【白髪染めトリートメント が安い】通販の値段で購入 - 【白髪染めトリートメント・比較】おすすめ人気ヘアカラートリートメントの種類/白髪染め比較

【白髪染めトリートメント が安い】通販の値段で購入

白髪染めトリートメント の市販でランキングで人気のもの

白髪トリートメントはたくさんの商品が市販で売られています。

ランキングで人気なものを調査しました。

白髪染めトリートメント を店頭販売して場所

薬局やドンキホーテなどの量販店で白髪染めは売られています。

確かに安いものもたくさんあるのですが、安い白髪染めの取扱店は人体に害のある成分のジアミン系や過酸化水素水が含まれています。

ロフトで売っている白髪トリートメント

ロフトでは、店舗でもネットでも白髪トリートメントを購入することができます。

30種類前後の白髪染めや白髪隠しが売られています。

ただし、いずれも定価で割引価格などはありません。

通販で人気の利尻ヘアカラートリートメントとルプルプヘアカラートリートメントは売っていました。

東急ハンズで売っている白髪トリートメント

東急ハンズでは、オンラインショップでも店舗でも白髪トリートメントを購入することがあります。

白髪染めの取り扱いの種類は40種類弱で、利尻やルプルプやもちろん、レフィーネや花王、ホーユーなどCMでも有名な企業のラインナップが多くあります。

ロフト同様、キャンペーン価格やまとめ買いによるディスカウントはありません。

キャンペーンや定期コースなどの割引サービスを使えば、公式サイトで購入するのが安いのは間違いありません。

イオンのヘアカラートリートメントはネットスーパーで注文できます

イオンのプライベートブランドのトップバリューで白髪染めが売っていました。

成分はネット上では探すことができませんでしたので、おすすめできません。

白髪染めトリートメント を薬局でおすすめできない理由

薬局では、様々な白髪染めトリートメントを買うことができます。

しかし、薬局で売られている白髪トリートメントのほとんどは、ジアミン系物質、過酸化水素水が含まれています。

いくら安くてもかゆみや薄毛の原因になるのでは購入しない方が良いですよね。

ドラッグストアのマツモトキヨシでの売れ筋商品は、独自に調査した結果、シエロ、ウエラ、サロンドプロ、サイオス、ブローネということがわかりました。

ツルハでの売れ筋商品は、独自に調査した結果、シエロ、ビゲン、ロレアル、ブローネ、サイオスでした。

2つの店で共通しているいくつかの商品について成分を調べてみることにしました。

白髪染めのシエロには、ジアミン系物質と過酸化水素水の両方が含まれていました

有効成分・・・5-アミノオルトクレゾール、トルエン-2.5-ジアミン、α-ナフトール、パラアミノフェノール、レゾルシン

その他の成分・・・HEDTA・3Na液、PEG-8、POEオレイルエーテル、POEステアリルエーテル、POEセチルエーテル、POE(2)ラウリルエーテル、POE(21)ラウリルエーテル、アスコルビン酸、イソプロパノール、オクチルドデカノール、オリブ油、強アンモニア水、高重合ジメチコン-1、シア脂、ステアリルアルコール、セタノール、タウリン、炭酸水素アンモニウム、テアニン、パラベン、ヒドロキシエチルセルロース、ベヘントリモニウムクロリド、ホホバ油、ポリ塩化ジメチルジメチレンピロリジニウム液、無水亜硫酸Na、ワセリン、黄203、香料

有効成分・・・過酸化水素水

その他の成分・・・HEDTA・3Na液、PG、POEセチルエーテル、親油型ステアリン酸グリセリル、スズ酸Na、ステアルトリモニウムクロリド、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール、流動パラフィン、りん酸 シャンプー/水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA、グリセリン、PEG-3ラウラミド、エタノール、DPG、ラウラミドプロピルベタイン、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ウメ果実エキス、ザクロ花エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、BG、アルギニン、安息香酸Na、塩化Na、加水分解酵母エキス、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、サリチル酸、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、酒石酸、タウリン、テアニン、トレオニン、ポリクオタニウム-10、ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン、メチルパラベン、香料 トリートメント/水、セテアリルアルコール、グリセリン、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチコン、マカデミア種子油、アンズ核油、ウメ果実エキス、ザクロ花エキス、BG、EDTA-2Na、アミノプロピルジメチコン、アルギニン、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、加水分解酵母エキス、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、酒石酸、セタノール、タウリン、テアニン、トレオニン、フェノキシエタノール、ベヘントリモニウムメトサルフェート、変性アルコール、ラノリン、香料

白髪染めのウエラには、ジアミン系物質と過酸化水素水の両方が含まれていました

有効成分・・・パラアミノオルトクレゾール、硫酸トルエン-2.5-ジアミン、レゾルシン、メタアミノフェノール

その他の成分・・・セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸ナトリウム、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、ラノリンアルコール、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、強アンモニア水、ジステアリン酸エチレングリコール、ヤシ油脂肪酸エチルエステルスルホン酸ナトリウム、無水亜硫酸ナトリウム、香料、アスコルビン酸、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、水酸化ナトリウム、精製水

有効成分・・・過酸化水素水

その他の成分・・・セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸ナトリウム、ラノリンアルコール、サリチル酸、リン酸水素二ナトリウム、リン酸、香料、精製水

白髪染めビゲンには、ジアミン系物質と過酸化水素水の両方が含まれていました

有効成分・・・5-アミノオルトクレゾール、パラアミノフェノール、パラニトロオルトフェニレンジアミン、パラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、レゾルシン

