで発色・色持ちアップする方法は、トリートメントをたっぷりと満遍なくつけることです。

特に染まりにくい根元や生え際にはたっぷりとトリートメントをつけます。

全体を染めるときは、染まりにくい場所から順番につけていくと綺麗に染まります。

顔周り・生え際・根元などの染まりにくい場所から順番につけていきましょう。

髪の表面の白髪が伸びて目立っている部分からつけましょう。

クシの柄で少しずつ髪をすくいながら、髪の内側にぬっていきます。

髪の内側はムラになりやすい部分なので、細かくブロッキングし少量の毛束に少しずつトリートメントを塗っていきます。

生え際・根元・顔周りは白髪が目立ちやすい場所でもあり、このTゾーンの部分だけでもしっかりと染まっていると全体が綺麗に染まっているように見えます。

白髪が目立つ場所に数本の白髪があるだけでも目立ちますし、年齢よりも老けて見えてしまいます。

特にTゾーンはトリートメントをたっぷりとつけ、しっかりとカラーを定着させましょう。

 

 

 

 

トリートメントの使用量・ショート/ピンポン玉1個分(利尻ヘアカラートリートメントの場合)

 

ショートで全体を染めるときのトリートメント使用量はピンポン玉1個分です。

ショートの場合は髪が短くブロッキングがしにくいですが、小さなクリップなどを使い、細かくブロッキングしましょう。

トリートメントを塗布したら全体にムラなく伸びるように、両手を使って揉み込むようにします。

揉み込んだらもう一度、生え際や根元・顔周りなどの染まりにくい場所をコームでなでるようにします。

特にTゾーンにはトリートメントをたっぷりつけるようにしましょう。

 

 

 

 

トリートメントの使用量・セミロング/ピンポン玉2個分(利尻ヘアカラートリートメントの場合)

 

セミロングで全体を染めるときのトリートメント使用量はピンポン玉2個分です。

セミロングはショートに比べて髪が長いため、トリートメントを塗布する前にしっかりとクシでとかし、トリートメントが均一に乗るようにしましょう。

髪を細かくブロッキングしながら、白髪が伸びて目立っている部分のみに塗布します。

その後はブロッキングしながら、髪全体を撫で付けるように、トリートメントを毛先まで塗っていきます。

全体的に濡れたら両手を頭に置き、頭全体を揉み込みトリートメントがムラなくつくようにしましょう。

 

 

 

 

 

トリートメントの使用量・ロング/ピンポン玉3個分(利尻ヘアカラートリートメントの場合)

 

ロングで白髪染めをするときの使用量はピンポン玉3個分です。

利尻ヘアカラートリートメントは、容器がボトルタイプなので少量ずつ調整しながら出すのが難しいです。

チューブタイプなら1プッシュで適量が出ますが、ボトルタイプの場合は注意が必要です。

ロングヘアの場合は全体にまんべんなく塗るのにコツがいります。

特にうなじや、後頭部は見にくく塗りムラが出やすいです。

後頭部・即頭部・前頭部に分けて、さらにそれぞれの部位を細かくブロッキングすると塗りムラになりにくいです。

三面鏡を使うと後頭部まで見やすくなります。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの手順3・10~30分ほど放置

 

白髪染めトリートメントは多くの商品は濡れた髪・乾いた髪の両方に使用することができます。

濡れた髪に使用するときの放置時間は10分程度の商品が多いですね。

乾いた髪に使用するときの放置時間は30分程度の商品が多いです。

濡れた髪に使用するときは普段通りにシャンプーをして、トリートメントとして塗布し10分放置します。

乾いた髪に使用するときは整髪料・汗・皮脂などがない綺麗な髪に塗布し30分放置したあと、シャンプーをします。

しっかり染めたいときは乾いた髪に、ナチュラルに染めたいときは濡れた髪に塗布しましょう。

 

 

 

乾いた髪/しっかり染めたい時の放置時間

 

しっかり染めたい場合は乾いた髪に塗布し、30分ほど放置します。

目安の放置時間は30分ほどですが、染まりにくいと感じるからは40分・50分・60分と放置時間を長くしてみましょう。

放置時間が長いほうがカラーがしっかり定着するため、発色・色持ちがアップしますよ。

髪質や塗布する環境(室温や湿度など)によってカラーの定着には個人差があるため、放置時間は30分を目安に、自分に合った放置時間で行いましょう。

白髪染めトリートメントの主成分は植物由来の保湿成分です。

市販や美容院の白髪染めには化学成分が含まれているため長く放置すると髪のダメージが強くなってしまいます。

でも、白髪染めトリートメントは髪に優しい成分が豊富に含まれているため、放置時間が長くても髪へのダメージはありません。

 

 

 

濡れた髪/自然に染めたい時の放置時間

 

自然に染めたいときは濡れた髪に10分ほど放置します。

濡れた髪に使用する場合は1回で綺麗に白髪をカバーすることはできません。

使うたびに白髪を徐々に染めることができるので、周りの人が気づかない間に自然に染まるため違和感がありません。

濡れた髪に使用するときは、トリートメントが水分で薄まったり液だれしてしまうため、カラーが定着しにくいのです。

そのため、濡れた髪に使用するときは放置時間を長くしても、発色や色持ちアップは期待できません。

濡れた髪で使用して発色や色持ちに満足しないという方は、乾いた髪に30分程度の放置時間にしたほうが良いかもしれませんね。

 

 

 

白髪染めトリートメントの手順4・色水がなくなるまでしっかりすすぐ

 

白髪染めトリートメント使用後は、色水がなくなるまでしっかりすすぎましょう。

頭皮や髪についたトリートメントはお湯で充分に落とすことができます。

乾いた髪に使用した場合は、トリートメント後にシャンプーをしましょう。

濡れた髪に使用した場合は、トリートメント後のシャンプーは必要がありません。

トリートメント後にシャンプーをしてすっきりしたいという方は、シャンプーをしても特に問題はありません。

色水がなくなるまでしっかりすすぐことで、タオルや服への色落ちを防ぐことができます。

 

 

白髪染めトリートメントの手順5・ドライヤーでしっかり乾かす

 

トリートメント使用後は髪をしっかりと乾かしましょう。

濡れた髪はキューティクルが開きやすい状態のため、髪の内部に浸透した保湿成分や染料が落ちやすくなります。

トリートメントを使用した日はしっかりと色を定着させるために、ドライヤーで充分すぎるほど乾かしましょう。

髪は乾いた状態ではキューティクルが閉じるため、髪の内部の栄養素や水分が流出しにくくなります。

 

 

 

白髪染めトリートメント使用の注意点1・発色や色持ちが悪いと感じた時は?

 

 

白髪染めトリートメントの発色や色持ちは個人差が大きいようです。

髪質や白髪の量・トリートメントの使用環境(室温や湿度など)などによって、発色や色持ちに影響が出ます。

発色・色持ちをアップさせるコツは、乾いた髪に塗布することと、放置時間を長めにすることです。

初めて使用するときは発色や色持ちが分からないので、説明書通りの使用方法を試してみましょう。

 

 

 

発色・色持ちが悪いと感じたら/2回目は放置時間を長くする

 

白髪染めトリートメントを初めて使用して発色・色持ちが悪いと感じた方は、2回目は放置時間を長くして様子をみましょう。

白髪染めトリートメントが染まりにくいと感じる理由はさまざまありますが、放置時間が短いとカラーがしっかり定着しないため発色・色持ちが低下します。

放置時間を長めにしても発色・色持ちが悪いと感じる場合は、カラー選びが悪い場合もあります。

白髪は明るめのカラーは入りにくいので、ワントーン暗めの色に変更することで、発色・色持ちをアップすることができます。

発色・色持ちが悪いと感じる場合は、まずは放置時間を長めにして様子を見てから、必要があればカラーをワントーン暗めのものに変更してみましょう。

 

 

 

発色・色持ちが悪いと感じたら/乾いた髪に塗布する

 

白髪染めトリートメントは濡れた髪・乾いた髪の両方に使えるものが多いですね。

濡れた髪と乾いた髪ではカラーの定着が異なり、乾いた髪の方がカラーがしっかり定着します。

発色や色持ちが悪いと感じたら、乾いた髪に使用するようにしましょう。

乾いた髪に使用するときは、整髪料・汚れ・皮脂がついた状態では、カラーをしっかり定着させることができません。

前日にしっかりとシャンプーをしておくか、事前にシャンプーをして充分に乾かしてからトリートメントを塗布します。

事前にシャンプーをする場合は根元をしっかり乾かすようにしましょう。

髪にオイルのトリートメントを使用している方は白髪染めの前に塗布するのはやめましょう。

オイルは髪の表面をコーティングするため、白髪染めのカラーを定着させることができなくなってしまいます。

 

 

 

発色・色持ちが悪いと感じたら/ノンシリコンシャンプーを使用する

 

白髪染めトリートメントは発色・色持ちが悪いと感じるときは、普段使っているシャンプーが原因となることがあります。

市販のシャンプーの多くはシリコンなどの合成成分が配合されており、髪の表面をコーティングして艶を出したり、手触りをよくする効果があります。

でも、白髪染めトリートメントは髪の表面のキューティクル付近にカラーを定着させて染色するため、髪がコーティングされているとカラーがしっかりと定着することができません。

トリートメントを使用するときは、シリコンなどが配合されていない白髪染め専用シャンプーやアミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。

 

 

 

白髪染めトリートメント使用の注意点2・ビニール袋を使用する

 

 

白髪染めトリートメントは付属の手袋がないものもあります。

手袋を使用する目的は、手への色移りを防止するためです。

手はシワが多く、爪の隙間に入り込むと石鹸を使ってもなかなか綺麗に洗い落とすことができません。

手に色移りすると、薄い茶色に染まってしまい、肌がトーンダウンしてしまいます。

手の色移りを防止するためにも、付属の手袋を使用することをおすすめします。

 

 

 

手への色移りを防止する/濡れた手で塗布する

 

付属の手袋を使用することをおすすめしますが、素手で塗る場合は手を濡らして使いましょう。

手を濡らすことで手への色移りを防止することができます。

付属の手袋がない場合は、薄手の使い捨て手袋を使用しましょう。

市販の手袋はパウダーがついているタイプもあるので、パウダーなしの薄手のものがおすすめです。

薄手の手袋なら、手の感覚がしっかりと残るので、細かい作業にも対応できますが、厚みのある手袋だと手の感覚が鈍り細かい作業がしにくくなります。

説明書には素手で使用しても大丈夫を書かれていますが、その後の手間を考えると手袋を使用するのが無難です。

 

 

 

まんべんなく塗布したら全体を揉み込むようにマッサージする

 

全体にまんべんなくトリートメントを塗布することで色ムラを防止することができます。

髪の内側・うなじ・後頭部などは、塗りにくい部分であり色ムラになりやすいです。

自分で髪の内側やうなじ・後頭部などにトリートメントを塗布しても多少のムラはできてしまいます。

全体的に塗布した後は、頭全体を揉み込むようにマッサージをすると、染めにくい場所にも均等にトリートメントをつけることができますよ。

 

 

 

白髪染めトリートメントの使い方のポイント1・シャワーキャップの使用で浸透力アップ

 

白髪染めトリートメントの発色・色持ちアップのポイントは、保温をしながら染めることです。

髪は皮膚とは違い体温調整をすることができないため、気温と同じ温度になります。

気温(髪の温度)が低ければキューティクルは閉じてしまい、カラーを浸透させることができません。

キューティクルが開きカラーや保湿の成分が浸透しやすくなる温度は、30~60度です。

トリートメント塗布後は、髪の温度が30~60度になるようにシャワーキャップをして保温をしましょう。

 

 

 

白髪トリートメントを温めると染まりが良くなる理由

 

 

白髪は太毛、硬毛で染まりにくい髪質なので温めると染めやすくなります。

 

白髪用利尻ヘアカラートリートメントは、保温するとよりキレイに仕上がる性質がありますので、ヘアキャップをご使用頂くとより効果的です。ヘアキャップが無い場合は、家庭用のラップでも代用頂けます。短髪の場合やこめかみ等、色がつきにくい部分にもお試しください。

引用元:利尻ヘアカラー公式サイト

 

美容院でもカラーリングの際は、専用の機械で髪の毛をあたためた経験がある方もいると思います。

一般的に、髪の毛は温めることで白髪に限らず染まりが良くなります。

自宅では専用の機会がありませんので、ラップとドライヤーを使うのが一般的です。

どうしても染まらないときは、白髪トリートメントによっては専用のキャップがあるのでそちらを検討してください。

 

 

 

頭皮や髪を温めると浸透力がアップする

 

頭皮や髪を温めるとトリートメント剤が浸透しやすくなるのは、髪のキューティクルが開きやすくなるからです。

白髪染めトリートメントは天然の染料と合成染料を使用しており、合成染料は開いたキューティクルの隙間から髪の内部に浸透して発色をします。

髪の表面で発色するよりも、髪の内部まで浸透して発色した方が、色持ちはよくなります。

髪のキューティクルは閉じたり開いたりしており、気温が低い状態では髪も冷たくなるためキューティクルは閉じてしまいます。

温度を高くすると髪も温まるためキューティクルが開き、カラーや保湿成分が浸透しやすくなります。

髪のキューティクルが開く最適の温度は30~60度と言われています。

お風呂に浸かりながらトリートメントをするとしっかり染まるのは、浴室の温度が高いため髪が保温されキューティクルが開くことでカラー剤が浸透しやすくなるためです。

白髪染めトリートメントを塗布したら、シャワーキャップやラップをして髪を保温しましょう。

キューティクルが開く効果と、髪の温度が一定になることで色ムラを防ぐ効果も期待できますよ。

 

 

 

アルミ素材のシャワーキャップがおすすめ

 

アルミは保温効果が高い素材ですね。

100均などに売っているビニール製のシャワーキャップでも保温効果はありますが、アルミの保温効果には劣ります。

保温効果が高い方が、髪の温度が一定になるため色ムラを予防することができます。

頭部は部位によって温度が異なり、頭頂部が最も温度が高く、うなじなどは温度が低くなっています。

髪にも温度差が生じ、頭頂部付近の髪は温度が高く、うなじ付近の髪は温度が低くなります。

温度差によってトリートメントの浸透力が異なり、温度が高い方がキューティクルが開きやすくトリートメント剤が浸透しやすくなります。

そのため、頭全体を保温することで部位による温度差をなくし、色ムラを防止することができます。

アルミキャップは高い保湿効果があるので、発色アップ・色ムラ防止に繋がります。

 

 

 

白髪染めトリートメントの使い方のポイント2・根元や生え際はクシを使う

 

 

白髪染めトリートメントを購入すると付属のコームがセットされています。

付属のコームは目が荒いのですが、刷毛のような目の細かいタイプのクシを使うことでトリートメントを均等に塗ることができます。

目の細かいクシがない場合は、100均に売られている刷毛でも問題ありません。

 

 

 

根元や生え際など染まりにくい部分はクシを使う

 