その他の成分:HEDTA・3Na液、PEG-8、PEG(20)、POEセチルエーテル、POE(2)ラウリルエーテル、POE(21)ラウリルエーテル、アスコルビン酸、海藻エキス-1、強アンモニア水、高重合ジメチコン-1、ステアリルアルコール、セテアリルアルコール、パラベン、ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、無水亜硫酸Na、ワセリン、香料

有効成分・・・過酸化水素水

その他の成分:PG、POE(20)POP(4)セチルエーテル、POEセチルエーテル、イソステアリルアルコール、クエン酸、ステアルトリモニウムクロリド、セタノール、フェノキシエタノール

 

白髪染めトリートメント が100均で売られていました。

白髪染めトリートメント が100均のダイソーで「週に一度の白髪染め&トリートメント」という名前で売られていました。

定価は100均なので税込みで108円です。

用量は25グラムなので1回かぎりの使いきりタイプです。

色はソフトブラック、ダークブラウン、ブラウンでした。

 

 

白髪染めトリートメント と美容室を併用する場合

白髪染めのメインを美容室だとしても、家では白髪トリートメントを併用は必須だと言えます。

白髪染めをしても新しい白髪がどうしても生えてきてしまいます。

2週間に1回の間隔で、自宅でも白髪トリートメントを使っていくと良いと思います。

白髪トリートメントのサロンは値段が安くはありません。

6千円~1万円ぐらいします。

また、業務用のカラー剤は染まりが良い分、髪にダメージを与えるので、頻繁にはできません。

やはり、自宅で白髪トリートメントの使用が必要になってきます。

美容院に白髪染めの持ち込みは安くなるけど美容師の腕が良くても限界はある

最近では、お客が自分で購入した白髪染めを持ち込める美容院も東京や大阪などで増えてきました。

それによって価格は間違いなく安くなるのだけど、美容師の本来の腕が発揮できません。

美容師の腕は、美容院にある一般では手に入らないカラーリングがあってのものです。

安易に白髪トリートメントを持ち込むのはやめましょう。

白髪染めの年間パスポートの美容室より白髪染めトリートメント の方が安い

白髪染めの年間パスポートをやっている美容室がありました。

「白髪染めし放題」年間パスポートはじめました! 年間通じて何回白髪染めされても、 安心の39,800円! これで費用を気にせず、いつもスタイルはバッチリです。

引用元:コリエ

年間4万円でした。

思ったより高いですね。

いくら白髪染めし放題でも予約が取れないと意味がありません。

自分の好きな時間に予約が取れる店であれば問題ないのですが、まずそれは無理でしょう。

予約を取るのがめんどうになって通わなくなってしまう人も多いと思います。

白髪染めトリートメント 専門店は安い店が多い

白髪染めトリートメント を専門に扱っている美容室もあります。

正確には、白髪染め専門店ではなく、カラーリング専門店です。

従来の価格よりかなり安くカラーリングができます。

もちろん、白髪染めも同様です。

名称店舗数料金(税込み)やプラン
クリックカラーQ71店舗部分染め1,080円、根本染め2,160円、全体染め2,700円
毛染めの窓口164店舗部分染め1,080円、根本染め2,160円、全体染め2,700円
ヘアカラー専門店 fufu67店舗部分染め1,782円、根本染め2,592円、全体染め3,672円
ヘアカラー専門店 スマイルカラー8店舗部分染め1,080円、根本染め2,160円、全体染め2,700円
ヘアカラー専門店 美色館5店舗部分染め3,240円、根本+全体染め4,860円

白髪染めの相場は6千円~1万円

美容室での白髪染めの相場は6千円~1万円と言われています。

ヘアカラー専門店でも全体染めは3千円程度になります。

新たに生えてきた白髪のためのリタッチなら専門店で1000円程度になると言われています。

白髪染めの予約はホットペッパービューティーの予約システムが多い

サロンの白髪染めの予約は、ホットペッパービューティーの予約システムが多いです。

毛染めの窓口のように後発で美容室の予約ができるところも増えてきましたが、ホットペッパービューティーが多いです。

忙しい人は、美容院が自分の都合の良い時間に予約が取れるとは限りません。

やはり、白髪トリートメントを自宅で使うことを検討しましょう。

 

白髪染めトリートメント は値段が安いものを選びたい

白髪染めは、安すぎるヘアカラータイプの市販のものだとジアミン系や過酸化水素水が入っていて髪が染まってもダメージヘアになってしまいます。

そこで無添加の白髪トリートメントをおすすめしたいのですが、市販のものと比較 するとさすがに手間がかかっているだけあって少し値段が高い引用があります。

でも、まとめ買いとか初回限定キャンペーンとかバースデー特典などを使っていくと意外と安くなります。

安全で安いものが利尻ヘアカラートリートメントなんです。

白髪染め トリートメントのコスパは送料無料

白髪トリートメントのコスパを考えると1回当たりの量とか気になるところではありますが、髪の毛の量が同じならそこまで値段は変わりません。

白髪トリートメントは使い続けないと意味がないので、送料が無料というのは結構な魅力になります。

利尻ヘアカラートリートメントはまとめ買いをしたり、定期コースを選択することで送料540円が無料になります。

白髪染め トリートメントのサンプル品はないけど無料でお試しできます

白髪染めトリートメント は、髪の毛だけでなく、頭皮にも付着するので、使用する前にパッチテストを義務付けています。

このパッチテストで問題があったときは、容器をあけずに返却すれば、返金されます。

ただ、髪の毛につけて、どう染まるか?を試すことができるわけではないので、悪用厳禁です。

お試し無料というわけにはいきませんが、利尻ヘアカラートリートメントは、初回限定キャンペーンで1000円オフです。


ぜひお試しください!

タイトルとURLをコピーしました