根元や生え際は染まりが悪い部分です。

根元や生え際の髪は新しく生えてきた毛なので、痛みが少なくキューティクルが整っている状態です。

キューティクルが整っているため、隙間からトリートメントを浸透させることが難しいので、なかなか染まらないのです。

また生え際や根元の白髪は浮いて生えていることが多いので、コームや刷毛などで撫で付けることでしっかりと色を定着させることができます。

根元や生え際などの染まりが悪い部分は特にクシや目の細かい刷毛を使って、トリートメントが均一になるように塗布します。

 

 

 

 

染まりにくい部分は細かくブロッキングして少しずつ塗布する

 

生え際や根元は染まりにくい部分ですが、細かい毛束にブロッキングすることでまんべんなくトリートメントを塗布することができます。

ブロッキングするときは柄の長いクシがあると便利です。

100均で柄の長いクシや、ブロッキングに使うクリップなどを購入し使い捨てにすると、洗う手間もなく便利ですね。

ブロッキングのコツは細かい毛束で作ること、頭頂部・即頭部・後頭部をそれぞれ分けてブロッキングすることです。

特に生え際や根元にトリートメントを塗布するときは、細かい毛束をすくいながらコームや刷毛で少しずつトリートメントをつけていきます。

細かい毛束をしっかりと引っ張り上げ、裏表の両方からトリートメントをつけるとムラになりません。

 

 

 

 

白髪染めトリートメント売上No.1

初回購入は1,000円OFFでお得

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]乾いた髪・濡れた髪/いつどこで使う?

 

 

白髪染めトリートメントの使い方のコツについて紹介します。

乾いた髪・濡れた髪では、いつどこで使うのか異なります。

 

 

白髪染めトリートメントはいつでこで使う?/乾いた髪での使用

 

 

 

乾いた髪に使用するときの方法について紹介します。

乾いた髪に使用するときは、髪がしっかり保温できることが発色・色持ちアップのポイントです。

 

 

乾いた髪なら部屋や浴室でこでも使える

 

白髪染めトリートメントを乾いた髪に使用するときは、部屋や浴室などどこでも自由に使うことができます。

トリートメントタイプの白髪染めは、泡や液体タイプの白髪染めに比べて液だれがしにくいため、部屋で使用しても部屋や服が汚れてしまう心配はありません。

部屋で染める場合は、髪をしっかり保温できるように工夫が必要です。

お風呂で染める場合は、浴室内の温度は部屋に比べると高いので、髪を保温することができます。

髪は30~60度になるとキューティクルが開きカラーが浸透しやすくなるため、寒い場所で染めるのはおすすめできません。

冬の寒い日に部屋で使用する場合などは、エアコンやヒーターで部屋を温め、ラップやシャワーキャップを使って髪を保温することをおすすめします。

 

 

 

乾いた髪なら液だれしないから家事や趣味をしながら染められる

 

乾いた髪にトリートメントを使用する場合は、液だれなどの心配がないため、家事や趣味をしながら自分のペースで染めることができます。

泡や液体タイプの白髪染めの場合は液だれの心配があり、服や部屋が汚れてしまうので、好きなときに好きな場所で染めるのは難しいですよね。

白髪染めトリートメントは、放置時間が長く面倒に感じる人もいますが、いつでもどこでも使用できるため、テレビを見ながら、洗濯物を畳みながら、食器を洗いながら、自分のペースで染めることができます。

 

 

 

全体をしっかり染めたい時は乾いた髪に使用する

 

髪全体を綺麗に染めたい場合は乾いた髪に使用するのがおすすめです。

白髪染めトリートメントは、マニキュアタイプの白髪染めなので、時間が経つとカラーが取れてしまいます。

そのため、全体の染色が定期的に必要です。

全体を染めるのは時間も手間もかかるため、1~2週間に1回の使用で充分です。

全体がしっかりとカラーが入っていれば白髪が目立ちませんし、白髪が目立つ部分は生え際や根元の髪です。

生え際や根元がしっかりと染まっていると全体が綺麗に見えるので、全体のカラーよりも部分染めの方が綺麗な髪色をキープできますね。

 

 

 

部分染めやリタッチは乾いた髪に使用する

 

生え際や根元などの白髪が目立つ部分をリタッチするときは、乾いた髪に使用することおすすめします。

リタッチをするときは、まずは白髪が目立つ箇所のみにトリートメントを塗布します。

濡れた髪では白髪の場所がわかりにくなってしまうため、トリートメントをつける範囲がわかりません。

乾いた髪なら、新しく白髪が生えてきた部分からトリートメントを塗ることができます。

リタッチは全体染めに比べると手間や時間が省けます。

リタッチをするときは乾いた髪にトリートメントをつけ、新しく生えてきた白髪が目立たないように30分ほどの放置時間を取りましょう。

 

 

 

白髪染めトリートメントはいつどこで使う?/利尻ヘアカラートリートメント使い方濡れた髪編。

引用:利尻ヘアカラートリートメント使い方濡れた髪編
 

多くの白髪染めトリートメントは濡れた髪・乾いた髪の両方に使用することができます。

しっかり染めるなら乾いた髪に使用し、ナチュラルに染めるなら濡れた髪に使用しましょう。

濡れた髪にトリートメントを塗布するときの注意点について紹介します。

 

 

 

濡れた髪なら浴室での使用がおすすめ

 

濡れた髪にトリートメントをつけるときは、浴室での使用がおすすめです。

濡れた髪は水分を含むため、トリートメント剤が柔らかくなり液だれを起こす可能性があります。

濡れた髪に使用する場合は浴室での使用がおすすめです。

浴室は温度が高いため、髪のキューティクルが開きやすく、カラー剤が髪の内部までしっかり浸透し発色や色持ちアップに繋がります。

 

 

汚れても良い洋服を着る

 

濡れた髪に使用する際に部屋で使用するときは、汚れても良い服を着ましょう。

また前開きの服なら服を脱ぎ着する最に首元にカラーがつくことがないため、汚れても良い前開きの服を選ぶことをおすすめします。

濡れた髪では水分でトリートメントが薄まり、液だれの心配があるため、浴室以外で使用するときは注意が必要です。

 

 

 

汚れが目立たないタオルを使う

 

濡れた髪にトリートメントを使用するときは、首元に汚れても良いタオルを巻くと皮膚に色落ちがしません。

白いタオルは色移りが目立つため、色の濃いタオルを使用することをおすすめします。

汚れても良いタオルがない場合は、100均のタオルを使用し、トリートメント後はそのまま捨ててしまえば手間も省けますね。

 

 

ナチュラルに染めるなら濡れた髪に使用する

 

徐々に白髪を目立ちにくくするなら、濡れた髪にトリートメントをすることをおすすめします。

濡れた髪は水分でトリートメントが薄まったり、液が垂れてしまうことがあるため、カラーが定着しにくいです。

でも、周りに気づかれない程度に自然に染めたい方は、トリートメントを使うたびにナチュラルに染まるので違和感がなくおすすめです。

濡れた髪に使用するときは、普段のトリートメント代わりに毎日使用しても問題ありません。

 

 

シャンプー後のトリートメントとして使用する

白髪染めトリートメントは、自然由来の保湿成分や美髪成分が豊富に配合されているため、髪をツヤツヤ・サラサラに仕上げることができます。

トリートメント効果が高いため、シャンプー後のトリートメントして毎日使用する方もいます。

白髪染めトリートメントに配合された天然保湿成分により、使うたびにキューティクルが整い綺麗な髪に仕上がります。

トリートメント代わりに使用した場合は、ナチュラルにカラーを入れることができるため、自然に白髪をカバーすることができます。

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメント売上No.1

初回購入は1,000円OFFでお得

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]ドラッグストアや市販のヘアカラーと白髪染めトリートメントの違い

 

 

白髪染めトリートメントの使い方のコツと、市販や美容院の白髪染めとの違いについて紹介します。

白髪染めトリートメントと市販や美容院の白髪染めの大きな違いは染色方法です。

市販や美容院の白髪染めはキューティクルを無理に剥がして髪の内部にカラーを浸透させますが、白髪染めトリートメントは髪の表面にカラーを定着させるためキューティクルを無理に剥がす必要はありません。

市販や美容院の白髪染めは使うたびにキューティクルが傷んでしまいますが、白髪染めトリートメントはキューティクルケアをしながら使うたびに綺麗な髪に導くことができますよ。

 

 

 

 

白髪染めトリートメント売上No.1

初回購入は1,000円OFFでお得

 

 

 

関連記事:白髪トリートメント】口コミで人気のヘアカラー

 

 

 

[比較]白髪染めトリートメント/ヘアカラー・主成分(染料)の違い

 

 

白髪染めトリートメントと市販の白髪染めの大きな違いは、使用している染料です。

白髪染めトリートメントは主に天然由来の染料を使用していますが、市販の白髪染めは化学成分の染料を使用しています。

天然由来の染料と化学染料の違いは、キューティクルに与える影響です。

天然由来の染料はキューティクルを破壊することはありませんが、化学染料はキューティクルを剥がしてカラーを浸透させるため、使うたびに髪にダメージを与えます。

抜け毛や薄毛の予防のためにも天然由来の染料を使用した白髪染めトリートメントを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

白髪染めトリートメントは天然由来の染料を使用している

 

市販のヘアカラーは化学成分の染料を使用している

 

[比較]白髪染めトリートメント/ヘアカラー・保湿成分の違い

 

 

白髪染めトリートメントと市販の白髪染めの違いは、天然保湿成分の配合の有無です。

白髪染めトリートメントには天然由来の保湿成分・美髪成分が豊富に含まれ、使うたびに綺麗な髪に仕上がります。

市販の白髪染めは合成の保湿成分・美髪成分が含まれているため、使うたびに髪にダメージを与えます。

 

 

 

白髪染めトリートメントは天然保湿成分が豊富に含まれる

 

白髪染めトリートメントには天然保湿成分が豊富に含まれています。

天然由来の植物エキス、海藻エキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれています。

特に海藻エキス(利尻こんぶやガゴメこんぶなど(は、特有の強い粘り気の中に美容成分が凝縮しており、ミネラル・アミノ酸・フコイダンなどが豊富に含まれています。

フコイダンやアルギン酸をはじめとするアミノ酸は保湿力に優れており、髪の水分を保ち艶のある健康な髪に導きます。

天然保湿成分は髪のキューティクルをケアし、使うたびにダメージヘアを補修することができるため、キューティクル内部に浸透した染料が流出するのを防ぎ、色持ちをアップします。

またキューティクルが整うため、トリートメントを均一に塗ることができるため、色ムラになる心配もありません。

白髪染めトリートメントの発色・色持ちアップには、髪のキューティクルケアが重要です。

 

 

市販のヘアカラーは化学由来の保湿成分を使用している

 

市販や美容院のヘアカラーや白髪染めは化学由来の保湿成分を使用しています。

化学由来の保湿成分は、髪のキューティクルを保護することで髪の内部の水分や栄養素の流出を防いぎ艶のある髪に仕上げることができます。

市販のヘアカラーに多く含まれるジアミンやパラベン、シリコーンなどは髪のキューティクルを保護し、髪の潤いや手触りを改善する働きがあります。

これらの化学成分は強い洗浄力を持ち、髪に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

その結果、髪本来の美しさに必要な保水力が低下し、髪は乾燥しやすい状態となります。

髪が本来持つ保水力や、必要な皮脂を分泌する働きが低下してしまいます。

髪が乾燥傾向になると、皮脂を出そうとして皮脂分泌が盛んになり、毛穴が詰まりやすくなったり、毛穴の皮脂汚れから炎症などの皮膚トラブルに繋がることもあります。

髪や頭皮が健康でなければ綺麗なカラーを乗せることはできませんし、将来的に薄毛や抜け毛の原因となることも考えられます。

白髪染めを選ぶときは、髪や頭皮に優しい成分が配合されているものを選ぶと、抜け毛や薄毛の予防に繋がります。

 

 

 

[比較]白髪染めトリートメント/ヘアカラー・染色方法の違い

 

 

白髪染めトリートメントと市販の白髪染めは、染色方法が大きく異なります。

一般的な白髪染めは、髪の内部に染料を浸透させて発色させますが、白髪染めトリートメントは髪の表面に定着して発色します。

市販の白髪染めはキューティクルを無理に剥がして染料を浸透させるため、キューティクルを剥がすための化学成分が配合されています。

キューティクルを無理に剥がして染料を浸透させるため、染めるたびに髪のダメージは進みます。

白髪染めトリートメントはキューティクルを保護しながら発色させるため、髪本来の美しさを引き出して、使うたびに綺麗な髪に仕上がります。

 

 

 

白髪染めトリートメントはキューティクルを剥がさずに染色する

 

白髪染めトリートメントは、天然由来の染料と合成の染料の両方が使用されています。

白髪染めトリートメントに含まれる合成染料は、キューティクルを無理に剥がすのではなく、キューティクルの隙間から浸透することができる小さなサイズの分子です。

ナノサイズの分子がキューティクルの隙間から浸透し、髪の内部にカラーを定着させることができます。

また、天然染料は髪の表面に定着し発色します。

キューティクルを傷めることなく発色することができるため、髪へのダメージはなく使うたびに綺麗な髪になります。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントはキューティクルの付近に染色する

 

白髪染めトリートメントに含まれる天然の染料は、シコン・クチナシ・ウコン・アナトーなど、古来より染料として使用されてきた染料です。

これらの植物色素は、髪の外側のキューティクル付近に定着して発色します。

白髪染めトリートメントは、ヘアカラーとは異なり、髪の表面にカラーを定着させるヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

髪自体の色を変えるのではなく、髪表面に定着することで発色するため、次第にカラーは落ちてきます。

でも、髪を外部刺激から守ったり、髪の内部の栄養素や水分の保持を行うキューティクルを破壊することがないため、髪に優しい白髪染めと言えます。

 

 

 

 

ヘアカラーはキューティクルを剥がして染色する

 

市販や美容院などで使用されている一般的なヘアカラーや白髪染めは、キューティクルを無理に剥がして染料を浸透させて発色させています。

ヘアカラーの主な成分は1剤(酸化染料やアルカリ剤)と2剤(酸化剤)です。

1材の中に含まれるアルカリ剤(アンモニアやエタノールなど)は2剤を混ぜることで髪内部で化学反応を起こし、髪のキューティクルを開きます。

キューティクルが開いたところに1剤と2剤の混合液が髪の内部に浸透し染色します。

髪の内部に浸透した染料は閉じ込められ流出することがないためカラーが定着します。

ヘアカラーは白髪染めトリートメントに比べて発色や色持ちが良いのは、髪の内部にカラーが定着するからです。

 

 

 

ヘアカラーはキューティクルの内部に染料を浸透させる

 

ヘアカラーは髪のキューティクルを開き染料を髪の内部に浸透させることで発色します。

ヘアカラーは髪内部で化学反応を起こすことで無理やりキューティクルを剥がすため、キューティクルは乱れダメージヘアの原因となります。

キューティクルは開いたり閉じたりしていますが、ヘアカラーの場合は、薬剤を混ぜ合わせることで化学反応を起こし、無理やりキューティクルを開きます。

一度傷んだキューティクルは修復されず、抜け毛や薄毛の原因となります。

ヘアカラーは一度でしっかり発色し、カラーは2~3ヶ月は持つため、何度も染める手間は省けますが、髪へのダメージはかなり大きいです。

白髪染めを選ぶときは、キューティクルをケアしながら自然に染めることができる白髪染めトリートメントがおすすめです。

 

 

 

 

白髪染めトリートメント売上No.1

初回購入は1,000円OFFでお得

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]メリット・デメリット/自宅で手軽・簡単・綺麗に染める

 

 

白髪染めトリートメントは天然由来の染料や、植物由来の保湿成分が主成分となっており、髪に優しい白髪染めとして人気がありますね。

白髪染めトリートメントは、市販の白髪染めで髪が傷んだ経験のおある方、皮膚が弱い方、美容院の時間やお金を減らしたい方などにおすすめです。

 

 

 

初回購入は1,000円OFFでお得

2本まとめ買いでさらにお得

 

 

 

白髪染めトリートメントがおすすめの人

 

 

白髪染めトリートメントは色が入りにくいと言われていましたが、改良が進み、1回でも綺麗に発色することができるようになり、自分のペースで染めたい人に人気があります。

自宅で手軽に簡単に、自分のペースで染めることができ、美容院に行く時間やお金を減らすことができます。

白髪染めトリートメントで発色・色持ちアップをするなら、利尻こんぶなど保湿効果が高くキューティクルを保護する保湿成分が豊富に含まれるものを選びましょう。

 

 

 

 

白髪染めで髪が傷んだ経験がある

 

白髪染めトリートメントは、市販や美容院の白髪染めで髪が傷んだ経験のある方におすすめです。

市販の白髪染めはキューティクルを破壊して染料を浸透させるため髪へのダメージは強いのです。

市販の白髪染めは発色や色持ちはとても良いのですが、髪へのダメージは強く、将来的に薄毛や抜け毛の原因となる可能性があります。

キューティクルを破壊するジアミンやパラベンなど化学成分が含まれる白髪染めは選ばない方が良いです。

白髪染めトリートメントの多くはノンジアミン・ノンパラベンなど無添加となっており、髪に優しい白髪染めと言えます。

 

 

 

 

美容院に行かずに綺麗な髪色をキープしたい

 

根元や生え際などの白髪が伸びてくるととても目立ちますね。

前回の美容院から2~3週間すると、新しい白髪が出てきたり、前回染めた白髪が脱色しキラキラと目立つようになってきます。

2週間ごとに美容院に行くのは時間的にも金銭的にもキツイですよね。

白髪染めトリートメントなら、美容院に行く必要がないため時間的ロスもありませんし、1本2,000~3,000円の白髪染めトリートメントなら金銭的な負担も減らすことができますよ。

白髪染めトリートメントはトリートメントとして毎日使うこともできますし、白髪が目立つときだけ使うなど、自分のペースで使うことができます。

繰り返し使うことができる白髪染めトリートメントなら、綺麗な髪色をキープすることができますよ。

 

 

 

 

髪のダメージが強い

 

髪がパサつく・うねる・抜け毛が多い・薄いなど、髪のトラブルがある人は市販の白髪染めはおすすめできません。

髪のダメージが強い人は髪のキューティクルが乱れているため、まずはキューティクルをケアしなければ、白髪染めが均一に乗りませんし、キューティクルを無理に剥がして染料を浸透させる白髪染めでは、使うたびにダメージヘアが進行します。

ジアミンやパラベン、シリコンなどの化学合成成分が配合された市販や美容院の白髪染めは、キューティクルを破壊してしまうため、髪のダメージが強い人にはおすすめできません。

髪のダメージが強い人は、キューティクルをケアする天然保湿成分が豊富に含まれ、毎日のトリートメントとして利用できる白髪染めトリートメントを使用することをおすすめします。

 

 

 

抜け毛や薄毛が気になる

「最近、抜け毛が気になる・・・。」

「頭頂部が薄くなってきた・・・。」

抜け毛や薄毛が気になる方は市販や美容院の白髪染めはおすすめできません。

市販や美容院の白髪染めはキューティクルを剥がして染料を浸透させるため、キューティクルが破壊されてしまい、髪内部の栄養素や水分が流出しやすくなったり、外部からのダメージに弱くなっていきます。

薄毛や抜け毛の原因の1つは、髪に充分な栄養が届いていないことです。

せっかく髪に良い成分のトリートメントを使用しても、キューティクルが乱れていると保湿成分やダメージ補修成分を髪の内部に留めておくことができません。

栄養や水分が不足すると、髪は乾燥したり抜けてしまいます。

薄毛や抜け毛がある方は、キューティクルをケアしながら白髪染めができるものを選びましょう。

白髪染めトリートメントは、キューティクルをケアしながら白髪染めをすることができ、使うたびに綺麗な髪に近づきますよ。

 

 

 

白髪染めトリートメントのメリット・ナチュラルに白髪が目立たなくなる

 

 

 

白髪が気になる・・・という方は、30代後半から増え始めますよね。

1回でしっかり染まる白髪染めでは、周りにも気づかれてしまいますよね。

もっとナチュラルに白髪をカバーしたいという方は、自然とカラーが入るタイプの白髪染めトリートメントがおすすめですよ。

 

 

 

まわりから気づかれずに染めることができる

 

白髪染めトリートメントは市販や美容院のように髪の内部に染料を浸透させる白髪染めでないため、カラーが入りにくいです。

でも、天然の染料が自然に白髪をカバーするため、自然に周りに気づかれることなく白髪をカバーすることができます。

自毛とはかけ離れた色味を乗せると白髪は浮いて見えますし、自然光に当たると白髪がキラキラを光ってしまい逆に目立ってしまいます。

白髪染めトリートメントは自毛に馴染む色味なので、白髪が浮いて目立つことも少なくなります。

お仕事をされている方は特に、ナチュラルに白髪をカバーしたい方も多いですよね。

自毛に馴染む白髪染めトリートメントを選ぶことで違和感なく、綺麗に白髪をカバーすることができますよ。

 

 

 

白髪が目立つ生え際や根元の髪色をキープできる

 

白髪染めトリートメントは天然染料や天然保湿成分が配合されており、使うたびに綺麗な髪に近づくことができます。

白髪染めトリートメントは毎日のトリートメントとして使用しても全く問題はありません。

市販や美容院の白髪染めは使うたびに髪が痛むので毎日使用することはできませんし、染める間隔が短いほど髪は傷んでしまいます。

白髪染めトリートメントは、生え際や根元など白髪が目立ってきたときのみ使用することもできますし、トリートメント代わりに毎日使用することができます。

ニーズに合わせて使用頻度を変えることができるので綺麗な髪色をキープすることができますよ。

毎日のトリートメントとして濡れた髪に使用する場合は、徐々にカラーを定着させることができるので、自然に白髪をカバーすることができますよ。

 

 

 

 

トリートメント感覚で毎日使用できる

 

白髪染めトリートメントは白髪が目立つ時に使用する方法と、トリートメントとして毎日使用する方法があります。

毎日使用しても髪にダメージを与える心配はありません。

もちろん、週に2~3回の使用や、週1回の使用など自分のペースで使用することができます。

白髪染めトリートメントには天然植物由来の保湿成分や栄養素が豊富に配合されており、トリートメント効果が強いです。

市販のトリートメントは化学合成成分が配合されているため手触りが良くなったり艶が出るようになりますが、髪内部の根本的なトラブルを解消するのは難しいと言えます。

でも白髪染めトリートメントは、天然由来の保湿成分や美容成分が豊富な海藻エキスなどを使用することで、髪内部からトラブルを補修する効果が期待できます。

 

 

 

使うたびにキューティクルが整う

 

市販のシャンプーを使用している人や、市販や美容院の白髪染めをしている方はキューティクルが整っていないことが多いです。

髪のキューティクルは開いたり閉じたりしていますが、傷んだ髪はキューティクルが開きっぱなしになってしまい、髪内部の栄養素や水分が流出してしまったり、外部からの刺激でダメージを受けやすくなります。

キューティクルが整っていないとカラーの色ムラができやすくなりますし、髪内部に浸透したカラーが流出しやすくなり色落ちが早まることもありません。

白髪染めトリートメントは天然由来の保湿成分や保湿効果の高い海藻エキスなどが豊富に配合されているため、使うたびにキューティクルが整っていきます。

 

 

白髪染めトリートメントのメリット・簡単・手間いらず

 

 

白髪染めトリートメントのメリットは簡単・手間いらずなことですよね。

美容院に行くのが楽しみ!という方もいますが、毎月行くとなると時間的にも金銭的にも大変ですよね・・・。

白髪染めトリートメントは自宅でいつでも好きな時に使用することができるので楽ですよね!

 

 

 

美容院に行く手間が省ける

 

せっかく美容院で白髪染めをしても2~3週間もすると、生え際や根元の白髪が出てきて嫌ですよね・・・。

2~3週間置きに美容院に行ける人は良いのですが、白髪染め+カット+セットなどをすると軽く2時間はかかりますよね。

美容院の施術時間+移動時間も含めるとかなりの時間ロスになってしまいます。

これが白髪染めトリートメントを使用すれば自宅で手軽に白髪染めができるので、美容院に行く手間が省けます。

美容院に行く回数を減らして、次の美容院までの繋ぎとして白髪染めトリートメントを使うのも良いですよね。

白髪染めトリートメントならニーズに合わせて使用頻度を自由に変えることができるので、美容院に行くペースに合わせて使用頻度を決めれば、綺麗な髪色がキープできますよ。

 

 

 

 

美容院に行くお金が省ける

 

美容院に行くとカット+シャンプー+白髪染めなどで1万円くらいは必要ですよね。

白髪染めをしても2~3週間ほどで白髪が目立ってしまうので、その度にリタッチをしに美容院に行くとなると出費は増えてしまいますね・・・。

安い美容院の白髪染めは粗悪品が多く、髪へのダメージが大きくなるので避けたほうが無難です。

ダメージが強くならない施術をしてくれる美容院を選ぶとなると、料金はそれなりに必要です。

白髪染めトリートメントなら、1本3,000円程度の商品が多いので、美容院で白髪染めをするよりも低コストになります。

白髪染めトリートメントなら、ショートカットの方なら1本で全体染めが8回ほど可能です。

美容院に8回も行くと数万円は必要になるので、白髪染めトリートメントはコストダウンしたい方にもおすすめです。

 

 

 

トリートメント感覚で簡単に染められる

 

白髪染めトリートメントは普段のトリートメントの代わりに手軽に使用することができます。

トリートメント感覚で使用する時は、シャンプー後の濡れた髪に塗布しますが、皮膚やタオルに染料がついてしまってもお湯で簡単にオフすることができます。

市販の白髪染めは染料が皮膚や服についてしまうと、なかなか色が落ちませんよね・・・。

濡れた髪に白髪染めトリートメントを使用するときは、ビニール手袋を使用することで手や爪の汚れが防げますし、トリートメント後はお風呂場の汚れもシャワーで簡単に洗い流すことができますよ。

市販の白髪染めのように、周りに染料がついてしまわないように細心の注意を払う必要がないので、どこでも気軽に染めることができますよ。

 

 

 

濡れた髪への使用なら放置時間が短い

 

白髪染めトリートメントは濡れた髪・乾いた髪の両方に使用可能です。

乾いた髪に塗布するときの放置時間の目安は30分ですが、濡れた髪に塗布するときの放置時間の目安は10分です。

シャンプーとの濡れた髪にトリートメントを塗布して10分放置することで、ナチュラルに白髪をカバーすることができます。

市販の白髪染めは濡れた髪に使用することができません。

濡れた髪にも塗布することができる白髪染めトリートメントなら、お風呂に入ったついでに白髪染めをすることができるので手間がかかりません。

また、入浴中に薬剤を混ぜる必要がありませんし、1剤と2剤を混ぜて使うタイプの白髪染めのようにツンとした嫌な臭いもないので、お風呂のような臭いが篭る場所で使用しても大丈夫です。

 

 

 

白髪染めトリートメントのメリット・天然保湿成分が髪のダメージを補修する

 

 

白髪染めトリートメントは白髪染めの効果はもちろんですが、トリートメント効果が期待できます。

白髪染めトリートメントには天然保湿成分が豊富に配合されており、ダメージヘアをケアしながら自然に白髪をカバーすることができますよ。

 

 

 

天然保湿成分・海藻エキス

 

白髪染めトリートメントには利尻こんぶやガゴメこんぶなどの海藻エキスが豊富に含まれています。

天然保湿成分の海藻エキスには、ミネラル・アミノ酸・フコイダンなどが豊富に含まれており、髪のキューティクルをケアすることができます。

海藻のネバネバとして強い粘り気には美容成分が凝縮しており、髪の内部の栄養素や水分をしっかりと蓄えることができます。

海藻にはアミノ酸(タンパク質)が豊富にあり、髪は主にタンパク質でできています。

タンパク質はアミノ酸から作られるので、アミノ酸を豊富に含む海藻エキスを配合することで、髪のダメージ補修効果が期待できます。

 

 

 

 

天然保湿成分・植物由来エキス

 

白髪染めトリートメントは保湿効果の高い天然保湿成分が豊富に含まれています。

天然由来植物エキスは、セイヨウキズタ・オドリコソウ・ゆず・ローズマリー・昆布などの植物から抽出したエキスです。

これらの天然由来植物エキスは、キューティクルを修復し、髪の乾燥やダメージをケアする働きがあるため、使うたびに潤いのある美しい髪に仕上がります。

市販のトリートメントは化学合成物質が配合されており、キューティクルをコーティングすることで手触りをよくしたり、艶を出すことができますが、根本的なキューティクルケアはできません。

白髪染めトリートメントは、白髪ぞめをしながらキューティクルを整え、内側から潤いのある美しい髪に仕上げます。

 

 

 

天然保湿成分・コエンザイムQ10

 

コエンザイムQ10は、化粧品や食料品など幅広く利用されています。

コエンザイムQ10は、人間の肌細胞に含まれる物質で、充分な量を摂取することで肌細胞を活性化し、新陳代謝を向上する働きがあることが分かっています。

白髪は頭皮や髪への栄養が充分に届かないことが原因となるので、頭皮の細胞の活性化は白髪・薄毛・抜け毛などのケアに効果的です。

肌の真皮と呼ばれる部分は水分を留める働きがあり、コエンザイムQ10により肌細胞が活性化されることで肌の真皮の働きが活性化し、保湿力が高まります。

そのためコエンザイムQ10は、保湿力アップのヘアケア商品に多く含まれています。

白髪染めトリートメントには様々な美容成分・保湿成分が含まれており、使用するたびに艶のある美しい髪に仕上がります。

 

 

 

天然保湿成分・ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は保湿系の化粧品に多く使用されている保湿成分です。

ヒアルロン酸は高い保湿力を持ち、1gで6リットルの水分を抱え込むことができます。

白髪染めトリートメントはヒアルロン酸などの保湿成分を配合しており、髪や頭皮を保護します。

ヒアルロン酸は皮膚に多く含まれており、頭皮にも多く存在しています。

ヒアルロン酸は皮膚の細胞と細胞を結ぶクッションの役割を持ち、頭皮を柔らかくします。

ヒアルロン酸は年齢とともに減少し、30代以降の白髪が目立つ年齢では乾燥を訴える人が増えてきます。

頭皮や髪を乾燥から防ぎ、髪の内側の栄養素や水分を蓄えることで綺麗な髪の土台を作ることができます。

 

 

 

天然保湿成分・コラーゲン

 

白髪染めトリートメントには天然保湿成分としてコラーゲンが含まれているものもあります。

コラーゲンは皮膚に多く存在し、肌にハリを与える働きを持っています。

白髪・抜け毛・薄毛などの髪のトラブルは、頭皮の乾燥やハリ不足などが原因となります。

頭皮は乾燥やコラーゲン不足などでハリが低下すると血流が悪くなり、髪や毛根に充分な栄養を与えることができません。

乾燥やハリ不足により栄養不足となった髪は、白髪・薄毛・抜け毛などを引き起こします。

コラーゲンは肌細胞に比べて分子が大きいため、髪の内部まで浸透することは難しいのですが、髪の表面に塗布することでも保湿効果を得ることができます。

 

 

白髪染めトリートメントのデメリット・1回ではしっかりと色が入らない

白髪染めトリートメントのデメリットは1回ではしっかりと色が入らないことがあります。

市販や美容院の白髪染めは1回でしっかりと色が入るのは、白髪染めトリートメントとは染色方法が異なるからです。

市販や美容院の白髪染めは、髪のキューティクルを開く成分を使用することで無理やりキューティクルを剥がし、髪の内部に染料を浸透させています。

そのためしっかりと色を入れることができます。

でも白髪染めトリートメントにはキューティクルを開く成分は配合されておらず、天然染料は髪のキューティクル付近で発色するため、色が入りにくいのです。

好きなカラーや明るいカラーに染めたい人、すぐに白髪を隠したい人には、白髪染めトリートメントでは満足できないかもしれません。

でも市販や美容院の白髪染めは無理やりキューティクルを開くため、白髪染めをするたびに髪は痛み、将来的に白髪・抜け毛・薄毛などの髪トラブルに繋がります。

白髪染めトリートメントを選ぶときは、髪や頭皮に優しい成分のものを選びたいですね。

 

 

 

ナチュラルに染めたい人に向いている

 

白髪染めトリートメントは、市販や美容院の白髪染めと比べると発色が悪いと感じる人が多いと思います。

でも、ナチュラルに染めたい人にはピッタリの色味です。

乾いた髪に使用すると、発色を強めることができます。

濡れた髪に普段のトリートメント代わりに使用すると、発色が弱まりますが、使うたびに徐々に染めることができるためナチュラルに染めたい人におすすめです。

 

 

 

白髪染めトリートメントのデメリット・明るい色味が入りにくい

白髪染めトリートメントはどの商品も明るい色味のものは少なく、市販や美容院の白髪染めに慣れている人には暗く感じるかもしれません。

明るい色味を入れるなら、白髪が目立つ部分は白髪染めを使用し、それ以外の部分は美容院でおしゃれ染めをするなどの工夫が必要です。

 

 

 

明るい色味は浮いて目立つ

ライトブラウンのような自毛に比べて明るい色は、白髪の部分だけ浮いて見えることがあります。

生え際や根元の白髪が多い人は、白髪部分が浮いてしまうととても目立ち、年齢よりも老けて見られます。

生え際や根元など目立つ部分に白髪が多い人は、自毛に近い色を選ぶと白髪が浮いて目立つこともありません。

しっかり白髪をカバーしたい方は、ダークブラウンなどの暗い色味の方が染まりやすいです。

 

 

 

白髪染めトリートメントのデメリット・市販のシャンプーとの相性が悪い

 

白髪染めトリートメントのデメリットとして色持ちの悪さがあります。

もちろん、色持ちアップのコツはありますが、大切に扱わないと持ちが悪くなってしまいますよ。

 

 

 

シリコン・ポリマー配合のシャンプーでは色落ちが早くなる

白髪染めトリートメントは、髪のキューティクル付近で発色します。

市販のシャンプーにはシリコンなどの化学成分が配合されており、キューティクルを保護することで手触りを改善し艶を出すことができます。

白髪染めトリートメントを使用するときはシリコン配合のシャンプーと併用すると発色や色持ちが低下します。

白髪染めトリートメントの天然染料は髪のキューティクル付近に定着して発色をしますが、シリコンがキューティクル付近にコーティングされてしまうと、染料を定着させることができません。

そのため、白髪染めトリートメントを使用するときはシリコン・ポリマー配合のシャンプーは避けたほうが発色・色持ちは改善しますよ。

 

 

 

発色・色持ちアップにはノンシリコンシャンプーがおすすめ

 

白髪染めトリートメントの発色・色持ちアップには、シリコン・ポリマーが配合されていないシャンプーがおすすめです。

シリコン・ポリマーは、髪のキューティクルをコーティングして保護する働きがあるため、ダメージヘアの手触りや艶を改善する効果があります。

シリコン・ポリマーが配合されていないシャンプーは、キューティクル保護成分が配合されていないものだと、髪がキシキシしたり、艶がなくなったりします。

ノンシリコンシャンプーには、シリコン・ポリマー以外の保湿成分が含まれていることが多くなっているので、ノンシリコンシャンプーは髪がキシキシになるという以前のイメージはなくなってきています。

白髪染めトリートメントには、保湿成分が豊富に含まれているため、シリコン・ポリマーのような合成保湿成分を配合していないくても、使うたびに艶のある美しい髪に仕上げることができますよ。

 

 

 

 

初回購入は1,000円OFFでお得

2本まとめ買いでさらにお得

 

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]色持ちアップ・色ムラにならない塗り方のコツ

 

 

白髪トリートメントには塗り方のコツがあり、良く染まる方法があります。

最初は毎日、白髪トリートメントを使う必要がありますが、徐々に使用頻度は落ちていきます。

1週間に1回程度になるので手間がかからずストレスにならないのが白髪トリートメントの特徴です。

また、美容院で毛染めした後の維持にのみ使うことも可能です。

 

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な塗り方・自分のペースで白髪染めの頻度を決める

 

白髪トリートメントを自宅でやるメリットは手軽にできることだと思います。

美容院だと待ち時間があったり、予約をとったりする必要があるので、自分の好きな時にできません。

また、美容院は即効性が高い白髪染めをしてくれますが、その分、高額です。

ヘアサロンの白髪染めの相場は1回6千円~1万円です。

白髪トリートメントの1回の使用量を考えると5倍以上しますね。

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な塗り方・顔周りから染めると色ムラになりにくい

 

白髪が一番目立つ前髪やこめかみなどの顔周りから染めるとムラにならなくて良いです。

利尻ヘアカラートリートメントの場合は万一、ムラになってしまっても、繰り返し使うことで染まり具合が均等になるのでご安心ください。

どうしても色が入りにくい部分はコームとラップを使うと便利です。

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な塗り方・アミノ酸系シャンプーの併用で色持ちアップ

 

白髪染めを長持ちさせるには、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選ぶと良いです。

アミノ酸系洗浄成分のシャンプーの特徴は、泡立ちが少なく洗浄力がやや弱いかわりに、保湿力があり髪を傷めずに洗うことができるという特徴があります。

もし、利尻ヘアカラートリートメントを選ぶのであれば、セットで利尻カラーシャンプーを検討するのも良いと思います。

 

 

 

 

美容院でシャンプーをする際は、白髪染めトリートメントを使っていることを言わないと市販の洗浄力の強いシャンプーを使われてしまうことがありますので、注意が必要です。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な塗り方・よく染まるものなら週1回の使用で充分

 

トリートメントタイプの白髪染めは1週間~3週間ほどすると徐々に色が落ちてきます。

個人差がかなりありますので、それぞれのタイミングに合わせて白髪トリートメントの使用頻度を調整してください。

 

 

 

脱色剤を使う2剤式のヘアカラーの使用頻度は数か月

 

個人差がありますが、脱色剤を使うヘアカラーは、髪の毛が伸びてくるまで気にならないので、1~2か月程度はもちます。

ただし、溶剤を使うので髪の毛には相当なダメージを与えます。

白髪染めが解消されても薄毛になってしまうというデメリットがあります。

 

 

 

白髪隠しは数日

 

白髪隠しなどの一時染料は2~3日しかもしません。

緊急時にのみ使用する感じですね。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な塗り方・しっかり染める時の放置時間は30分程度

 

白髪トリートメントの放置時間はかわります。

長くても30分以上の放置時間をしても意味がありません。

 

 

白髪用利尻ヘアカラートリートメントは、シャンプー後のぬれた髪や乾いた髪のどちらでもご使用頂けます。ぬれた髪にご使用の場合は10分程度で洗い流してください。
乾いた髪に使用する場合は、30分程度、長めに置くとしっかりと仕上がります。
※はじめのうちは、少し長めに置くと効果的です。

引用元:利尻ヘアカラー公式サイト

 

 

長ければ長いほど良いという事はありません。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な塗り方・生え際から順番に塗るとしっかり染まる

 

 

 

 

 

白髪トリートメントを塗る順番は、決まっています。

生えぎわ、こめかみ、頭頂部、後頭部、髪の表面の順番で染まていってください。

 

 

 

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]濡れた髪・乾いた髪どっち?リタッチの方法と上手な使い方

 

 

白髪トリートメントの上手な使い方には塗り方のコツがあります。

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・ドライヤーの温風で温めるとしっかり染まる

 

ドライヤーは温度、風量が大事で、色の定着、色移りの防止、雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

白髪トリートメントはドライヤーを使ってしっかり髪の毛を乾かすことによってより染まりやすくなります。

できればドライヤーにもこだわりたいです。

ドライヤーは温度が60度以上であることが重要です。

また、風量が多いと早く乾くので髪の毛のダメージも多少は少なく済みます。

 

 

 

ドライヤーの注意点

 

髪を持ち上げるようにして根元からしっかり乾かします。

しっかり髪の毛を乾かすことで雑菌が増えなくなります。

また、乾いた髪に冷風を使用するとキューティクルが引き締まります。

髪にまとまりがでて艶がでます。

 

 

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方・シャンプーで頭皮や髪の汚れを取り望む

 

 

白髪トリートメント前のシャンプーは汚れていると色ムラになるので必須です。

色の定着が良くなる効果もあるので必ずシャンプーをして下さい。

ただし、濡れた髪は色ムラが多くなるので、しっかりとタオルドライしてください。

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントでリタッチのやり方

 

美容院で白髪染めをした方は、新しく生えてきてしまった生え際や根元の白髪のために白髪トリートメントでリタッチをすると良いと思います。

美容院での白髪染めは即効性がありますが、その分、髪や頭皮にダメージを与えることが多いです。

そこでダメージを受けた髪の補修を行いながら、同時にリタッチを行うことができる利尻ヘアカラートリートメントを検討してみましょう。

 

 

 

白髪トリートメントの捨て方と残った分の保存方法

 

白髪そめトリートメントは1本あたり200グラムですので、正しく使っていれば、まず余ることはないと思います。

 

 

封後、3ヶ月を目安に使いきってください。

なお、天然成分が高配合されているため、ご購入後はお早めにお使いください。

引用元:利尻ヘアカラー公式サイト

 

 

公式サイトでは、開封後は3か月と書いてありますので、かなり余裕がある印象です。

また、未開封の場合は、無添加であっても3年間持ちますので、妊娠や病気などで中止したとしても捨てるという事はないと思います。

万が一残った場合は、中身を下水に流して、容器を空にしても各自治体のごみの捨て方に応じて廃棄してください。

トリートメントで洗面所やお風呂場が汚れる可能性があるので、水を流しながらすると比較的汚れません。

また、それでも汚れてしまった場合は、できるだけ早くふいていただければ全く問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

[白髪染めトリートメント/使い方]根元リタッチ・部分染めの効果的な方法

 

 

白髪トリートメントが部分染めに向いているのは、白髪染めは、継続して使い続ける必要があり、頭皮への負担を最小限におさえることができるからです。

しかし、部分染めのやり方にはコツがあり、部分染めをセルフでやるのは非常に難しいです。

特に生え際は、生え際を見やすくさせるなどのちょっとしたコツが必要です。

利尻ヘアカラーではありませんが、白髪トリートメントを使った部分染めについての動画を見つけましたので紹介します。

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの部分染めの方法・1本ずつしっかり染まるトリートメントタイプを選ぶ

 

トリートメントタイプの白髪染めは、ピンポイントで染めることもでき、無添加であれば頭皮に付着しても問題ないのでおすすめです。

ピンポイント染めとして白髪かくしを使っても悪くはないのですが、1日~2日程度で落ちてしまうので、毎日のように使っていく必要がありませす。

しかし、白髪トリートメントの部分染めなら数週間は持ちます。

毎日の白髪隠しから解放されます。

毛先や耳の後ろ、耳の上、もみあげ、こめかみ、襟足など髪型によっては、めだたないところもありますが、白髪トリートメントなら吸着しやすく1本ずつ染めることができます。

 

 

 

白髪染めトリートメントは自宅で簡単にしっかり染まる

 

白髪染めの全体染めは、美容院でなく自宅でやるのが経済的にもおすすめです。

美容院は予約などが必要なうえ、白髪染めは、安くても6千円以上かかり安いとは言えません。

そこで、自宅で自分でできる白髪トリートメントをおすすめします。

生え際、根本、分け目はしっかり染めても1週間程度で白髪が目立ってきます。

髪は根元から伸びていくので仕方がない事ではあります。

生え際、根本、分け目は、白髪が早くなるところなので、1週間に1回ぐらいの頻度でリタッチが必要な場所です。

 

 

 

白髪染めトリートメントの部分染めの使い方・無添加なら頭皮や髪のダメージが少ない

 

白髪染めの全体染めは髪の毛にダメージがあるので、生え際、分け目、根本は無添加の白髪トリートメントがおすすめです。

前髪、側頭部、後頭部、右側、左側など自由に部分染めしてください。

また、自分で染めるには多少は技術と知識が必要です。

お金がある方は、美容院が良いかもしません。

しかし、美容院によっては1回1万円以上の出費なのでなかなかなお値段ですね。

 

 

 

頭頂部や頭の後ろの髪の毛は便利な鏡を利用して白髪トリートメントを使おう

 

引用元:https://koubin.com/SHOP/76668.html

 

 

髪の毛の後ろをセルフで染める時に必要になるのが鏡です。

商品説明にある通り、自分では見られない後頭部や側面などをしっかりみて白髪染めをすることができます。

頭の後ろが見える鏡で、白髪染めを効果的に使っていきましょう。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました